カクレクマノミの寿命

カクレクマノミの画像

カクレクマノミ飼育寿命

カクレクマノミの平均寿命は飼育下では主に10年前後
飼育下の条件がよければ20年以上の飼育されて
いるアクアリストの方もいる。

なので数十年もたたずに死んだと言う場合は
寿命が原因ではなく病気や飼育下の条件になんらかの問題が
ある場合があることがほとんど。
もう一度カクレクマノミの飼育にチャレンジすると
いう場合は、飼育下の条件を見直してあげてから
飼育してあげよう。

カクレクマノミはイソギンチャクとともに飼育しないと
ストレスが溜まったり病気にもかかりやすくなるので、長生き
させ寿命を伸ばすには、イソギンチャクとともに飼育するのが良い場合が多い。

 

自然下で長生きしたカクレクマノミは、カクレクマノミと違って
長くいきた魚に感じられるごつごつした感じがあり
顔の彫が深く年を感じさせる風貌となる。

 

カクレクマノミを産卵させると寿命が縮まるとの意見もあり
ただ詳しいデータはとれていないので、自然に
幸せに飼育してあげるのがよいかと思いますね。

カクレクマノミの寿命と同じカテゴリ

 

カクレクマノミの寿命を見ている人は他にこんなページもみています

リーフィーシードラゴン
リーフィーシードラゴン

リーフィーシードラゴンの画像リーフィーシードラゴンは画像のように個性的な姿をしている。タツノオトシゴの種類ではなく、ヨウジウオ科の海水魚。よくタツノオトシゴ展などでも水族館で展示されるようだ。生息地はオーストラリア南西部沿岸。体長は成魚でほどで、大きな固体になるとまで成長するものもいる、大部分は前後で成長が止まる。リーフィーシードラゴンは水族館ではその独特の姿から初めて見る人に強い印象を与えるので……

ライブロック コケ取り
ライブロック コケ取り

水槽のコケの原因としては以下のようなことが考えられる。照明時間がながすぎる太陽光が水槽に当たっている。硝酸塩の上昇海水魚の数が多すぎる海水魚への餌の与えすぎコケの原因への対策としては。照明時間を短くする太陽光が当たらないような場所に置く。水換えを行う(濃度測定も)海水魚の数を減らす。ろ過の強化、水換えを多くする。餌を減らす。食べなくなるぐらいまで多く餌をやるのは多すぎ。知らないところで吐き出してい……