クラゲの種類

水族館でみられる綺麗なクラゲから、海水浴で刺される可能性のある
危険なクラゲの種類までを画像とともに紹介。
海水浴でみるクラゲは、命の危険性にかかわることもあるので要注意

クラゲの種類一覧

  • オキクラゲ
  • タコクラゲ
  • スナイロクラゲ
  • オワンクラゲ
  • ハナガサクラゲ
  • ミズクラゲ
  • アマクサクラゲ
  • アンドンクラゲ
  • カギノテクラゲ
  • アカクラゲ
  • カツオノエボシ
  • ハブクラゲ

水族館にいるクラゲの種類

 

オキクラゲ

表面には多くの刺胞群の突起をもつ、日本の各地にいるクラゲの種類
台湾や沖縄から黒潮にのり北海道の函館付近まで分布する。

 

タコクラゲ

見た目タコのようにはあまり見えないけどタコクラゲ
別名ハチマンクラゲとも呼ばれる、関東以南の暖海に分布。
沿岸に群れでみられることもある。
水温が20℃以下になると死ぬ

 

スナイロクラゲ

九州から陸奥湾の日本海などに分布する、色は 淡褐色や砂色。
和名の由来は名前のように砂色に見えることもあることから来る。

 

オワンクラゲ

日本各地でみられる、ほとんど動かない。
生命力が強いので飼育に向いているクラゲの種類
エクオリンという発光蛋白質をもち、刺激をうけると発光する。

 

ハナガサクラゲ

日本の中南部の太平洋岸に分布する。
独特の姿や色合いをしている、カラフルなクラゲ
ハナガサクラゲの触手には2種類ある。

 

日本の海水浴にもいる危険なクラゲの種類

強い毒を持つクラゲの種類に刺されるとかなり痛む。
肌が赤くはれ、水胞ができたり、神経が麻痺して、呼吸困難になって死にいたることもあるので
危険なクラゲの種類を海水浴場でみつけても安易に触ったりしないようにする。

 

ミズクラゲ

ミズクラゲの画像

By: ume-y

日本の海ではもっともよく見られるクラゲで、冬から夏に多量にみられる。
30cm以上にもなることもあるクラゲ。

 

アマクサクラゲ

九州西岸の特に天草周辺で多く見られることが和名の由来。
天草はクラゲ以外にもサメなどもよく見られ、伝統的なフカ狩りなどもある。
アマクサクラゲ他のクラゲとことなり、※エフィラは1個のみしかできない特徴をもつ。

※エフィラとは、根口クラゲ類の生活史の一時期にみられる幼水母の事

 

アンドンクラゲ

刺胞毒が強く、海面下を活発に泳ぎ回るので危険なクラゲの種類
熱帯太平洋から、北海道西南部まで分布する。

 

カギノテクラゲ

日本では、7~8月頃に北海道,東北地方の海岸でみられるクラゲ
刺胞毒が非常に強く、刺されると痛い。

 

アカクラゲ

アカクラゲの画像

By: ume-y

別名サナダクラゲ、レンタイキクラゲとも呼ばれる。
傘の縁から長さ 80cmにまでもなることもある。
触手の刺胞には強い毒があり、刺されると非常に痛い危険なクラゲの種類

 

カツオノエボシ

別名電気クラゲとも呼ばれ恐れられている、それほど触手の刺胞には強毒をもつクラゲで。
海水浴で見つけたら、注意が必要な危険なクラゲの種類
唯一、見た目でわかりやすいので他の危険なクラゲよりかはまし
下の写真のように海面に浮いている姿はビニールのように見える

 

ハブクラゲ

ハブクラゲの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

沖縄や奄美に生息するクラゲで、ハブの名前がついているだけあり
特に危険な種類のクラゲ
過去に3件の死亡例がある。

クラゲの種類と同じカテゴリ

 

クラゲの種類を見ている人は他にこんなページもみています

簡単な魚(青物)の血抜きと締め方
簡単な魚(青物)の血抜きと締め方

釣った魚を持ち帰り食べる、美味しく魚を食べるには鮮度を保つことが重要です。特に刺身などで魚を食べる方はきっちりとした締め方をしておくことをおすすめします。魚の締め方種類魚の大きさによっては絞め方は変えたほうが手間がかからず楽です。魚の大きさによって以下のように絞め方を変えます大きい魚締めたあと血抜き(血抜きされたハマチの画像)小さい魚氷締め(サビキで釣れた小アジ)血抜きするのはブリ、サワラ、真鯛、……

日本の海?ヒリゾ浜 魚の種類
日本の海?ヒリゾ浜 魚の種類

(南伊豆の写真)南伊豆に面するヒリゾ浜。そこは関東の海と思えないような透明度を誇る綺麗な海の中。魚の楽園の場所、観光などで伊豆にいく場合は寄って見て海の中を堪能して見てはいかがでしょうか。ヒリゾ浜は浅い場所でも綺麗な魚の種類を手軽にみれるのでお子様にもお勧め。このページではヒリゾ浜で見れる魚の種類で、綺麗でカラフルな魚をピックアップして写真や動画とともに紹介。ミナミハコフグハコフグの種類の黄色く可……