エンゼルフィッシュの種類 ゲニカントゥス属

エンゼルフィッシュ ゲニカントゥス属


Genicanthus上記の図では上から3番目に記載されている。
ゲニカントゥス属の特徴がよく現れていて、尾ヒレの上下が長い
ヒレナガヤッコの仲間、流線型の魚体は性転換後オスは
模様が変化する。
水深が深い開けた場所に生息する。
食性は動物性プランクトンの種が多い。

 

  • ピトクアンエンゼルフィッシュ
  • ゼブラエンゼルフィッシュ(Genicanthus caudovittatus.)
  • ヤイトヤッコ(Genicanthus melanospilos.)
  • タテジマヤッコ(Genicanthus lamarck.)
  • ヒレナガヤッコ(Genicanthus watanabei.)
  • オーネイトエンゼルフィッシュ(Genicanthus bellus.)
  • トサヤッコ(Genicanthus semifasciatus.)

各共通項目を次のように記載してある

  1. 名前
  2. 分布

 


  1. ピトクアンエンゼルフィッシュ
  2. クック諸島 ラロトンガ、ピトクアン、アウストラル諸島

特定の海域にしか生息しないエンゼルフィッシュ。
水深30mと深い場所に生息する。
雌は淡い青色をしていて、雄になると背中部分に黒い縦縞が現れる。
雄はハーフバンデッドエンゼルフィッシュに良く似る。

 


  1. ゼブラエンゼルフィッシュ
  2. 紅海、東アフリカ沿岸、モリーシャス、スリランカ

名前のようにセブラ模様が出るのは雄であって
雌や幼魚は大部分が青白い。ヤイトヤッコとよく似る。
雌や幼魚は魚体がやや白く、ひれが少し青っぽい。
幼魚の時期の色合いはなかなか美しさがある。
マリンアクアリウムで飼育する際も幼魚のほうが順応しやすい。

ゼブラエンゼルフィッシュの画像


ゼブラエンゼルフィッシュの画像
By: Tim Sheerman-Chase


  1. ヤイトヤッコ(ブラックスポットエンゼルフィッシュ)
  2. 沖縄以西の西太平洋、フィリピン、インドネシア、パプアニューギニア、グレートバリアリーフ

日本の海域ではポピュラーな種、別名はブラックスポットエンゼルフィッシュと呼ばれる。
その名前のように雄の腹部中央に黒点が現れることがある。
このエンゼルフィッシュも雌、幼魚と雄がかなり異なる。

ヤイトヤッコ雌の画像


ヤイトヤッコ雌の画像
By: Moto “Club4AG” Miwa

 


  1. タテジマヤッコ
  2. 和歌山以南の西部太平洋、フィリピン、インドネシア、パプアニューギニア
    グレートバリアリーフ

黒い縦縞模様と尾ビレが両端が長いのが特徴のエンゼルフィッシュ。
雄の特徴は腹ビレが黒い、尾ビレの上下に黒いふちがない、額に黄色い斑紋がある。
雌の特徴は腹ビレが白い、尾ビレの上下に黒いふちがある。

ヤイトヤッコと同じような海域に生息する。生息域が重なっているためかヤイトヤッコとの
交雑種が見られることもある。
水深10mと浅いサンゴ礁域に生息するためダイビングでも確認しやすい。
海底や壁に隠れ家があり、危険を感じると隠れる。
マリンアクアリウムでは流通量が多くポピュラーな種


  1. ヒレナガヤッコ
  2. 西部太平洋、フィリピン、ミクロネシア海域、グレートバリアリーフ

魚体の美しいエンゼルフィッシュ。
雄になると下腹部にはっきりと白と黒の
縦縞模様
が現れる。


  1. オーネイトエンゼルフィッシュ
  2. 沖縄、フィリピン、インドネシア、ココスキーリング、マーシャル諸島、タヒチ

幼魚はメタリックブルーと黒、雄は淡い茶色にオレンジのラインが入るエンゼルフィッシュ。
水深40m付近に生息している。マリンアクアリウムのペットとしては
人気が高く、フィリピンやインドネシアから入荷する。
深い海域で採取される魚は減圧処理が適切になされてないと長期飼育は難しい。
購入するのは幼魚の方が安全。

 


  1. トサヤッコ
  2. 伊豆諸島以南、台湾、フィリピン

以前は雄、雌、が別種と区別されていた。
日本を代表するエンゼルフィッシュ。
雄は頭部が黄色くなり背中にトラ模様が入る
八丈島では1年中、ダイビングで見ることができる。
フィリピンからよく輸入される、体が小さい固体でも雄化するときもある。

 

    エンゼルフィッシュの種類 ゲニカントゥス属と同じカテゴリ

     

    エンゼルフィッシュの種類 ゲニカントゥス属を見ている人は他にこんなページもみています

    エンゼルフィッシュの種類 キートドントプルス属
    エンゼルフィッシュの種類 キートドントプルス属

    エンゼルフィッシュキートドントプルス属キンチャクダイアカネキンチャクダイキヘリキンチャクダイホシゾラヤッコスクリブルドエンゼルフィッシュクイーンズラインドイエローテールエンゼルフィッシュウエスタンイエロテールエンゼルフィッシュチリメンヤッコバリナエンゼルフィッシュ各共通項目を次のように記載してある名前分布キンチャクダイ南日本、台湾、ベトナム日本では本州沿岸で、通年見かける種水温が高くなる台湾、ベト……

    タツノオトシゴの飼育 育てるのは難しい?
    タツノオトシゴの飼育 育てるのは難しい?

    タツノオトシゴ特徴タツノオトシゴの画像名前タツノオトシゴ生息地日本各地餌冷凍ブラインシュリンプ全長日本の各地で普通に見られるタツノオトシゴ、様な色彩の固体がいる。アクアリウムショップやペットショップではあまり売られない。ヤフオクでは普通によく販売されている、値段は匹千数百円程度でまとめて数匹で引き取られている。タツノオトシゴ飼育マリンアクアリウムのペットとして飼育するのは海水魚の中では普通程度の難……