イカ 堤防からのウキ釣り 仕掛けやコツ

イカを釣るというと、ルアーのエギングで釣るという
イメージが強いという方も多いかもしれません。

イカはウキ釣りでも釣ることができる
対象でエギングのように専用のタックルや
細かいテクニックも不要
で比較的いろいろな層の
アングラーが気軽に楽しめる釣りの一つ。

 

太刀魚のウキ釣りをよくする人は結構似ているので
少しチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

一匹釣れるとまとめて2匹釣れることも
多いのでなかなか面白さがあります。

 

イカのウキ釣り 仕掛け エサ

仕掛けもかなり簡単で海釣り初心者でも
楽しむ事ができる。

タックルなどもそれほど高価なものも
不要で普通の海釣り用の竿とスピニングリールが
あれば問題なし。

 

仕掛け(道糸から)

 

道糸(ナイロン4~5号)

浮き止めゴム

シモリ

電気ウキ(細身のタイプ5~8号)

ウキストッパー

中通しオモリ

サルカン

ハリス(フロロカーボン3号~4号)

エギングで使う餌木(エサとしてキビナゴをくくり付ける)

 

使う餌木は夜行タイプのものがいい。
エサはキビナゴが一般的で、他には鶏のササミでも
いい。

 

餌木はオモリのないテーラータイプのものを
一つ目につけると、2杯まとめて釣ることもできます。
ただ防波堤から釣るときは投げることも多く
仕掛けが絡みやすくなります。

 

 

イカのウキ釣りの仕掛けはかなり太刀魚のウキ釣りに似ている。
違う点は、ケミホタルが不要なのと
針の部分が餌木になるぐらいであるので
太刀魚のウキ釣りをするついでに試してみてもいいですね。

 

イカのウキ釣り コツ

 

アタリの出方

潮に流されていウキが止まったり、ジワリと
ウキが沈みこむような当たりが多い。
この時はしばらく待つほうがいい。

ウキが一気に沈み込むアタリにはシッカリと
合わせを入れて仕留める。
フッキングしないと引き上げるときにあっさりと外れることも。

ベタ凪の時は誘いを入れないとあたりが出ない時も
あり、誘いはウキを軽く引っ張り20~30秒待ち、再度誘いを
かけるのを繰り返す。

 

タナ

対象のイカや釣り場にもよるが、サイズがいいものは
やや深め
のことが多く、3~4m程度のタナの事が多い。

タナ自体は釣り場によってかなり異なるので
アタリが出ない場合はいろいろ変更してみて
試すのが一番。

 

釣るコツ

竿は3本ほど出すのがいい、このイカのウキ釣りは
一匹がかかるとイカの群れでそれを追ってくることが
多い

沖のほうに仕掛けを出す時でも足元付近にも
一本仕掛けを落とし込んでおくと
まとめて釣れることが良くあるのでなかなか面白い。

 

イカ 堤防からのウキ釣り 仕掛けやコツと同じカテゴリ

 

イカ 堤防からのウキ釣り 仕掛けやコツを見ている人は他にこんなページもみています

アジの寄生虫と対策
アジの寄生虫と対策

アジに寄生するとされる寄生虫アニサキスウエノオ擬嚢尾虫に関してまとめてみました。漁獲量が多く、よく鮮魚コーナーでも手頃な値段で売られるアジ、あまり寄生虫がつかないと思われがちですが寄生するような種類が少しいます。アジの寄生虫ウエノオフナムシなどの仲間とされる寄生虫の一つ。主に魚の舌や、エラなどにとりつく寄生虫、見た目はシャコエビのような姿これが出てくるとかなりキモイ。前からみるとまるで小型のエーリ……