イソギンチャクと共生するエビ(海老)の種類

イソギンチャクと相性がいいエビの種類

イソギンチャクカクレエビ

サンゴイソギンチャクと相性がいい。
透明のボディ、テナガエビに近縁種で気性が荒い。

他の横エビなども捕食する。

 

イソギンチャクモエビ

ハタゴイソギンチャクやイボハタゴイソギンチャクと相性の良いエビの種類。
温和な性質のエビ。
しっぽを左右にふるユニークな性質をもつ。
尾を上に上げたポーズをよくとり
姿がシャチホコに似るので、シャチホコエビとも呼ばれる。

 

アカホシカクレエビ

シマキッカイソギンチャクと相性が良い。

海水魚の体の体表に付いた寄生虫をクリーニングすることでよく知られる
クリーナーシュリンプのエビの種類。
透明なボディにスポットが入る。
輸入数は少ない。

 


イソギンチャクと相性がいいカニの種類

 

アカホシカニダマシ

イボハタゴイソギンチャクと相性が良い。
脚が8本あり、ヤドカリに近い。

 

キンチャクガニ

体長1,5cmほど、体よりも小さい
カニバサミイソギンチャクをはさみにくっつけて歩く。
イソギンチャクを武器として装備するようなカニの種類。


イソギンチャクと相性がいいヤドカリの種類

ソメンヤドカリ

岩礁域に生息するヤドカリ、イソギンチャクを
殻につける
ユニークな性質をもつ。
イソギンチャクを殻に付けると、タコに食べられづらくなるため
といわれている。

イソギンチャクと共生するエビ(海老)の種類と同じカテゴリ

 

イソギンチャクと共生するエビ(海老)の種類を見ている人は他にこんなページもみています

防波堤釣り毒魚 初心者必見
防波堤釣り毒魚 初心者必見

防波堤釣りで釣れることもある毒魚や生物を写真画像をつけてまとめて紹介しているページ。防波堤釣り毒魚アカエイこげ茶色の体色で、縁が橙色。尾の部分に毒を注入するトゲが突き出している。死んだ個体でも注意する必要がある。砂の中に体を埋めて、目だけをだしていることが多い。このことから海水浴の際、被害に合う事がおおいようで踏みつけられそうになった所を毒針で刺されるというパターンが多い。沖にいそうだが、時期によ……

ギンポの種類
ギンポの種類

ヤエヤマギンポコケ取りの生体としてよく販売されているギンポの種類。水槽面、ライブロックの表面のコケを食べてくれ、役に立つ。ただテリトリー意識ががかなり強く混泳には気をつかう、同種でも水槽に匹のみでいれる。ヒゲニジギンポ綺麗な体色をしているギンポ。おおきな下あごのおおきな鋭い歯をもつ。手を近づけると噛もうとする。歯には毒腺があり、噛まれるとかなり痛みが続く。南日本で釣りでもつれるので、針はずしの際に……