キビナゴ スーパーでも買える釣り餌

太刀魚やアナゴを釣るので有名な釣り餌として
使えるキビナゴ
、この魚はスーパーでも普通に売られている
ということもご存じの方も多いはずです。

 

しかしいつでも売っているというわけではなく
時期によっては売っていなかったり
スーパーでもよく仕入れる店やそうでない店も
いろいろとあります。

 

そんな太刀魚釣り餌として使うキビナゴのうん蓄をいろいろと
載せておこうかと思います。
関西よりの情報ですが、太刀魚のシーズンに入れば似ている
ところがあるかと思います。

 

 

キビナゴ スーパーで売る時期や売っていないのは?

キビナゴで釣れる太刀魚(タチウオ)の画像

 

太刀魚のシーズンインになる9月頃になると関西では
販売する
ようなスーパーが多くなってきます。

 

それ以外の時期は売っているスーパーもありますが
それほど売られる量が多いというわけではないですね。
少量売られていても、売り切れるということは少ないです。

 

キビナゴは他の魚と比べてそれほど多く
食されるということのない魚ですので
販売される量も多くはありません、スーパーの1店舗で売られる
のはかなり少ないです。

 

朝などはどの店もよく商品を入れ替えますが、その新しく
入荷したキビナゴの入荷量をみればわかりますが、かなり
入荷する数は少ない。

 

なので太刀魚のシーズンインした時期などの夕方は売り切れで
売っていないこともかなり多い
です。
特に釣り場に近いような店がその場合が多いです。

 

太刀魚のシーズンインした休みの日などに釣り場に
いけば、その理由などもすぐにご察しがつくかと思います。
実際に釣り場によってはテトラでさえ入ることも出来ないぐらいに
人であふれかえっています。

 

スーパーよりも少し高い釣り具屋に売られるキビナゴも
売り切れになることもありますので安いスーパーのものが
売っていないのはよくある事です。

太刀魚のシーズンインするとキビナゴの需要と供給のバランスが
崩れるのでスーパーに売っていない
ことが多くなります

 

スーパーと釣具屋のキビナゴの違い

スーパーで売られるきびなごと釣具屋で売られるのキビナゴ違い
などを少しだけ載せておきます。

 

太刀魚釣りの代名詞的なマックスのキビナゴ

マックスの赤キビナゴの画像

 

 

押江込蔵というので付け込まれて色が付けられています。
値段は500円。

赤色、青色、といろいろな色が売られています。
スーパーのキビナゴと比較すると、やはりよく釣れますね。
色が違い反応するというのもありますが
そのまま使っても頭も引きちぎれずらいです。

 

押江込蔵でスーパーのキビナゴも赤キビナゴにできます

マックスの急速冷凍キビナゴ

 

かなり小さいキビナゴ値段は300円
サイズが小さいからかなり多量に入っています。

これに極小の針をつけて釣ると、激渋の時も
釣れることもよくあります。
小さいサイズの太刀魚や食い渋る時におすすめ。
スーパーにはこのサイズが売られないので
使い方所がわかれば重宝する。

餌もちが弱く、遠投するとすぐに針から
はずれます。

 

普通の釣り用のキビナゴ

ほとんどの釣り具屋で300円ほどでしょうか
スーパーのものよりも、質がいいキビナゴといった感じです。
スーパーのキビナゴと比較すると頭がきっちりと全てに
ついていて、太刀魚のひっぱりに対してもやや強いキビナゴです。
多少の値段が気にならない方ならスーパーのもの
よりも釣り具屋のキビナゴを買ったほうが良いかと。

 

 

スーパーで売られるキビナゴの強化

 

スーパーのキビナゴを買う方はできれば節約したいと
いう方が多いのではないでしょうか。
半額で売られている残り物を買う方も多いはずです

 

しかし、残り物は頭の外れている物が多く入っていることが
多く、しかも鮮度が落ちている
のでかなり太刀魚から
引っ張りに対して弱いものが多いです。

 

太刀魚などの釣り餌としてそのまま使うには質があまり
よくないので、そのまま使うのは控えたほうがいいかと思います。
使うのであれば、キビナゴの強化をしたり。
釣具屋のキビナゴを使ったほうが無難
です。

 

