イコクエイラクブカ 寿命が50年と長いサメ

分布 大西洋、太平洋、地中海

表層から水深800mほどまで、主に沿岸域に生息。

体長 1,2m~1.4m 大きい個体で2mとサイズは小さいサメ

 

イコクエイラクブカは長寿なサメで非常に寿命が長い、50年ほど生きるサメ。
吻は長く、目は楕円形。

胸ビレ、背レビの端が少しだけ白く縁どられている。

歯は三角形に近く、側面にだけ鋸歯縁をそなえもつ、餌は雑食で
かなりいろいろなものを捕食する。
魚類、甲殻類、頭足類を主に食べている。

イコクエイラクブカは群れで行動することも多い
他のサメではアブラツノザメ、アカシュモクザメ、ネズミザメ(モウカザメ)などが群れで行動する。

全海域で乱獲されているため、絶滅が危惧されているサメの一つ。


イコクエイラクブカ 寿命が50年と長いサメと同じカテゴリ

 

イコクエイラクブカ 寿命が50年と長いサメを見ている人は他にこんなページもみています

ホホジロザメ 日本にもいる人喰いサメ
ホホジロザメ 日本にもいる人喰いサメ

有名なサメの映画ジョーズでの悪役として登場したサメのホホジロザメ。ホホジロザメは獲物を狩るのが得意なサメでリットルの水に一滴の血が含まれているだけでも獲物の存在をみつけることが出来る。捕食するのはアシカやトドといった大型の海産哺乳類。ウミガメ類、他の種類のサメなども捕食する。大型サイズの体を維持するためには巨大で動きもそれほどでなく、数も多い海産哺乳類などを効率良く捕食している。ウミガメまで捕食す……

アオザメ
アオザメ

出典アオザメの生息地は世界の温帯から熱帯にかけての外洋域。日本には太平洋側や東シナ海にいる。名前の由来は体色が濃青色をしていることによる。全長を超える。サメの種類の中では最速で泳ぐ、最高は時速程度。表層から水深までも潜ることが確認されている。出現水温は度~度、活動的になるのは度~度で多くは度以上を好む。奇細が発達し、体温を海水より~度高くたもつことができる。同じ属にはバケアオザメという、深海サメの……