うなぎに似た魚(細長い魚)

うなぎみたいな細長い魚が釣れたけど何かわからず食べるれるか
不安みたいな事も多いこともあるかもしれない。
そんな方のためにうなぎに似た魚の種類をメモしておきます。

わりとウナギの触感や味に似ていたり、代用品みたいに
使えるかもしれないので見分けて食材に利用してみても
いいかもしれないです。

普通に日本でうなぎとして食されるのは
ニホンウナギ(Anguilla japonica)となる。
見分ける為に写真を載せておきました。
よく考えるとあまり食べていないような。
太刀魚の蒲焼きが割と似た味になるので
うなぎを食べたくなってきたら太刀魚で代用するとかも。

 

 

うなぎに似た魚 判別しやすい

 

 

ヤツメウナギ

ヤツメウナギの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

ヤツメウナギといってもいろいろな種類がいますが、大方姿はにています。
写真はスナヤツメの画像。

割と全体像なんかはうなぎと似ていますが、よく見ると簡単に
見分けが付く魚。
口が吸盤になっていて、エラ付近の所に穴があります。
写真によってはリップレスミノーを思い起こさせるような姿。

食べ過ぎると死ぬらしい(笑)
ので要注意の魚。

 

ウツボ

ウツボの写真画像

色も異なりほとんどウナギとは違うとさすがにすぐに見分けが付きますが
いきなり夜に出てくると、知らない人はわかりづらいかも。

ウツボはうろこ、胸ビレ、腹ビレ、舌がないという点があげられるので
ヒレがないようなウナギみたいなのが出てきたらウツボの可能性も。

 

チンアナゴ

チンアナゴの写真画像

こちらもさすがに模様と姿で違いがわかるとか思います。
うなぎと違いヒレがなく、かなり細長い。
特定の場所にいるので、釣れることは珍しい。

 

オオウナギ

オオウナギの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org

これはテレビで沖縄などで捕獲するような番組が
多く放送されているので割と知っている人も多いかもしれない。
主に川や河口付近で釣れる。
南の地方ではうなぎよりもオオウナギのほうが多い。
うなぎとの違いは体にまだらになった斑がつくのが特徴。
知られているな生物でいえばオオサンショウウオなんかの体のような色。
味はウナギには劣る。
場所によっては天然記念物に指定されているので持ち帰るのには要注意。
和歌山の田辺あたりが北限の生息地。

 

オキアナゴ

(画像はなし)

深海魚であり、沖のほうでとらえらえるようなので
滅多なことでは釣れないと思いますが念のため。
船釣りでアコウの外道でたまに釣れるようです。
目がぱっちり系の魚なので写真で見分ければ
簡単に判別できますね。

 

ヌタウナギ

ウナギと和名についているだけあってこれはわりと似ているが
顔付近が異なり、皮膚からたくさんの粘液が出るので判別しやすい。

釣り人にはこの粘液が嫌われているよう。

深海魚であるが、割と浅い所にまでいるので、場所によっては
それなりに釣れる。
骨はほとんどないようで、韓国では高級食材でよく食べられる。

 

 

うなぎに似た魚 判別しにくい

 

アナゴ

アナゴの画像
(アナゴの全体画像、うなぎよりもやや短いものが多い)

 

アナゴの画像 頭
(アナゴ頭部の画像、うなぎと比べ目が大きい)

 

いろいろな所でよく釣れる、うなぎにかなり似ている魚
いろんなアナゴ種類がいるが、簡単に釣れるのはマアナゴやクロアナゴ。
よく寿司のネタとして食べられるので知っている人も
多いと思うが、ウナギより脂肪が少ないのであっさりとした感じの味だ。
市販の寿司のアナゴは正直いまいちだが、釣ったものはきっちりと調理すると美味。

 

ハモ

ハモの画像
出典 – https://commons.wikimedia.org/

うなぎに姿はやや似た感じだが、身が太く腹の部分が銀色なので
それなりに見分けやすいが似ている。
ハモもルアーフィッシングなどでもつれやすい魚の一つ。
硬い小骨が非常に多く骨を取るのがかなり面倒な魚。
身を開いてみればウナギとのわかりやすい。

 

 

ホタテウミヘビ

(適当な画像がなかったのでyoutubeから 動画はミナミホタテウミヘビ)

 

これもわりとうなぎに似ているが身が筋肉質のような感じ。
ミナミホタテウミヘビという似ている種類もいるようだ。
ハモと同じように骨が多い、骨を取るのがかなり面倒。
骨もかたくて食するのはウツボのように面倒な魚。

 

ダイナンギンポ

(こちらも画像がなかったのでyoutubeから)

姿はうなぎににているが、昼間などに見れば体が茶色で
側線が何本かあるのでうなぎと区別しやすい。
夜にみるとちょっとわかりづらい。
体はやや太くて短い感じの魚。
骨はそれほどの感じではなく、3枚におろして調理すれば
食べやすい。
味も美味なようだ。

 

タウナギ

タウナギの画像

タウナギはかなりウナギに似ている感じの魚です。
淡水魚で水路や田んぼなどに生息しています。

淡水魚なので海で釣りをしたときにはあまりかからないので
海釣りの人は選別対象から排除していいでしょう。
中国からの外来種の魚。

肉は黒い色をしている、中国や台湾で食べられるようなので
問題なく食べれるようだがさばいた後の見た目が蛇。

 

以外に簡単にうなぎも釣ったりもできるので。
興味のある方は是非


うなぎに似た魚(細長い魚)と同じカテゴリ

 

うなぎに似た魚(細長い魚)を見ている人は他にこんなページもみています

魚 切り身や冷凍で売られる変わった種類 知ってる?
魚 切り身や冷凍で売られる変わった種類 知ってる?

スーパーなどで切り身や冷凍で売られる日本ではあまり聞き覚えのないような変わった名前の種類の記事をまとめておきました。変わった名前の種類の魚は輸入されてくる魚であることがほとんどでその際に正式な和名や英名がついていないことが多く、別の名前であっても同じものがあるなど統一されていないことも多いです。日本は食品に関してはわりと神経質なのであまり知られていない魚はよく売れ残って割引にされたりしています。そ……

うなぎの釣り方 時間や仕掛け
うなぎの釣り方 時間や仕掛け

熱い夏、夏バテ解消にうなぎ。しかしそれなりにうなぎのかば焼きはお値段がするのであまり手が出せない。やや値がするうなぎが手軽に川などで釣れるということご存じでしょうか。うなぎ釣り初心者がやるには難しそう、などと思いませんか。しかし非常に簡単で、サビキ並みに簡単に出来て初心者でも十分にうなぎは釣ることができると思います。うなぎが釣れなかったとしても、他の魚なんかも良く釣れるので割と楽しいと思います。う……