ウーディニウム病

ウーディニウム病 白点病との違い

ウーディニウム病は白点病と見分けにくい病気で、
目視で発見するのは難しい。

白点病と同じく、体表に白い斑点が現れたり消えたりを
繰り返すが、白い斑点が小さいので目視で確認しづらい

違う点は病気の進行具合によって、海水魚の体色がやや黄色く
なってくる。
白点病にくらべて症状の悪化が早い、など。

チョウチョウウオ、スズメダイの稚魚などが
ウーディニウム病かかりやすい。

 

ウーディニウム病 原因

直接の原因はウーディニウム・オケラタムが海水魚の鱗に寄生して
発病する病気。

ウーディニウム病の発生原因になるのは、水槽の水質が悪化
していたり、水の温度が高温の場合に発症しやすい。

ウーディニウム病 症状

ウーディニウム病にかかると海水魚が以下のような行動を起こすようになる。

  • フィルターからの排水口近くや、水槽の端でじっとする。
  • 海水魚の呼吸が早くなる。
  • 海水魚がライブロックなどに自らの体をくるっと体を捻ったように素早くたたきつけたり
    する動作を何度も繰り返す。

 

ウーディニウム病 治療

ウーディニウム病の治療は、ほぼ白点病の治療と同じ。

ウーディニウム病と同じカテゴリ

 

ウーディニウム病を見ている人は他にこんなページもみています

トリコディナ病
トリコディナ病

トリコディナ病はクマノミがよくかかる病気の一つ。ただ、クマノミの場合はイソギンチャクと共存させることによってトリコディナ病にはかなりかかりづらくなる。かかったとしても自然治癒しやすいようだ。トリコディナ病はリムフォシスティス病やウーディニウム病よりも進行が早く、直に治療しないと数日で死ぬ可能性がある。症状の見た目は、体表に薄い半透明のまくができたような状態になる。原因はコンディションが悪い魚の体表……

ろ過の種類
ろ過の種類

海水魚飼育に関してのろ過の種類はいろいろあり、海水魚にあわせてろ材を使用するとどのフィルターも使用できる。フィルターは海水可能と記載されているものを利用する。ろ過の種類底面式フィルター水槽底面にろ材をしきつめて使用するろ過の種類。ろ過の面積が大きく、モーターが水中のなかにあるので音も静か。掃除の際に水質を悪化させやすく。他のフィルターとくらべると海水魚を白点病にさせてしまいやすい。その点あまり初心……