イコクエイラクブカ 寿命が50年と長いサメ

分布 大西洋、太平洋、地中海

表層から水深800mほどまで、主に沿岸域に生息。

体長 1,2m~1.4m 大きい個体で2mとサイズは小さいサメ

 

イコクエイラクブカは長寿なサメで非常に寿命が長い、50年ほど生きるサメ。
吻は長く、目は楕円形。

胸ビレ、背レビの端が少しだけ白く縁どられている。

歯は三角形に近く、側面にだけ鋸歯縁をそなえもつ、餌は雑食で
かなりいろいろなものを捕食する。
魚類、甲殻類、頭足類を主に食べている。

イコクエイラクブカは群れで行動することも多い
他のサメではアブラツノザメ、アカシュモクザメ、ネズミザメ(モウカザメ)などが群れで行動する。

全海域で乱獲されているため、絶滅が危惧されているサメの一つ。

イコクエイラクブカ 寿命が50年と長いサメと同じカテゴリ

 

イコクエイラクブカ 寿命が50年と長いサメを見ている人は他にこんなページもみています

オオメジロザメ
オオメジロザメ

メジロサメと広く言われているのは、メジロザメ科の海水魚をあらわす。人喰いザメと言われているメジロサメは人を襲った記録が多い熱帯、亜熱帯でよく知られているオオメジロサメを指す事が多い。過去には日本でもオオメジロサメによる事故も確認されている。メジロザメ科の種類メジロサメ科は属約種確認されている。その中でもメジロザメ属は種含まれる。メジロザメ属でもよく知られている種を紹介する。日本では小笠原諸島にメジ……

鱶(フカ)と鮫(サメ)の違い
鱶(フカ)と鮫(サメ)の違い

(上はサメの卵の写真)サメはフカとよばれたりすることもある。あまりサメの事を知らない人にはややこしくて分かりづらいと思うので鱶フカと鮫サメの違いを、調べてみた事を書いてみた。標準和名の鱶フカサメのなかでも標準和名にもサメとフカ、さらにはワニを用いられているサメの種類がいる。これは正式な和名なので、地方の呼び名とかではない。普通にフカやワニと名称されている。サメホホシロザメヨシキリザメイタチザメフカ……