ウツボ(ハナヒゲウツボ、トラウツボ、クモウツボ)の混泳

ウツボの種類はおもに単独飼育が望ましいが、ヤッコ類大型種、中型 ハギ類なら
混泳は可能。

小さい種類の海水魚やエビなどは、いつのまにか
いなくなる可能性があるので、混泳させるのは止めておいたほうが良い。
主に夜などにやられることが多いようだ。

混泳させるならウツボの食欲を常に満たしてあげる
必要があるが餌を与えすぎると水質の問題がある。

ウツボ(ハナヒゲウツボ、トラウツボ、クモウツボ)の混泳 可能の海水魚一覧

大型ヤッコクイーンエンゼルフィッシュ、キングエンゼルフィッシュ、ロックビューティー、グレイエンゼルフィッシュ、フレンチエンゼルフィッシュ、マジェスティックエンゼルフィッシュ、アデヤッコ、ワヌケヤッコ、タテジマキンチャクダイ、サザナミヤッコ
ハコフグハコフグ、ミナミハコフグ、コンゴウフグ、ストームトランクフィッシュ、シマウミスズメ、クロハコフグ、ラクダハコフグ、ブルーボックスフィッシュ
ハタユカタハタ、ニジハタ、アカハタ、オジロハタ、バラハタ、マダラハタ、アカマダラハタ、アオノメハタ
ミノカサゴカサゴ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、ウルマカサゴ、セムシカサゴ、キリンミノ、キミオコゼ、ネッタイミノカサゴ、ヒメヤマノカミ、シマヒメヤマノカミ、ヒレボシミノカサゴ
ハリセンボンハリセンボン、ネズミフグ、ヒトヅラハリセンボン、スパイニイボックスフィッシュ、ブライドゥルドバーフィッシュ
フグサザナミフグ、ミゾレフグ、コクテンフグ、スポテッドトビー、ホワイトスポテッドトビー、 ハニカムトビー、シャープノーズドパファー、シマキンチャクフグ
アイゴヒフキアイゴ、ヒメアイゴ、ワンスポットフォックスフェイス、ブラウンイエローフォックスフェイス、レッドフォックスフェイス
コバンザメコバンザメ
ナンヨウハギキイロハギ、ブルータン、アカツキハギ、クログチニザ、クロハギ、サザナミトサカハギ、シマハギ、テングハギ、ニジハギ、ニセカンランハギ、ヒレナガハギ、モンツキハギ、パウダーブルー・タン、ゴマハギ、ナンヨウハギ、イエローテイルサージョン、ナミダクロハギ
コショウダイダイダイコショウダイ、チョウチョウコショウダイ、ムスジコショウダイ、アジアコショウダイ、アヤココショウダイ
モンガラカワハギモンガラカワハギ、アカモンガラ、ムラサメモンガラ、クマドリ、ムスメハギ、クイーントリガー
ベラキューバンホグフィッシュ、スパニッシュホグフィッシュ、カンムリベラ、アフリカンクラウンラス、ツユベラ、クギベラ、シチセンベラ、ニシキベラ

ウツボ(ハナヒゲウツボ、トラウツボ、クモウツボ)の混泳 注意の海水魚一覧

小型ヤッココガネヤッコ、ヘラルドコガネヤッコ、ピグミーエンゼルフィッシュ、アフリカンピグミーエンゼルフィッシュ、ルリヤッコ、エイブルズエンゼルフィッシュ、ソメワケヤッコ、フレイムエンゼルフィッシュ、ポッターズエンゼルフィッシュ
ハナダイキンギョハナダイ、シモフリタナバウオ、サラサハタ、ブルーハムレット、ヌノサラシ、シャイハムレット、スイスガード
ツバメウオツバメウオ、ナンヨウツバメウオ、アカククリ、クロホシマンジュウダイ、シロガネツバメウオ、ヒメツバメウオ、ミカヅキツバメウオ
ウツボウツボ、インディアン・モレイ、アセウツボ、ハナヒゲウツボ、トラウツボ、ゼブラウツボ、クモウツボ
マツカサウオマツカサウオ

