ガーパイクの種類

ガーパイクの種類は肉食であるが、見た目とは異なり
温和な魚で、他のガーパイクの種類や大型魚などと
混泳してもほとんど争うことがない

そのため、他の大型魚などと混泳している水槽をよく見かける。

低温への耐性もある種類も多く、温度変化の少ない暖かい室内で
あれば冬でもヒーター無しで飼育できるもの多い

低温への耐性があるので、日本の川や池などに密放流されても
冬に死ぬことがなく生息している個体もよく見かけられている。

 

ガーパイクの種類一覧

アリゲーターガー
プラチナアリゲーターガー
ショートノーズガー
ロングノーズガー
スポッテッドガー
トロピカルジャイアントガー
ニカラグアガー
マンファリ

 

ガーパイクの種類

 

アリゲーターガー

アリゲーターガーの画像

By: Cliff

飼育下でも全長2m以上にまで育つ大型魚
1000円前後で、小さいサイズの幼魚がかなりの数
販売されている。

飼育したいと衝動に駆られると簡単に手を出せる
種類の魚なのでついつい買ってしまいがちだが
成長は非常に速いので後あとのことまで考えてから
購入するべき。

成長したときの全長や価格などから、ガーパイクの中
では、一番密放流されやすい

 

小さい幼魚でも、餌を毎日しっかりとやり続けると
1年で1m程度にまで成長する。
しかしこれは2m近くの大型水槽で育てた場合であって
もう少し小さい水槽だとそこまで大きくはならない。
それと餌の量をかなり控えめにすると成長速度は
かなり落ちる。

日本各地の池や川などでも発見されている魚であり。
低温の耐性もそれなりにあります。

 

プラチナアリゲーターガー

プラチナアリゲーターガーの画像
出典 – https://www.youtube.com/

アリゲーターガーの白化個体、アルビノではない
種類
のタイプです。

ガーパイクの細かい鱗の感じと白さがあいまって
なかなか極上の美しさをもっています。

アルビノの個体はいろいろと問題がある魚が多いの
ですが、こちらは普通のタイプですので
特に普通のアリゲーターガーと同じ飼育方法で
問題がないです。

主に輸入されてくるのは養殖場からで。
自然下でもこのタイプのものは生まれるのですが
天敵に目立ちやすくて大きく成長する前にほとんどの
個体が食べられるようです。

あまり出回らない個体なので価格はかなり高額です。

他の大型魚も同様にプラチナタイプの個体はあまり
出回らないので欲しいとおもったら買っておいたほうが
良い場合も多いです。
出ない時期は数年ぐらい出ないときもあります。

 

ショートノーズガー

ショートノーズガーの画像
出典 – https://www.youtube.com/

名前のように短い吻が特徴のガーパイクの種類。

幼魚の体中央に黒いラインが入るが、成長とともに
ぼやけた感じになり
最終的には消えていく。

主に養殖されているものが、輸入されて販売されている。

全長は最大70cm程度とそれほど
大きくはならないので、一般家庭でも飼育しやすい。

 

ロングノーズガー

ロングノーズガーの画像

By: Cliff

こちらは長い吻が特徴のガーパイク、特徴とも呼べる吻が
長い
のが見た目がよいからか、わりと人気がある。
小さい個体がよく輸入されている。

吻が長いので、あまり大きい餌は捕食できない。

全長はショートノーズガーと同じように最大70cm程度とそれほど
大きくはならないので、一般家庭でも飼育しやすい。

分布がカナダなどにもあるので、低温への耐性がある。

 

スポッテッドガー

アリゲーターガーと同じように1000円前後で
小さい個体がよく販売される。

それほど大きくはならず、飼育下では1m未満までしか
成長しない

成魚になって体にはいる斑紋が個体によって異なるようで
鮮明にはいる個体からうっすらと入る個体まで
いろいろといる。

スポッテッドガーもアリゲーターガーと同じように
日本各地の川などでも発見されている魚であり。
低温の耐性もそれなりにあります。

 

トロピカルジャイアントガー

トロピカルジャイアントガーの画像
出典 – https://www.youtube.com

スポッテッドガーによく似るガーパイクの種類。

体に入る斑紋がスポテッドガーより細かく鮮明で
各ひれにまでも模様が入る
のが特徴。

ガーパイクの種類では比較的高価な魚です。

飼育下でも1mぐらいまでは成長する。

 

ニカラグアガー(ジャイアントガー)

ニカラグアガーの画像
出典 – https://www.youtube.com/

今はほとんど入荷されずに販売されないガーパイク。

体に模様もほとんどはいらず、それほど人気はない。
個体による模様の変化もほとんどない。
ややマニアックな種類。

全長は1m程まで成長する。

 

マンファリ(キューバンガー)

マンファリの画像
出典 – https://www.youtube.com/

体にはほとんど模様がないガーパイク。
飼育下の個体は他のガーパイクに比べ、体が太い感じ
がやや目立つ。

全長は150cm以上にまで育つ。

昔はほとんど輸入されてこずに、入手は困難であったが
最近はある程度の輸入があるので購入
しやすくなった。

全身が黄金色の黄変の個体などもいる。

 

ガーパイクの種類と同じカテゴリ

 

ガーパイクの種類を見ている人は他にこんなページもみています

アジ釣り その場で捌くといい理由
アジ釣り その場で捌くといい理由

堤防からのサビキ釣りなどをして、アジなどの魚をもって帰っても味がいまいち美味しくないと感じている方も多いのではないでしょうか。そういう場合はアジ釣りの後でその場で捌くことをオススメします。なぜアジ釣りの後でその場で捌くべきかといいますともともと豆アジ、小アジなどは身がそれほどない上に身の多くの所に、内臓やエラのアラの部分が触れています。アラが時間がたつごとに鮮度が悪くなり、触れている身の部分までも……

タマゾン川の外来種
タマゾン川の外来種

都心に近い多摩川、現在は確認されているだけでも外来種が種ほど確認されていて、多摩川のことをタマゾン川などと呼ばれている。年にはタマゾン川が流行語大賞の候補にもなった。外来種が多摩川にいつくようになった原因は、飼えなくなった、もしくは飼育するのが飽きたような人が多摩川に魚を放流したのが原因でショップでよく販売されるような熱帯魚が多くみられる。その捨てられた熱帯魚の外来種が多摩川にいつくようになった要……