なめろうに合う魚 アジ(鯵)など超絶簡単なレシピ

もとは漁師飯のなめろう、お手軽簡単に作れて
非常においしいので、魚料理の一品におすすめです。

魚が多量につれてあまってしまったなどの
時などに消化する時なども簡単に作れるものですので
一度試してみてはいかがでしょうか。

夏場などに食べるときなどは、一度冷蔵庫で
冷やして方食べると美味しいですよ。

 

簡単ななめろうの作り方

 

普通は生で食べるものですので、鮮度が高い魚の身を
利用
します

なめろうは味噌、ネギ、大葉、おろし生姜
などの薬味を魚の身を一緒に包丁で叩くだけ
いった簡単な調理。
身にすじがあるような魚はやや面倒。

食べ方はいろいろだけどご飯と一緒にというのが
一番、茶漬けなども良くあいます。

 

 

なめろうに合う魚 一般的

 

こちらはスタンダードなものでよく刺身に
されるもの
です、ある程度どの魚もなめろうに合います。

 

なめろう あじ(鯵)

なめろうに合う魚 マアジ(真鯵)の画像

 

 

一般的になめろうにされる魚の代表格といったら
あじです、多量に釣れてあまったときなどに。

 

なめろう マグロ(鮪)

 

刺身がおいしいのでやはりなめろうと合う魚です
すじが多いものも時にありますので、そういうものは
調理しずらいので控えたほうがいいかと思います。

 

なめろう ぶり(鰤)

なめろうに合う魚 ブリの画像

 

 

ぶりもよく小さいツバスなどが多量に釣れたりすることも
あり、シーズンによっては生で食べるとちょっと身にクセがある味がするので
そういう時になめろうにするのはおススメできる魚の一つです。

 

なめろう かつお(鰹)

 

 

かつおもなめろうと合いますが、たたきではなめろうにすると
まわりの固い部分がちょっとという感じですので
生の刺身の部分だけのものが合います
もともと生姜などと付け合わせて食べたりする魚なので
お味も想像できるかと思います。

 

なめろうに合う魚 その他

なめろうに合う魚は、あまり味のしないような
淡泊な身のものでは、薬味に負けてしまいそれほど
合わない。
なのでちょっと身の味にクセがあるような魚が合う。

 

なめろう サーモン

なめろうに合う魚 サーモンの画像

 

生で食べることも多いサーモン、身に特有の味が
するので薬味によっては良くなめろうにあいますね。

 

なめろう サバ(鯖)

なめろうに合う魚 サバの画像

 

よく多量に釣れてあまってしまうことも多いサバ
身はかなり痛みやすいので鮮度がかなり高いもの
を利用しましょう。

 

なめろう サンマ(秋刀魚)

 

よく売られるサンマも鮮度が高いものであればなめろうに
合います身は独特の味がしてなかなかいいですよ。

 

なめろう タイ(鯛)

なめろうに合う魚 マダイ(真鯛)の画像

 

鯛は一匹まるごと買ってきた時など、魚を捌くのが上手い人で
ないと身がぐちゃぐちゃになったりしてしまいますが
そんな時
にはなめろうにしてしまうのもおすすめ出来ます。

なめろう いわし(鰯)

 

いわしもときに刺身で売られることもあり
大きめのいわしであれば、なめろうと合います。
ただ、細かい骨があるので、こまかく取り除いたり
ミキサーにかけたほうがいいでしょう。

 

なめろう アイゴ

なめろうに合う魚 アイゴの画像

 

アイゴは釣れても嫌がられることも多い魚ですが、大きいもので
あればなめろう
にするのがおススメです。
しっかりと処理すると身は割とおいしい魚です。

 

なめろうに合う魚 アジ(鯵)など超絶簡単なレシピと同じカテゴリ

 

なめろうに合う魚 アジ(鯵)など超絶簡単なレシピを見ている人は他にこんなページもみています

白身魚のフライの正体
白身魚のフライの正体

白身魚のフライ、あの衣の中につつまれる魚の種類が気になったかたも多いのでしょう。いったいどのような魚が使われているのか白身魚のフライで原材料として使われる魚の種類を一覧であげてみました。白身魚のフライの正体魚一覧タラホキスケトウダラメルルーサブルーホワイティングオヒョウスズキ(シーバス)アメリカナマズ(チャネルキャットフィッシュ)ナイルパーチバサ白身魚のフライの正体海水魚タラ漢字は魚偏に雪で鱈と書……

メガロドン 巨大サメは実在するのか?
メガロドン 巨大サメは実在するのか?

メガロドンと呼ばれるサメは大昔に生息していた古代生物で日本にも化石などが残っている。そのメガロドンが生存していた時代は第三期中新世と呼ばれる時代で海が地球全体を覆っていた時代である。メガロドンとは大きな歯を意味する。学名はカルカロドンメガロドンまたはカルカロクレスメガロドンとされている。和名は、ムカシオオホホジロザメでこれは一般的な方には解り易い名前であるかもしれない。その理由としては、メガロドン……