ウツボ(ハナヒゲウツボ、トラウツボ、クモウツボ)の混泳 不可の海水魚一覧

クマノミクマノミ、カクレクマノミ、ハナビラクマノミ、トウアカクマノミ、ハマクマノミ、セジロクマノミ
イソギンポフタイロカエルウオ、マイダスブレニー、レッドリップブレニー、ヤエヤマギンボ、コウワンテグリ、スミスブレニー、オウゴンニジギンポ、オウアランフォークテイルブレニー、ヒゲニジギンポ、セダカギンポ、ベニツケタテガミカエルウオ、スムースフィンブレニー、ハナダイギンポ
スズメダイルリスズメダイ、スズメダイ、ブラックネオンダムセル、フィジー・ダムセル、スプリンガー・デムワーゼル、ブルークロミス、ボウグレゴリー、クジャクスズメダイ、セナキルリスズメダイ、ヤマブキスズメダイ、デバスズメダイ、アオバスズメダイ、シリキルリスズメダイ、エイジャー・デムワーゼル、オレンジテール・ブルーデビル、クロスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、クラカオスズメダイ、モンスズメダイ、ミスジスズメダイ、ミスジリュウキュウスズメダイ、ソラスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、クロソラスズメダイ、オヤビッチャ、ロクセンスズメダイ
カワハギヒゲハギ、レッドテイルドファイルフィッシュ、ファイルフィッシュ、アミメハギ
ハタタテハゼハタタテハゼ、アケボノハゼ
グラマロイヤルグラマ、ブラックキャップグラマ
ハゼクビアカハゼ、ガラスハゼ、ヤマブキハゼ、ギンガハゼ、ネオンゴビー、ブルーバンデットゴビー、コバンハゼ、キイロサンゴハゼ、オトメハゼ、アカチハゼ、サルファゴビー、ブルーバーリボン・ゴビー、ニチリンダテハゼ、ゼブラハゼ
ゴンペベニゴンペ、クダゴンペ、メガネゴンペ、ミナミゴンペ
ジョーフィッシュイエローヘッドジョーフィッシュ、ゴールドスペックスジョーフィッシュ、ブルースポットジョーフィッシュ、スポットフィンジョーフィッシュ、ダスキージョーフィッシュ
ネズッポサイケデリックフィッシュ、マンダリンフィッシュ


※ この一覧表は一般的な相性のものです、サイズ、固体、環境によっては混泳が無理な場合も多く存在します。

 

ウツボ(ハナヒゲウツボ、トラウツボ、クモウツボ)の混泳と同じカテゴリ

 

ウツボ(ハナヒゲウツボ、トラウツボ、クモウツボ)の混泳を見ている人は他にこんなページもみています

フグの混泳
フグの混泳

フグの種類の混泳は同種では必ず争いがおきるので不可。基本的に水槽で種類匹のみで飼育したほうが良い。他の魚との混泳もフグが小さいときは問題がおきづらいが、大きく成長すると鰭をかじったりするので混泳できなくなる。無脊椎動物との混泳は不可で小さいフグでも混泳させると殺してしまう。下の表は幼魚の時のもので、ある程度の大きさに成長すると性格が荒くなり、他の海水魚を齧るので混泳できなくなる種類も多いです。……

小型ベラ(ホンソメワケベラ)の混泳
小型ベラ(ホンソメワケベラ)の混泳

小型ベラの種類の混泳、は同種の場合はほとんど不可で水槽にいれた時は争っていなくても、いずれかなり激しい争いがはじまりどちらかが死ぬか、両方死ぬまで争いを止めない。他の海水魚との混泳は比較的おこないやすい、無脊椎動物との相性も良い。ベラ科の種類のほとんどの魚は夜になると柔らかい砂地にもぐりこんで眠りにつく、ベラ科を飼育するときは底にサンゴ砂をしいてあげると良いだろう。底に砂がなくてもライブロックなど……