アジの泳がせ釣りで釣れる魚

アジの泳がせ釣りで釣れるのは、フィッシュイーター
がほとんど
で、ルアーの対象魚が多い。
弱ったり、仕掛けが魚にバレていたりすると
半身だけ食いちぎられてしまうこともよくあります。

 

生きたエサを使うということでアピール度も
高く、釣れやすそうな気がすると思いますが。
ポイントを押さえておかないと釣れづらい事も多いです。

以下にアジの泳がせ釣りのコツなどを記載したページがあります。

アジの泳がせ釣り 7つのコツ

  • 針に掛ける時に直接手で魚を触らない
  • アジ入れにエアーポンプで空気を送る
  • 海水を定期的に変える
  • ケミカルを外す
  • 口に針を掛ける
  • 遠投しない
  • 一度海にいれたらアタリが出るまで待つ

 

針に掛ける時に直接手で魚を触らない

ドジョウなどの他の魚などであれば、問題のない場合も
ありますがアジを泳がせ釣りに使う場合は
直接手で魚をさわると、かなり弱くなりますので注意が必要。

元気で生きたままのアジを直接手で魚を触らずに
針に掛けるには、金魚の飼育などで利用される小さい
網が必要となります。

小さい網使えばあまりアジを弱らせずに綺麗に針に
掛けることができます。

 

泳がせ釣りは事前に生餌を買っていない場合
エサとなるアジをまず釣らないことには
はじまりません

以下のページはサビキのコツなども載せている
当サイトの、アジの事に関して記事をまとめたページです。

 

 

 

アジの泳がせ釣りで釣れる魚 上層から中層狙い

 

ブリ

アジの泳がせ釣りで釣れる魚 ブリの画像

シーズンになると、よくショアからメタルジグで
狙い撃ちされているブリ、ブリにもスレがあるようです。
シーズイン時には釣れやすくて、だんだん釣れ
づらくなるよう。

釣れづらくなってきた時などには、アジの泳がせ釣り
などで釣ると良い時も。

狙うのは明るい時間帯ですから、アジは比較的簡単に
釣れる
ので餌として使いやすいです。

ブリの場合、大きいサイズの物はあまり接岸しませんので、
遠投する必要があり。

ツバスなどの小さい個体は防波堤の際までベイトを追って
くることもよくありますので泳がせ釣りでは釣れやすいです。

 

カンパチ

ブリと同じようにこちらも、あまり大きい個体は
近くまで接岸しません。

アジの泳がせ釣りで狙うのであれば、シオなどの
小さいサイズの個体
になること多いでしょう。

 

サワラ

アジの泳がせ釣りで釣れる魚 鰆(サワラ)の画像

朝マズメによく釣れるような魚で、朝がたに湾内でナブラを
追っている姿がよく見られます。

暖かい時期は浅い場所で生息するので防波堤などからも
釣れやすいです。

日中にアジの泳がせ釣りをやっていると良く
釣れる
魚のの一つ。

 

スズキ

アジの泳がせ釣りで釣れる魚 シーバスの画像

アジの泳がせ釣りで釣る場合は、主に夜釣り
なるので、アジを手に入れるのがやや面倒。

スズキはかなり警戒心が強いので、釣るときは物音などは
あまり立てないようにしたほうがいいです。

仕掛けも余計なものをつけづにかなりシンプルなもの
にしたほうがいいでしょう。

夜光虫が出ると道糸がバレるので、泳がせ釣りとはいえ
なかなか釣るのが難しかったりします。

 

アオリイカ

エギングがあるのであまりアオリイカを
本命でアジの泳がせ釣りで釣ると
いうことは少ないかもしれないですが、夜釣りで
やっていると掛かることがあり
ます。

タチウオが本命でかかった時は、餌として頭の部分を
切り身で使ってみることをお勧めします。
タチウオに対してはかなり強い餌です。

 

タチウオ

アジの泳がせ釣りで釣れる魚 タチウオの画像

主に夜釣りでアジの泳がせ釣りで狙うといったら
タチウオが多いのではないでしょうか。

生餌ということでアピール度が高くアタリは
出やすいですね。

アジのサイズが大きいと針を口の中に入れるのに
時間がかかりますので、割と小さいサイズのアジを
使うと釣れやすい
です。

 

アジの泳がせ釣りで釣れる魚 底狙い

 

それほど根魚はアジの泳がせ釣りで狙われることは
少ないですが、以下の魚が釣れます。

カサゴ

アジの泳がせ釣りでウキを付けづに
泳がせていると釣れる
こともあり。

主にテトラから水深100mぐらいの深場まで
生息しています。

岩場があるなら、全国のどこにでも居るような
魚なので狙いやすいです。

ヒラメ

アジの泳がせ釣りで釣れる魚 ヒラメの画像

By: Shinji

一定の場所にいることが多いので、やや泳がせ釣りでは
面倒な面もあり
ますが、アジの移動に合わせて釣り人が
移動などしていけば、ひたすら多く面を探ることが
できます。

サーフだとやや遠投が必要なので
アジの泳がせ釣りには向いていませんね。

 

ソイ

 

いろいろな種類のソイがいます、主に岩場に
いますが、砂浜にあるテトラの所に
居ることもよくあります。

アジの泳がせ釣りの場合ヒラメ狙いの時に
掛かることがあり

 

マゴチ

アジの泳がせ釣りで釣れる魚 マゴチの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

 

ヒラメ狙いで掛かるマゴチも泳がせ釣りで
釣れることができます。

死んだ餌でもよく掛かるのであまり
アジの泳がせ釣りで、本命では狙う魚では
ない
ですね。

 

 

アコウ

アジの泳がせ釣りで釣れる魚 キジハタ(アコウ)の画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

 

おかっぱりからもかなり巨大なサイズが釣れるので
アジの泳がせ釣りで狙う人もいるようです。
高級魚で大きいので、泳がせ釣りで狙う価値ありの魚。

 

 

 


アジの泳がせ釣りで釣れる魚と同じカテゴリ

 

アジの泳がせ釣りで釣れる魚を見ている人は他にこんなページもみています

アジの泳がせ釣り 7つのコツ
アジの泳がせ釣り 7つのコツ

人気のあるタチウオも夏の終わりに近づくとシーズインを迎えます。太刀魚の夜釣りなどでよく使われる、泳がせ釣り。そのアジの泳がせ釣りに関してのコツなどを載せておきます。泳がせ釣りとは何かとあまり釣りをやらない人はわからないかもしれませんので簡単に説明すると生きた魚をそのまま針につけて泳がせて釣るというシンプルな釣りです。そのまま生きた魚が泳いでいるのだからかなり釣れそうと思われるかもしれません。しかし……

アジ釣り その場で捌くといい理由
アジ釣り その場で捌くといい理由

堤防からのサビキ釣りなどをして、アジなどの魚をもって帰っても味がいまいち美味しくないと感じている方も多いのではないでしょうか。そういう場合はアジ釣りの後でその場で捌くことをオススメします。なぜアジ釣りの後でその場で捌くべきかといいますともともと豆アジ、小アジなどは身がそれほどない上に身の多くの所に、内臓やエラのアラの部分が触れています。アラが時間がたつごとに鮮度が悪くなり、触れている身の部分までも……