スーパーで売られるキビナゴはけっこう雑に扱われたと
思われるものが多く、太刀魚釣りでは頭が外れやすく
使い勝手が悪いです。

 

そんなスーパーのキビナゴですが、塩につけこんでいると強度がまします
塩につける前と、つけた後では太刀魚に引っ張られて
頭を引きちぎられるのに強くなり、釣れる確率はかなり上がります。

 

これは別の記事に書いていたので載せておきます。

キビナゴの塩漬けで強化

キビナゴに関して言えば、すべて強化することができます。
強化といってもなにも特殊なことをするわけではなく
いたって簡単、ある程度塩をまぶし冷蔵庫で保存するだけです。
(冷凍庫に入れると使えない脆いエサに変わりますので注意)
塩をまぶす前に、キッチンペーパーなどでキビナゴの水分を
抜きとってやるといい感じになります。
塩の量はしわしわにならない適度の加減が良いかと思います。

普通のものと比べてみればわかりますが、明らかに
太刀魚に頭だけが外され引きちぎられるという事がなくなり。
かなりエサ持ちがよくなります。
思い切り遠投しても普通のものと比べても
かなり持ちはいいです。

 

 

キビナゴが売られる大阪のスーパーに関して

 

大阪湾の近くによくあるようなスーパーで売られる
キビナゴの値段や売り方みたいなのをまとめておきました。
ちらっと値段や売っている所を見ていましたが
詳しくチェックしたわけではありませんし、今後
スーパーによっては売り方が変更されてしまうかも
しれません、参考程度にどうぞ。

 

イオン

値段は200円前後、あまり売っていない。
半額にまで値引きする。

 

TRIAL(トライアル)

値段は200円前後が多い
それほど量はない、割引はあまりしない。

アカエイの刺身やボラの切り身など、変わり種も販売することも
稀にあり。

 

D-Price LAMU(大黒天系列)

値段は200円~300円
値段によって量がことなる、300円の時が量が多い。
半額にまで値引きする。

 

万代

値段は200円前後、あまり売っていない
半額にまで値引きする。

 

玉手

値段は200円が多い
夏太刀魚に使えるような、他のスーパーに売って
いないような時期でも売っていることあり。

量はすくない、割引はあまりしない。

 

オークワ

値段は300円前後、あまり売っていない。
量は多い、半額にまで値引きする。

 

 

キビナゴの代わりにワーム

パワーシャッドパッケージ

 

ここまで太刀魚釣りのキビナゴに関していろいろと書いてきましたが
そこまでウキでの餌釣りにこだわりがない方はパワーシャッド
おすすめできます。
 毎回投げないといけないので、面倒ですが
鮮度などがなく、ある程度ストックしておけばスーパーを回らずにすみます。
値段も比較的良心的かと思います。
(太刀魚ではぼろぼろになりやすいですが)

ルアー各種を使って太刀魚に試してみましたが
夜釣りではパワーシャッドは一番おすすめできます。

キビナゴ スーパーでも買える釣り餌と同じカテゴリ

 

キビナゴ スーパーでも買える釣り餌を見ている人は他にこんなページもみています

冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは何度?
冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは何度?

冬の釣り場は寒いので、クーラーボックスに氷は不要という疑問が浮かんだので少し調べてみました。魚の鮮度に重要なのは魚の鮮度を維持するためには、絞めたり血抜きした後で以上の~を保ったほうが良いようです。長崎水産試験場のマアジ鮮度保持試験によれば時間以内であればで保存された魚(マアジ、イサキ)の死後硬直に達する時間が長くなり活けしめの状態が長くなるとされています。鮮度を保つ適温はに近いほうがいいというこ……

太刀魚の釣れる日 過去の釣り行からの考察
太刀魚の釣れる日 過去の釣り行からの考察

太刀魚の釣れる日について過去の実釣りなどから考えてみたことを載せてみました。太刀魚の釣れる日最初に釣れる日に関しては、ある程度ポイントを絞って言うと新しい群れが入ってきた日大潮(満月の日)波の強い日釣り人が少ない日が続く時などはある程度予測などを立てて釣り行を組めると思います。次に太刀魚が釣れるという場合ポイントあります。太刀魚が空腹状態ベイトなどが多く太刀魚に捕食スイッチが入っている太刀魚がベイ……