Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「きんき」と「のどぐろ」値段を比べたら?

「きんき」とはどんな魚?

 

きんきとは、関西などではそこまで名前をみることはないですが
TVなどで取り扱われることもあり、知名度が
上がっている高級魚の一つ。

 

北海道でよくとれる深海魚の一種で
わりと深い域、主に水深400-600メートルに
生息していて、トロール網、底刺し網などで漁獲される。

 

キンメダイなども深海魚の魚で割ときんきにも似ている
魚です。
地方名が似ているので混同されることもあるよう。

 

 

キンメダイはキンメダイ科の魚ですが、
きんきはフサカサゴ科の魚。

 

 

違いの見分け方は比較的簡単で、キンメダイは目の
部分が金色
になっていて、きんきは目が透明になっています。

キンメダイの画像
(キンメダイの画像)

 


(きんきの画像)

よく画像などでみてみると、鰓の尖った部分などは
カサゴなどもによく似ている
所もあり。

 

食に関しては冬が旬の魚で、この時期に脂が乗り甘味があり非常に
味がよくなるようです。

 

「きんき」 「のどぐろ」と値段比較

「きんき」と「のどぐろ」
どちらも高級魚
でマスコミなどでもてはやされることもある魚の一つです。
のどぐろは飲み屋なのでも扱われることもあり
比較的有名ですね。

その姿も割と似ています。ならべると以下のよう

 

アカムツ(ノドグロ)の画像

出典:長崎県水産部ホームページ


(のどぐろの画像)

 


(きんきの画像)

 

 

ではどちらの魚も値段相場はどれぐらいなのかということ
を見て行ってみましょう。

 

のどぐろの値段

 

名前の通り喉が黒いのでノドグロと名前が付けられて
いる高級魚。
正式な和名はアカムツ、実際には高級魚で取り扱われるときは
ノドグロの方が多い。
最近よくテレビなどで取り上げられて有名になってきている
高級魚。
元がそれほど大きい魚ではないのでキロ単位の魚はいない。
しかし、600g以上の魚でおおよそ1万円程度で販売されている
ことがあり
キロ単価に計算すると、だいたい1万円数千円~2万円ぐらいになるので
ノドグロもかなりの高級魚であることがうかがえる。

 

ノドグロは1匹大きい魚で1万円程度がおおよその相場
(時期などによって変動します)

 

 

きんきの値段

 

きんきは最近になり漁獲量が減りかなり高価となった魚
昔は簡単に多く漁獲された魚だったようです。

 

市場などでの値段相場はあまり詳しくわかりませんが
ざっくりと簡単に
価格.comからきんきの通販の値段をチェックしてみると
(どれも一匹の値段 2019/6)

 

450g 5400円

250~300g前後 2300円

450~490g 3240円

500~600g 5800円

 

(参考) https://kakaku.com/

 

やや値段にムラがあるようですが、小さいものは
値段が安く、大きくなるとやや高額になります。
魚では可食部が異なるのでよくあることです。

 

大きいものであれば、1匹5000円近辺と、「きんき」も
十分に高級魚であることが言えます。

しかし、「のどぐろ」は大きいサイズ1万円ぐらいなので
「きんき」とg単位などで比べても、のどぐろのほうが
値段相場は倍近く
で上といえるでしょう。

 

いまの所は高級魚ということで比較すると「のどぐろ」の
ほうが上なようですね、ただ「きんき」のほうが
(関西では)そこまで聞かない魚なので、もうすこし知名度が
上がれば「きんき」もさらに高額になりそうです。
今も価格の高騰は続いているようです。