ザリガニの種類 アメリカザリガニ科

ザリガニの種類

各共通項目を次のように記載してある

  1. 名前
  2. 生息地
  3. ハサミの特徴
  4. 胸の特徴
  5. 和名、流通名

 

アメリカザリガニ科


  • ニホンザリガニ(ambaroides japonicus)
  • アメリカザリガニ(Procambarus clarkii)
  • フロリダクレイフィッシュ(Procambarus alleni)
  • フロリダケイブクレイフィッシュ
  • チョウセンザリガニ(Cambaroides similis)
  • シュレンクザリガニ(Cambaroides schrenckii)
  • メキシコザリガニ
  • ミステリークレイフィッシュ(Procambarus sp)
  •  

  • カメルーンザリガニ
  • ホワイトリバークレイフィッシュ(Procambarus actus)

  1. ニホンザリガニ
  2. 北海道、秋田、青森、岩手
  3. 薄いこげ茶、体型はアメリカザリガニに似る
  4. 薄いこげ茶
  5. 薄いこげ茶
  6. (和名)ニチザリ

綺麗な清流や湧き水をこのむ。成体になるのには5~6年かかる。
2000年レッドリストに掲載されている、人工繁殖は研究段階。


アメリカザリガニの画像


アメリカザリガニの画像
By: Ferran Turmo Gort

  1. アメリカザリガニ
  2. アメリカ、アジア、アフリカ、中東、ヨーロッパ
  3. 赤黒い地肌に赤いつぶ
  4. 赤~赤黒
  5. 赤~赤黒

一般的にザリガニというと本種をさす。
繁殖力が強いため、日本のたいたる所でみられる。
この性質の為、時に異常繁殖し、水路のいたる所にびっしりとはびこっている
事などもしばしばある。元はウシガエルの餌として日本に輸入された。

変異個体は環境変化にも弱く、繁殖力も弱い
通常の固体であれば、5年程度いきる。

色彩変異固体、白ザリガニ、青ザリガニ、ブライトオレンジ、マーブル、スーパーレッドなど。

アメリカザリガニ色彩変異固体の画像


アメリカザリガニ色彩変異固体の画像
By: Yan Li


フロリダクレイフィッシュの画像


フロリダクレイフィッシュの画像
By: Norbert Lindemann

  1. フロリダクレイフィッシュ
  2. アメリカ東南部
  3. ライトブルーに濃い青のつぶつぶ、アメリカザリガニより鋭いハサミ
  4. 濃い青
  5. 濃い青
  6. (流通)フロリダブルー、フロリダハマー

日本では年に来日したザリガニ、ハサミがアメリカザリガニよりも鋭い
アメリカのボブ・ハマー氏が作出した固体は
フロリダハマーと言われている。

日本国内で安定して繁殖させない為か
雌の入荷が完全にプロテクトされているようだ。


  1. フロリダケイブクレイフィッシュ
  2. アメリカ、フロリダ半島最南端付近
  3. うすいオレンジ
  4. うすいオレンジ
  5. うすいオレンジ、中心部がこげ茶色
  6. (流通)洞穴ザリガニ、フロリダ洞穴ザリガニ、ミレリー

地下洞穴に住んでいるので目が小さい、現在は輸入が停止されている。
地下に生息しているため、飼育は低水温で行う。 25℃程度が限界。


  1. チョウセンザリガニ
  2. 朝鮮半島中部、北部
  3. うすいこげ茶(体型はニホンザリガニに似る)
  4. うすいこげ茶
  5. うすいこげ茶

ニホンザリガニの近縁種、丸みがかかっているが
かなりニホンザリガニに似る。
ニホンザリガニと似たように、チョウセンザリガニも韓国で数が減少している


  1. シュレンクザリガニ
  2. 中国東部、黒龍江省の一部、ロシア、アムール地域
  3. 茶色、土のような色
  4. 茶色、土のような色
  5. 茶色、土のような色

博物学者レオポルド・シュレンクに発見された。
名前はそれに由来する。
頭胸甲の後方側面に棘がある。

低水温で、清澄な水を好む。


  1. メキシコザリガニ
  2. メキシコ
  3. うすい朱色
  4. うすい朱色、頭部から尾まで白っぽい模様
  5. うすい朱色
  6. (流通)ドワーフクレイフィッシュ、メキシコドワーフザリガニ、メキシコゼンポレンシスクレイフィッシュ

川、湖、沼などに生息、土手に巣穴をほる。
飼育水温は15~20℃ 25℃は超えてはいけない。

青っぽい色の種類もある。
メキシコのエテェべリア大統領から昭和天皇に寄贈された。


  1. ミステリークレイフィッシュ
  2. アメリカ
  3. 青っぽい地肌に黒いつぶ
  4. 薄茶に黒い模様が入る
  5. 薄茶に黒い模様が入る

メスだけしかいないのに産卵するザリガニ。
単性生殖が名前の由来となっている。
飼育条件はアメリカザリガニと同様で飼いやすい。


  1. カメルーンザリガニ
  2. アメリカ
  3. 赤、薄い赤のつぶ(アメリカザリガニに似る)
  4. 赤、明るいオレンジ色から渋い褐色系

丈夫な種類で飼育条件はアメリカザリガニと同様で飼いやすい。
アメリカザリガニに似るが、ハサミが細い


  1. ホワイトリバークレイフィッシュ
  2. 北アメリカ大陸東南部
  3. うすい茶色(アメリカザリガニに似る)
  4. うすい茶色
  5. 赤黒にうすい赤のライン

アメリカザリガニよりも低温耐性が強い
ある程度丈夫な種類。
低酸素にはつよくないので、高密度で飼育はできない。
養殖はアメリカザリガニの1/5~1/10になる。

ザリガニの種類 アメリカザリガニ科と同じカテゴリ

 

ザリガニの種類 アメリカザリガニ科を見ている人は他にこんなページもみています

サメの種類 共食いするシロワニ
サメの種類 共食いするシロワニ

シロワニの生息域は沖合いの浅瀬、難波船、洞窟、サンゴ礁、など。日本での生息地は、小笠原の父島、婿島。大きさは~程度にまで成長する。サメというのは単独行動が多いが、シロワニはときに匹ぐらいの群れで餌を探すこともある。他のサメと少し違う習性として、シロワニは口を半分あけて泳ぐという一風変わった所がありこの姿がいかにもサメという雰囲気をだしている。常に歯が見えた状態なので見た目は恐い姿だが、性質はわりと……

ザリガニの種類 ザリガニ科
ザリガニの種類 ザリガニ科

ザリガニの種類各共通項目を次のように記載してある名前生息地ハサミの特徴胸の特徴尾和名、流通名ザリガニ科シグナルクレイフィッシュターキッシュクレイフィッシュノーブルクレイフィッシュホワイトフットクレイフィッシュストーンクレイフィッシュシグナルクレイフィッシュの画像シグナルクレイフィッシュアメリカ西北部、スウェーデン、イギリス、フィンランド、日本赤茶色でハサミのつかむ支点が白い、毛のような粒があり。う……