オオワニザメ シロワニと似るサメ

オオワニザメの分布は 地中海、東太平洋、カリフォルニアからマダガスカル島にいたる
インド洋、太平洋

水深 15m~900m

体長は平均3m~3.5m、大きな個体は4m

主に、沈没船や残骸物、海中の断崖の近辺などや
海底でみられる
餌は同じような層に生息する底生魚や甲殻類など。

習性は群れをなして、季節的な回遊を行うなど。

繁殖方式はシロワニと同様の卵食・共食い型と考えられているようだ。

 

オオワニザメの画像

シロワニの画像

By: adam w

同じオオワニザメ科のシロワニとかなり似ているサメ
写真上、オオワニザメ、写真下、シロワニ。
写真では少々わかりづらいかもしれないが、口の周りの歯が突き出ている
部分などはかなり似ている。
シロワニと異なる点は、オオワニザメは瞳孔が円形で大きい。
第一背ビレが非常に大きいなど。

他の近縁種では、ミズワニなども居る
日本では中部以南の沖合域に分布するサメ。
ミズワニは全長1mほどで、外洋性なので
今まで人間に対しての被害例はない。

 

近縁種とともにオオワニザメ、シロワニ、ミズワニなどと和名に
ワニがつくが、どれも生物学上サメの種類。
サメはワニ、フカなどと呼ばれることもある詳しくは。

 

 

他の水族館などはあまり搬入の例はないようだが
名古屋の蒲郡にある竹島水族館では定期的にオオワニザメの
搬入
があるようだ。

竹島水族館は一度いってみたことがあるが、それほど規模は大きくはなく
大型の展示水槽などはないが、なかなか密度がある水族館で興味深かった。
なんといっても入場料がワンコインで気軽に入れる水族館の一つである。

もとは竹島の観光の予定であったが、竹島水族館のほうがかなり
印象に残っている。

 


オオワニザメ シロワニと似るサメと同じカテゴリ

 

オオワニザメ シロワニと似るサメを見ている人は他にこんなページもみています

サメの種類 共食いするシロワニ
サメの種類 共食いするシロワニ

シロワニの生息域は沖合いの浅瀬、難波船、洞窟、サンゴ礁、など。日本での生息地は、小笠原の父島、婿島。大きさは~程度にまで成長する。サメというのは単独行動が多いが、シロワニはときに匹ぐらいの群れで餌を探すこともある。他のサメと少し違う習性として、シロワニは口を半分あけて泳ぐという一風変わった所がありこの姿がいかにもサメという雰囲気をだしている。常に歯が見えた状態なので見た目は恐い姿だが、性質はわりと……

アブラツノザメ 世界でもっとも個体数が多いサメ
アブラツノザメ 世界でもっとも個体数が多いサメ

出典アブラツノザメの分布は広く世界各地に分布する。グリーンランドからアルゼンチン、アイスランドからモロッコまでの東西大西洋。地中海、黒海、ベーリング海、チリ朝鮮半島から南オーストラリアまでの東西太平洋。寒冷な海域を好み、ときに湾内や入り江などでもみられるサメ。冷水域で生息し、度以上の水温に耐えることができない。アブラツノザメの体長は平均的に~、大きい個体でほどなので小さく人間に対してそれほどの危険……