アジの寄生虫 アニサキス,ウエノオ,擬嚢尾虫

アジに寄生するとされる寄生虫 アニサキス,ウエノオ,擬嚢尾虫
に関してまとめてみました。

 

漁獲量が多く、よく鮮魚コーナーでも手頃な値段で売られる
アジ、あまり寄生虫がつかないと思われがちですが
寄生するような種類が少しいます。

 

アジの寄生虫 ウエノオ

フナムシなどの仲間とされる寄生虫の一つ。
主に魚の舌や、エラなどにとりつく寄生虫、見た目はシャコエビのような姿
これが出てくるとかなりキモイ。
前からみるとまるで小型のエーリアンに寄生されているよう。

 

沖の方で釣る魚にみられることがあるが、防波堤で釣れる魚にはウエノオはあまり
寄生していないようです。
あまりお眼にかかったことはことはないのですが一度このエーリアンを
見てみたい所。

アジ以外の魚にもよく寄生するようで、サヨリ、スズキ、マダイなどにも
よく寄生している

アジの場合は特に丸アジの幼魚には寄生しやすいよう。

 

ウエノオは魚が弱ってくると、宿主から離れるようなので
一度釣られた魚の場合はある程度の時間がたつと離れることが多い。
ほとんどの場合、魚を洗う時などに流されてしまう。

それ以外でもほとんどのの場合、頭部を食すことは少ない魚に寄生する
ことが多いようなので、人の体の中に入ることが少ないようだ。

 

アジの寄生虫 擬嚢尾虫(ぎのうびちゅう)

 

花頭条虫科 小形条虫という寄生虫の幼虫
発生源はオキアミが原因となっているようです。

この寄生虫の特徴としては

『黒アジには寄生しなく、黄アジにのみ寄生』します。

黒アジの画像
黄アジの画像
(写真上 黒アジ、写真下 黄アジ)

 

 

なので防波堤などの湾内などに居ついた黄アジを
釣った場合
には寄生されている可能性があります。
群れで釣れるのは黒アジのことも多いですが、時折黄アジも混ざっている
こともよくありますので嫌な人はアジの色をチェック。

少量であってもアレルギーの原因にもなるようなので
体質的に問題があるような人は注意が必要です。
以外にも、やっかいな寄生虫のようで、少数が人間の体内に寄生されても
無症状のことが多いですが、寄生数が多くなると、悪心(おしん)、腹痛、下痢などをおこします

 

 卵が直接ネズミやヒトに食べられると、胃または小腸内で孵化(ふか)した幼虫が小腸粘膜に侵入して擬嚢尾虫となり、ふたたび腸内に戻って成虫になる。また、固有宿主の腸内に寄生している成虫が壊れて卵で遊離し、その卵から孵化した幼虫が腸壁に侵入して擬嚢尾虫になり、ふたたび腸内に戻って成虫になるという自家感染もある。
少数寄生では無症状のことが多いが、自家感染で寄生数が多くなると、
悪心(おしん)、腹痛、下痢などをおこす。

駆虫薬は腸壁内に寄生する擬嚢尾虫には効果がないので、投薬を繰り返す必要がある。[町田昌昭]

 

出典 – 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

 

アジの寄生虫 アニサキス

アニサキスの画像
(アニサキスの画像)

海の魚類の寄生虫の十八番といってもいいぐらいの存在のアニサキス。

人体に害をおよぼす可能性が高く、なかなか怖い
寄生虫の一つです。

サバで多く寄生していることが知られているが
アジにもアニサキスが寄生する魚の一つなのでやや注意が必要となる。

 

アジにもそれなりに付くということが研究されていますが
そこまで生で食べることは少ない魚?
(人によっては多いかもしれませんが)
なので確率的ニアニサキスの被害を受けることは
すくないと思います。

過去にこのサイトでもアニサキスを取り上げてきたので引用しつつ
すこし補足していきます。

 

アジ釣り その場で捌くといい理由

もともと豆アジ、小アジなどは身がそれほどない上に
身の多くの所に、内臓やエラのアラの部分が触れています。
アラが時間がたつごとに鮮度が悪くなり、触れている身の部分までも鮮度を
落としてしまいます。

なので、アジ釣りの後でその場でアラを取り除き魚の鮮度を
保つと、家に持って帰った後でも美味しさが違います。

小さい魚の鮮度を保つために重要なのは出来るだけ早めにアラを取り除くということです。

 

アニサキスをできるだけ予防したい場合は
早めに内蔵を取り除くことが肝心です。
身をおいしく食べるためにも出来れば早めに捌いておいたほうがいいです。
これもアニサキス対策の一つです。

 

アニサキス対策 人に寄生すると胃を食い破る

アニサキス幼虫は最初、魚の内臓に潜んでいるが魚が
死んでから、時間がたってくると魚の身のほうに移動してしまう。
これを人間が食べることによってアニサキスの被害を受けることになる。
なので新鮮な魚を選ぶというのは重要な事。

 

内臓を生で食べない

ほとんどのアニサキス幼虫は内臓に潜んでいるので
内臓を生で食べないというのは当然のこと

 

魚を冷凍する

魚を-20℃で24時間以上冷凍させることによってアニサキス
は死ぬので魚を生で食する場合は冷凍するのもいい対策の一つ。
刺身で食べるものは、一度冷凍させたものが安全である。

 

魚を加熱する

アニサキスにかかりたくなければ
加熱調理(60℃では1分、70℃以上)してしまえば
死滅するので一番の対策である。

 

 

魚であれば、幅広い種類に寄生虫が寄生している、実際に寄生虫の性質や
対策などが判っていれば
、怖いものでもないので、それほど神経質になる
必要もないとも思えます。

アニサキスなどの人体に害があるような寄生虫がつく魚を
知らずに下処理などをしてしまう事が一番危険なような気がします。

アジの寄生虫 アニサキス,ウエノオ,擬嚢尾虫と同じカテゴリ

 

アジの寄生虫 アニサキス,ウエノオ,擬嚢尾虫を見ている人は他にこんなページもみています

なぜボラという魚は嫌われているのか?
なぜボラという魚は嫌われているのか?

という疑問に関してを実際にいろいろな釣りとボラの関係などで嫌われている理由を載せておきます。一度も釣っていなくて知らない人もボラの嫌われる理由を知るとほしくないと思うはずです。江戸時代などの昔は縁起の良い魚として、善として出されることも多かったような魚のようですが。時代は流れ、いまは釣り人には嫌われることがほとんど。それでは実際になぜ釣り人にボラが嫌われているかと思われる理由を書いていきます。嫌わ……

アニサキス対策 人に寄生すると胃を食い破る
アニサキス対策 人に寄生すると胃を食い破る

アニサキスは最近かかる芸能人なども多く比較的ニュースなどの話題になることも多く知名度が上がってきた。あまり寄生虫などが嫌いな人は知らないほうがいいことかもしれないが実はこのアニサキスという寄生生物はかなりの確率でスーパーなどで売られる魚の内臓に寄生しているようだその寄生率といったらすごいものでアニサキスの感染陽性率はマサバ匹、ゴマサバ匹にそれぞれ、であったことも調査結果である。これは大阪の大阪府立……