サゴシ(サワラ) 堤防からルアーでの釣り方

堤防から比較的お手軽に狙える青物サゴシのルアーでの
釣り方
をいろいろと載せておきます。

 

サゴシ(サワラ)の釣り方

 

ワインド

朝マズメのいわゆる爆釣りするような時はワインドが
かなり釣れやすいのですが、シーズンによっては太刀魚もかなり
掛かります。
太刀魚が不要な方は別の方法のほうがいいでしょう。
捕食スイッチが入っていない時はいまいち効果的でないような
気がします。
飛距離は出ませんので、近い所を回遊している時に。

 

ワーム

ワームも同じく太刀魚ばかり釣れますが
サゴシも稀に混ざって釣れます。
使うサイズによってはよく丸のみされるのでリーダーを
切られないように注意。
こちらも捕食スイッチが入っている時のみよく釣れます。
ナブラ打ちなどにはいいかもしれません。

 

スピンテールジグ

パワーブレードで釣ったサゴシ

ベイトが湾内に溜まっている時、おそらくイワシに
ついているような時
はかなりスピンテールジグで釣りやすいので
おすすめです。
パワーブレイドであれば、一度フッキングすると掛かり方に
よっては結構外れずらいのか楽々上げることができます。
よくブレードの所にサゴシが噛みつくのでリーダーを切られる
心配もそれほどありません。

 

メタルジグ

メタルジグも当然よく釣れます。

ひとつポイントを上げるとすると、サゴシの数が多ければ
問題ないと思いますが、数が少ないと同じメタルジグを
投げていても反応しずらく
なってきます。
なので、反応がなくなってきたらすぐにメタルジグをローテーション
させたほうがいいでしょう。

他の釣り人がワインドで釣れまくっているような時に
メタルジグを投げて一度、釣り上げるかショートバイトしてから
反応がほぼなくなった時はメタルジグを変更するのを
おすすめします。

メタルジグで簡単に釣れやすいのはナブラ打ちです。
コツはナブラを散らさないことです、他は以下のよう。

  • 基本高速のだだ巻き
  • ナブラの中心にキャストしない
  • ナブラの進行方向の先にキャストする
  • あまり重いメタルジグを投げない
  • 大きい着水音を出さない

 

ナブラが出ているのに反応などが無い時
マイクロベイトの時があります、そういう時は
タングステン製の小さいメタルジグを使うと
釣れることもあり。

アシストフックなどは掛かる所によっては
切られることもあるかと思います。
サムライジグなどはサゴシ対応のアシストワイヤー
付きのものもあります。
パッケージの裏に強靭なボディとか書かれていますが
塗装は剥がれやすいです。
テトラで使うと、慎重にピックアップしないと傷つきます。
足場のいい所で使う場合にはいいかも。

 

サゴシ(サワラ)の釣れる時期や時間

夜に釣ったサゴシの画像

サゴシは堤防からでは夏場6月から秋10月ごろまでがよく回遊がみられ
釣れやすい時期です。
船などではサワラが11月ごろから2月頃まで
釣れます。

サゴシはどちらかというと日中行動性の魚なので
基本的に朝マズメのベイトがざわつく時間のほうが
夕マズメと比べると釣れやすいので朝を狙う。
湾奥よりも、沖に面している場所のほうが
回遊してくることも多い。

フィッシュイーターなのでベイトが溜まりづらい釣り場では
回遊してきてもすぐに通りすぎることも多いので
サゴシを狙うのであれば、あまりそのような場所は選ばない
ようにしたほうが釣れやすいです。

 

サゴシの釣れるような時はいろいろあると思いますが
大きく分けて2パターンのような事がみられる。

1つはベイトを追いかけてひたすら、回遊していくような時。
このような時はなかなか同じ場所にとどまらないので
それほどチャンスは少ない。

2つ目は、湾内などに溜まっているベイトをひたすら
捕食し続ける
時、この時は結構な時間釣れ続けチャンスが多い。
大潮などの時に多いような気がする。

なにかの本に書いていましたが、湾内などの出入り口に
フィッシュイーターが待ち構えてベイトを閉じ込めて逃げられないように
するとこういう事が起きるようです。
イワシなどのベイトの数が多いような時によく発生するのでしょう。

2のほうが圧倒的に釣りやすいので、このような状況を狙っていただき
たい所ですがまれに発生する程度なので。
なかなか狙っていくのは難しいかと思います。
秋の朝マズメは釣り場によってはこういうような状況に
なりやすいのでおすすめです。

 

サゴシ(サワラ)仕掛け 釣るにはワイヤーは必要?

サワラの歯の画像

まず付けないほうが釣れやすいです。
多く検証しているのでこれは確かかと。

サゴシクラスのサイズではフロロのそこそこの
太さをリーダーにすればまず不要かと思います。

サワラサイズになれば、ルアーの大きさによっては丸のみされる
こともあり、リーダーが細いと切られる可能性があり。

朝マズメの釣れやすい捕食スイッチが
入っているときは、ワイヤーを付けても付けなくても
釣れると思うので心配な方はつけてもいいかもしれません。

 

 


サゴシ(サワラ) 堤防からルアーでの釣り方と同じカテゴリ

 

サゴシ(サワラ) 堤防からルアーでの釣り方を見ている人は他にこんなページもみています

冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは何度?
冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは何度?

冬の釣り場は寒いので、クーラーボックスに氷は不要という疑問が浮かんだので少し調べてみました。魚の鮮度に重要なのは魚の鮮度を維持するためには、絞めたり血抜きした後で以上の~を保ったほうが良いようです。長崎水産試験場のマアジ鮮度保持試験によれば時間以内であればで保存された魚(マアジ、イサキ)の死後硬直に達する時間が長くなり活けしめの状態が長くなるとされています。鮮度を保つ適温はに近いほうがいいというこ……

ジグサビキ 堤防から釣れる魚
ジグサビキ 堤防から釣れる魚

ジグサビキの仕掛けを使って堤防から釣れる魚を写真とともにまとめてみました。ジグサビキの場合は仕掛けが、サビキとメタルジグに別れていますのでサビキだけに反応する魚とメタルジグだけに反応する魚が分かれています。サビキの方は下の記事に記載したので、ここではサビキにかかる魚は写真のみで。ここでは主にメタルジグに掛かる魚に関して記載しておきます。ジグサビキ釣れる魚一覧ジグサビキ堤防から釣れる魚サビキに掛かる……