オコゼの漢字 鰧

漢字は魚へんの「鰧」オコゼと読む。

 

鰧 オコゼの特徴


(オニオコゼの写真)

オコゼというとオニオコゼのことを指す
他に種類はいるが食用になるのもオニオコゼのみ。

 

かなりごつごつとした体をしていて
背びれのトゲには毒がある

 

生息場所によっては体の色がことなる。
これは根魚にはよくあること。

 

トゲに毒はありますが、食材としては
もうしぶんない味。
フグなどに味が似ている。

旬は春から夏にかけて、弾力のある
肉質がなんともいえない食感がある。

 

オコゼの地方の呼び名

 

オニオコゼ(一般)
シラオコゼ(小田原)
イオコゼ(明石)
オクシ(九州)
オクジ(秋田)
オコジョ(北陸)

 

鰧 オコゼの名前の由来

 

その姿から名前が来ている
という説が一般的。

 

まず、オコは痴(愚かという意)と同源
オコゼの容姿がひどいということから
来ているという説。

 

次に、オコリ(瘧、怒り)のオコと関係があり
怒り顔をしているようなので
ついたという説もある。

 

鰧の漢字 由来

オコゼは虎魚などとも書き、これも怒り顔をしている
恐ろしい容貌からきている。

 

「鰧」の由来は
昔は中国では別の魚に使われている
漢字だった。

 

それをを間違ってオコゼに使っていたものが
現代まで使われているようだ、中国でも現代は鰧は
オコゼを表す。

 

中国の古典『山海経』に出てくる。

「合水、その陰より出でて、北流して洛に注ぐ。
鰧魚多し。状は鱖の如く、きに居る。蒼文赤尾」

 

とここに出てくる魚はコウライケツギョという魚
この魚と間違って、オコゼに「鰧」の漢字を
つけてしまったようだ。