クマノミ イソギンチャク共生できる種類

サンゴイソギンチャクと共生するクマノミ
サンゴイソギンチャクに包まれるクマノミのベイビー

クマノミとイソギンチャクは海水魚の飼育の
なかでも人気がある組み合わせ。
両方ともできるかぎり健康な固体を入手してしっかりと育てたい。
イソギンチャクは無脊椎動物の中でも特殊な性質を
もつのでクマノミとの関係性を理解して
クマノミとイソギンチャクを飼育しよう。


クマノミと共生する主なイソギンチャク一覧

  • ロングテンクタルアネモネ
  • シライトイソギンチャク
  • サンゴイソギンチャク
  • センジュイソギンチャク
  • ハタゴイソギンチャク
  • イボハタゴイソギンチャク

 

クマノミと共生するイソギンチャクはほとんどすべて
好日性のもの。
なので飼育の際はメタルはライドランプなど光量のある照明の
ほうが健康な状態を維持して長生きできる。


イソギンチャクと褐虫藻

イソギンチャクの種類のほとんどは体内に褐虫藻を共生させて
光合成を行いエネルギー供給をしている。
水槽内でもある程度の光量は必要、光量や波長などはイソギンチャクの種類によって
ことなる。
水質が安定しているとイソギンチャクは褐虫藻がやや抜けていても
大丈夫なところもある。

販売されているイソギンチャクを購入する際、気をつけたいのは
綺麗で、半透明になってしまっている固体はほぼ
白化している固体の場合が多い綺麗であるが、長く飼育させるのは難しい
どちらかというともずくのような色に近くあまり綺麗ではない
固体のほうが健康的で褐虫藻が多い。
さらに触手をしっかりと広げているものが良い。
逆に、張りがなく口道(中央の口みたいなの)が開いているのは
弱っている固体の場合が多い。

知らない場合はおそらく綺麗なもののほうが健康的に見え
褐虫藻が多いイソギンチャクのほうが駄目なように見えると思う。
購入する際はできるかぎり褐虫藻が多いイソギンチャクを
選んだほうが無難だろう。

やや弱りかけている(あまりにも弱りすぎると駄目かと)イソギンチャクを
水槽内から取り出して、別のゲージであまり温度が高くならないような
日光のあたる所で日光浴をさせると、やや張りがないような固体が
ばっと触手を広げて光合成をする。
適度な時間行わせると弱っていた固体が元気を取り戻すこともある。

本来ならば好日性のイソギンチャクはつねに日光があたる場所においた
ほうが健康をたもちやすいが、水槽という小さな環境のなかでは
水温の上昇や、コケ、と日光に当てるといろいろ問題が出てくる。

イソギンチャクが定着しやすい場所

砂地
イボハタゴイソギンチャク
ロングテンクタルアネモネ

砂地と岩の間
シライトイソギンチャク

岩のくぼみ
サンゴイソギンチャク
タマイタダキイソギンチャク
ハタゴイソギンチャク

光と水流が豊富(岩の上部など)
センジュイソギンチャク

クマノミ イソギンチャク 相性

ロングテンクタルアネモネ

ほとんどのクマノミ種類と相性がいい。

自然下では浅場の砂地に生息する、水槽に砂を
しいたほうが定着しやすい。
ライブロックのみだと移動しやすい。

シライトイソギンチャク

シライトイソギンチャクの画像


By: Ria Tan

ほとんどのクマノミ種類と相性がいい。

触手が細長いのが特徴、一度定着すると
落ち着き、あまり移動はしない。

センジュイソギンチャク

ほとんどのクマノミ種類と相性がいい。

岩の間などに入り込んで定着する、よく移動する。
水質悪化、高水温に弱くやや飼育しづらい。
色はグレーにちかい色が多い。

 

サンゴイソギンチャク

クマノミ、カクレクマノミと相性がいい。

触手の先端に特徴がある、カラーバリエーションが豊富。
定着しにくく、よく移動する。

 

タマイタダキイソギンチャク

ハマクマノミと相性がいい。

環境によって触手を変化させる、岩の隙間に定着する。

 

イボハタゴイソギンチャク

イボハタゴイソギンチャクの画像


By: Ria Tan

トウアカクマノミ、クマノミと相性がいい。

カーペットアネモネともよばれる、砂地に生息する
毒性はイソギンチャクのなかでは強いタイプ。

 

ハタゴイソギンチャク

ハタゴイソギンチャクの画像


By: Ria Tan

カクレクマノミと相性がいい。

イボハタゴイソギンチャクに似るが、触手が
が大きい。岩の隙間などに定着する。
水質の悪化や高水温に弱い。
光合成は強い照明を必要とする。

 

クマノミ イソギンチャク共生できる種類と同じカテゴリ