イワシの釣れる時期・回遊ルート

群れがいれば比較的簡単にサビキやジグサビキで
釣れ続ける
イワシ。

 

味で比較すると他の魚と比べてそれほど旨いと
いうわけではないですが簡単に釣れ続ける魚の一つです。

 

太平洋側で多く釣れる「マイワシ」の釣れる時期や回遊ルート
について掲載しておきます。

 

マイワシの日本の沿岸部を回遊するおおまかなルートというのは
基本的にきまっており、季節的に訪れるエリアが異なります。
産卵、黒潮、餌というのがイワシの回遊キーポイントとなります。

 

主に回遊時に停滞しているエリアや、回遊ルートを通っているエリアが
イワシの釣れる場所です。

 

 

イワシの釣れる時期、季節の回遊

 

春の回遊ルート

イワシ回遊ルート春

 

 

マイワシは冬~翌春にかけては黒潮影響下がある
温かい沖合の海域で過ごす。

 

春~夏になると稚魚は黒潮の流れにのり図の索餌海域と
いうあたりに流れ着く。

 

この辺りにはマイワシの餌となるプランクトンが
黒潮域に比べると非常に豊富
でここである程度の期間を
過ごして成長する。

 

稚魚、ある程度成長した個体でも
沖合を回遊しているということもあり
この時期は堤防などからの釣りではマイワシは釣れる
ということは少ない。

 

夏の回遊ルート

イワシ回遊ルート夏

 

 

 

夏の時期も北海道から三陸の東沖合の
プランクトンの豊富な海域で過ごします。
このプランクトンな豊富な海域で栄養を貯めて
産卵の準備
を始めます。

 

早ければ夏の終わりごろから越冬の為に
黒潮域へと南下を始める。

 

 

秋の回遊ルート

イワシ回遊ルート秋

 

秋頃になると本格的にマイワシの生まれ故郷の黒潮域への
南下回遊が始まり、各地で釣れるようになります

 

大部分が年末までには房総半島沖の黒潮域に着く。

 

その後、マイワシの群れが各地の産卵場所へと
向かって回遊していきます。

 

このあたりの時期は、漁港に溜まり続ける場合
毎日でも多量に釣れ続けるということあり。

 

冬の回遊ルート

イワシ回遊ルート冬

 

冬になると図で乗せた産卵海域の各地で
多くのマイワシが釣れます。
12月でも産卵海域の漁港でもまだよく釣れます

 

マイワシは2~4月に黒潮域で産卵が行われるようで
黒潮の流れがある海域で、広範囲に産卵します。

 

稚魚は孵化すると黒潮の流れにのり、図で
示した索餌海域あたりまで流れつきます。

 

黒潮は1日50km~100kmの流れがあり、マイワシの稚魚は黒潮の中で
ノープリウス幼生というプランクトンを食べて
成長しながらもプランクトンの多い海域に
流れつくようです。

 

 

イワシの釣れる時期 まとめ

イワシ回遊ルート

 

マイワシのおおまかな回遊ルートは 夏は親潮域で
栄養を蓄えた後、冬は黒潮域で産卵し、また親潮域へと
回遊するという流れ。

 

季節的に回遊して停滞している漁港などでよく釣れます
回遊といってもイワシは魚群の数も多く
各地で釣れることになります。

 

産卵海域などでは数か月同じ漁港などに溜まり
続けることもあるので、釣果サイトなどでイワシの
大量の釣果が出たら、後日釣りに行っても釣れる
ということは
多いです。

 

イワシの釣れる時期・回遊ルートと同じカテゴリ

 

イワシの釣れる時期・回遊ルートを見ている人は他にこんなページもみています

アジサビキ仕掛けや釣り方まとめ 大阪湾の釣り場
アジサビキ仕掛けや釣り方まとめ 大阪湾の釣り場

アジサビキ釣り、アジの下処理、調理法、大阪湾の釣り場に関してサイトでいろいろと書いたアジに関しての記事などをまとめて紹介しているページです。アジの釣り方初心者の方のために一様仕掛けを載せておきます。市販サビキのパッケージの裏にこのようにサビキの釣り方がよく載っていますサビキの説明仕掛けの一番下にカゴをセットし、その中にマキエを入れます。そのまま海へ落とせばマキエが散り、つられて魚がかかります。時、……

アジング夜釣り入門 メタルジグで狙うコツ
アジング夜釣り入門 メタルジグで狙うコツ

ルアーフィッシングでも人気のあるアジングゲーム。シーバスのように、場所、時間、濁り、等いろいろな条件を狙わなくても比較的釣れやすいということも人気の一つでしょうか。アジはかなりの数が日本のいろいろな場所に生息していてるということもあり、場所をそれほど選ばなくてもルアーでも気軽に狙っていけるというのもいいです。メタルジグのみを使って夜釣りでアジを狙うコツなどを色と掲載しておきます。メタルジグは夜でも……