アルビノメダカの種類

アルビノメダカ

色素をもたない、内臓まですけて見える種類、赤い目をしていているのが特徴なメダカ。
アルビノクイーン(ブドウ目)は色素もあり純粋なアルビノと比べると強いタイプのものも存在する。

アクアリウムの観賞魚ではアルビノというものはわりと一般的に
存在し知られている。


アルビノとは

アルビノというのは先天性白皮症という遺伝子疾患の一つであって
通常な固体とは異なり他のメダカに比べてかなり弱い部分がある
知らない方はすでに購入していて異常固体と思い悲観するかもしれないが
アルビノメダカの性質を抑えた飼育方法を行えば、それなりに長生きする
ものである。
通常の体質のメダカでも飼育者が雑にそだてるとすぐに死んでしまう、メダカという魚はなんらかのトラブルが起きた場合早期に発見して解決しないと大方が
死につながるのでできるだけ毎日の観察を怠らないようにしたいものだ。
メダカとはいえ小さいペットである大切にそだてよう。

言え、多くの魅力的な種類のメダカが登場してくるので
許容慮をオーバーぎみで飼ってしまうのが人間の性というもの。
それを抑えるのも飼育者としての勤めだろうか。

 

アルビノメダカの性質を現すものとして
アルビノ同士で交配を続けていると弱い性質が顕著になって出てくる。
普通種を混ぜて生まれたF1同士を組み合わせアルビノを生み出すと
やや強めのアルビノが出来上がる。
アルビノメダカの交配を続けるにあたってはアルビノ同士で組み合わせずに
普通種のメダカも組み合わせたほうが良い。

世代交配ごとに弱い性質が強く現れてくるということはアルビノの遺伝子が
弱い性質のものを有しておりアルビノが特殊な固体だということを如実に物語っている。
生き物であるから、普通の固体と比べ弱い部分があるという点をふまえてしっかりと飼育のコツを
つかんで育てたい。

 


アルビノメダカ弱点は次のようなものがある。

  • 視力が弱い
  • 水温の変化に弱い
  • 直射日光に弱い(当たると死亡する可能性がある)

 

アルビノメダカ育て方対策
アルビノメダカ育てるには、上記した弱点を補うような飼育方法をする必要がある。

  1. 他の種とは混泳させない。
  2. 直射日光が当たる場所で育てない
  3. 冬はヒーターで(20℃)前後に加温する。
  4. 餌やりをピンポイントに

 

1,他の種とは混泳させない
アルビノメダカは視力が弱い為、他の種と混泳させると縄張り争い
に負ける事も多く、そのために衰弱して病気などにかかりやすくなる。
餌とりも下手で他の種に奪われるので、アルビノメダカだけ
特別に餌を与える必要があり、手間がかかるので
混泳させるのはアルビノ種かダルマなどだけに留めておいた
ほうがよい。

2,直射日光が当たる場所で育てない
アルビノ特有のメラニン色素の欠乏により、直射日光には
非常に弱い魚にあたる。
そのため野外や窓際などの直射日光が当たる場所で育てる
事によって死にいたる
場合があるため。
直射日光が当たる場所で育てない。

3,冬はヒーターで(20℃)前後に加温する
アルビノメダカは冬場に入る前の水温の急変にも弱い
ので冬はヒーターで加温する必要がある。

4,餌やりをピンポイントに行う
アルビノメダカは視力が弱い為、餌をとるのが上手くない。
そのため水槽に残飯がのこりやすく
残飯が残る事によって水質が悪化する。

餌を与える場合はピンポイントに餌を与え、底に溜まった
残飯などを適切に取り除く。

稚魚はほとんど目が見えなく管理が難しい。
アルビノメダカの稚魚の餌の与え方は、餌は1日1回のみで
夜になりあたりが暗くなったら、水面にライトを照らす。
アルビノメダカの稚魚はライトの明かりの部分によってくるので
その場所に餌を与える。

上記の方法を2週間程度続けるとアルビノメダカの稚魚の目が
見えるようになってくるので普通に餌を与える。


アルビノメダカの種類

種類名説明
アルビノメダカノーマル体型
アルビノヒカリヒカリのアルビノタイプ
アルビノダルマダルマのアルビノタイプ
アルビノ半ダルマ半ダルマのアルビノタイプ
アルビノヒカリダルマヒカリ+ダルマのアルビノタイプ
アルビノヒカリ半ダルマヒカリ+半ダルマのアルビノタイプ

アルビノメダカの種類と同じカテゴリ

 

アルビノメダカの種類を見ている人は他にこんなページもみています

サメの種類
サメの種類

人を襲う危険な人喰いザメの種類や、小さいサメの種類、人に危害を与えないサメなど。サメの種類、をわかりやすい写真画像とともに、解説しているページです。小さいサメの種類ネコザメ猫鮫画像はイラストですが、実物もこんな感じ。近よらなければ危険性はない。浅海の海底付近に生息する。観賞用として飼育されることもある、最大全長の小さいサメ。イヌザメ(犬鮫出典浅いサンゴ礁の海底で生息するの小さいサメ。幼魚のときは黒……

タマゾン川の外来種
タマゾン川の外来種

都心に近い多摩川、現在は確認されているだけでも外来種が種ほど確認されていて、多摩川のことをタマゾン川などと呼ばれている。年にはタマゾン川が流行語大賞の候補にもなった。外来種が多摩川にいつくようになった原因は、飼えなくなった、もしくは飼育するのが飽きたような人が多摩川に魚を放流したのが原因でショップでよく販売されるような熱帯魚が多くみられる。その捨てられた熱帯魚の外来種が多摩川にいつくようになった要……