カサゴには毒があるのか?

新しく釣れた魚が毒があるか、食べれるかどうか
などは気になる要素の一つかと思います。

根魚でわりといろいろな場所で釣れることもよくある
普通のカサゴに毒があるのか?

 

 

よく釣れる普通の カサゴ
(写真のカサゴよくどこでも普通に釣れる)

そして普通のカサゴ以外の他の種類毒があるもの
などを調べて掲載してみました。

 

 

カサゴ毒が強力な種類

 

カサゴには強力な毒をもつ種類がいろいろ居ます。
しかし、よく生息している地域でないと
釣れることはないかと思います。

東京や大阪などの都市部など(特に陸からの釣りでは)
簡単に釣れる事はあまり無いと思いますが
自分が釣ったものと確認しておきたい方も多いかと思いますので
写真などを載せておきました。

 

主にこれらのカサゴの種類は背ビレの棘に毒腺があって
毒性が強いものが多い
ので、もし釣れたとしたら
取扱いに注意が必要です。

ミノカサゴ

ミノカサゴの写真画像

カサゴの中でも綺麗なほうで観賞用としてよく飼育されることもある種類。
ヒレに毒をもちこちらも刺さると激痛が伴う。
ちなみに割と生命力があり飼育しやすい種類の魚です。

ミノカサゴは水族館などでみかけた方も多いので知っている人も多いはず。
見た目からして毒をもっていそうなので大丈夫かと思いますが。

 

ハチ

ハチの画像
出典 : https://ja.wikipedia.org/

一見して毒がありそうな感じの魚で、実際に背ビレには毒があると
いわれていて刺されると痛みます。

棘の鰭膜には大きな眼状斑があり見分けやすい魚です。

他の特徴は、下顎に白色のひげ、胸鰭が非常に長いなど。
体長12cm程で小さいカサゴの種類です。

 

ハオコゼ

ハオコゼの画像
出典 : https://ja.wikipedia.org/

和名のように葉のような形と色をしたオコゼ、背ビレの棘に毒腺があって
刺さると激痛が起こる。
死に至るほどの毒ではなく、数時間で痛みは収まることが多い。
割と小さい魚だが毒をもっているのでやや注意が必要。

 

オニカサゴ

かなり毒性が強いカサゴ、南日本、朝鮮半島南部、ハワイ、インド洋に分布する。
水深のやや深い場所にいることが多いカサゴ。

刺されると激痛をともない痛みが数時間続く。
毒性が強く呼吸困難にもなる恐れもあるために、かなり取り扱いには注意する必要あり。
危険性をともなうカサゴ。

 

オニオコゼ

浅い場所の砂地に生息していることが多い。

背ビレの棘に毒腺があり、こちらも刺されると激痛をともない痛みが数時間続く。
危険性をともなうカサゴの一種。

 

カサゴには毒があるのか?

 

おそらくカサゴの毒 などと調べた人などは
一般的によく堤防などから釣れるカサゴ(笠子)に毒があるか
どうかが気になった方が多いかと思います。

 

カサゴ 赤っぽいの
(カサゴ 赤色)
カサゴ 黄土色っぽいの
(カサゴ 黄土色っぽい色)
上の写真に写っている魚が普通のカサゴです、色がやや異なりますが
生息環境で色が変わります。
これ以下に書くのはすべて写真の普通のカサゴの事です。

 

カサゴは根魚で見た感じごてごてとした岩場があるような
釣り場に生息していそうですが

割と都市部などの湾港部、足場のいいような釣り場で
サビキなどでも釣れる
ので、釣り初心者の方でもよく釣れることが
ある魚です。

 

テトラの所で穴釣りすれば、都市部でも簡単に数十匹ぐらいは
釣れる魚で、それほど身近な所によく生息しています。
サビキに飽きたりしたら穴釣りなどしてみても
いろいろな魚が釣れるので面白いです。

 

さて本題のカサゴに毒があるかという事ですが

 

普通のカサゴいろいろな本や辞典などの正式な資料をみてみましたが
『毒がある』などというような内容の資料を見たことはありません

 

世界大百科事典第二版 カサゴ(笠子)

カサゴ目フサカサゴ科に属する海産魚の総称,またはそのうちの1種を指す。フサカサゴ科Scorpaenidae は別名カサゴ科ともいい,日本産としてはカサゴ,メバル(イラスト),ハチ,ユメカサゴ,ヒオドシ,ミノカサゴ,フサカサゴ(イラスト),アコウダイ(イラスト),バラメヌケ,シロカサゴなど72種に及ぶ種類を含む。英名は体型や体色からrock fish,scorpion fish といわれるが,後者は頭部のとげや突起に触れると痛いこと,および仲間にハチやミノカサゴのような毒魚がいることからも名付けられたものであろう。

世界大百科事典第二版にカサゴの毒に関する資料がありましたが
ハチやミノカサゴはしっかりと毒魚とされていますが、カサゴに関しては
毒魚扱いされていません

 

普通のカサゴに少しでも毒があるかということはわかりません。
正式な資料に特別取り立たされていないということは
人体に『被害が出るような毒は無い』とも判断できます。

 

普通のカサゴに毒は微弱にある、もしくは
無いのかもしれません

 

実際に二十数センチぐらいのカサゴの背びれの棘に何度か直接触れたことがありますが
毒魚に刺された時特有の、刺された部分に異物が混入するような感じが
ありません
でした。
(カサゴのサイズにより毒の強度が変わるという意見もあり。)

 

そして普通のカサゴがあまり毒魚扱いされていないうえに
こういう料理のレシピまであり。

 

カサゴ 姿揚げ

 

姿揚げなどにしてヒレまで完全に食している方もいるようです。
たたカサゴ系の毒はペプチドというタンパク質で
熱を加えると毒性が収まるということで問題がないのかもしれません。

 

ネットで調べてみてもカサゴに毒があるか、ないかはに関して
カサゴに毒があるのと、毒がない
両方の意見にも別れているようです。

カサゴに毒があるも、毒がないなどに関して
正式な資料の出典なども掲載されていることもほとんどないので
普通のカサゴの毒があるかどうかという事は確実な根拠もありません。

 

 

しかし、少なくとも普通のカサゴの棘に刺ささって
我慢ができない痛みが伴うものでもないようです

ふつうのカサゴの場合それほど神経質になる必要もないでしょう。

毒がある、なしに関わらずカサゴの背びれの棘に直接触れると
さすがに痛い事は変わりませんのでそのあたりだけ注意を。
カサゴを興奮させるとヒレのトゲを急に立てることがあるので
その時に誤って突き刺さることがよくあります。

 

カサゴには毒があるのか?と同じカテゴリ