グラマ(ロイヤルグラマ)の混泳

グラマの種類の混泳、は
同種では基本的に混泳はNGと思っておいたほうが良い。
同種を混泳させると片方が死ぬまで争いを続ける。

 

ただ、多種のグラマであれば混泳させることが出来る
組み合わせがある。
幼魚期に同じ時期に水槽にいれて混泳させることで可能になる。
ロイヤルグラマとブラックチップグラマを混泳させることができる。

 

グラマの種類は、種類によって性格がことなる。
ロイヤルグラマは気性が荒いが自分よりも大きい他の魚と混泳させやすい。
ブラックチップグラマは攻撃的だが、大きめのスペースとライブロックなどの
隠れる場所があれば、混泳できることもある。

ロイヤルグラマの混泳表

グラマ(ロイヤルグラマ)の混泳と同じカテゴリ

 

グラマ(ロイヤルグラマ)の混泳を見ている人は他にこんなページもみています

リーフィーシードラゴン
リーフィーシードラゴン

リーフィーシードラゴンの画像リーフィーシードラゴンは画像のように個性的な姿をしている。タツノオトシゴの種類ではなく、ヨウジウオ科の海水魚。よくタツノオトシゴ展などでも水族館で展示されるようだ。生息地はオーストラリア南西部沿岸。体長は成魚でほどで、大きな固体になるとまで成長するものもいる、大部分は前後で成長が止まる。リーフィーシードラゴンは水族館ではその独特の姿から初めて見る人に強い印象を与えるので……

タマゾン川の外来種
タマゾン川の外来種

都心に近い多摩川、現在は確認されているだけでも外来種が種ほど確認されていて、多摩川のことをタマゾン川などと呼ばれている。年にはタマゾン川が流行語大賞の候補にもなった。外来種が多摩川にいつくようになった原因は、飼えなくなった、もしくは飼育するのが飽きたような人が多摩川に魚を放流したのが原因でショップでよく販売されるような熱帯魚が多くみられる。その捨てられた熱帯魚の外来種が多摩川にいつくようになった要……