サザナミヤッコ

サザナミヤッコはサザナミヤッコ属(Pomacanthus)は人気の高いヤッコ。

サザナミヤッコの幼魚は他の種類も(写真下)のように似たような色彩をしている。
さざ波という名前の由来も幼魚からきていて姿にあっている。
自然下でサザナミヤッコの幼魚は主に、浅くて流れがない場所でみられることが多い。
その為、死滅回遊魚としてよく採取できる海水魚。

サザナミヤッコ幼魚の写真、このような色彩パターンがサザナミヤッコ属の幼魚に多い)

幼魚はサザナミヤッコ属で同じような色彩が多いので判別しづらいが
サザナミヤッコは他のサザナミヤッコ属と比べると、尾びれに近い白いラインが
カタカナのコの字に近いような感じになる。(写真のように頭が右の場合)
とくに小さいサイズの幼魚はコの字に近く、成長するにつれてコの字の感じはやや薄れていく。


他のサザナミヤッコ属の幼魚の特徴は

タテジマキンチャクダイ 
(ウズマキ模様、ウズマキという愛称ももつ)

イナズマヤッコ
(黒い地に、青いライン、成長速度が早く背ビレ付近がすぐ黄色くなる。)

アラビアエンゼルフィッシュ
(黒い地に、青いライン)

グレイエンゼルフィッシュ
フレンチエンゼルフィッシュ
コルテツエンゼルフィッシュ
(黒い地に、黄色いラインが入る。)

ロクセンヤッコ
(黒い地に、白いライン)

アデヤッコ
ワヌケヤッコ
オールウーマンエンゼルフィッシュ
イヤースポットエンゼルフィッシュ
(黒い地に、白と青のライン)

サザナミヤッコは成魚への体色変化は遅く、10cm程に成長しても
幼魚の色彩パターンのままであることが多い。
普通に飼育していると成長速度は遅く、3cm~4cm(3本線)の幼魚から育てて2年ほどで
成魚への体色変化が現れる。

成魚になると、自然下では流れのあるサンゴ礁の付近などに単独
かペアでよくみかける。

餌はカイメン、郡体ボヤ、藻類などの付着生物。

サザナミヤッコの写真画像

サザナミヤッコの写真、成長するとこのような姿になる。
地味ではあるが、縁にコバルトブルーが入り味がある。)

 

サザナミヤッコの飼育

サザナミヤッコの餌付けは容易で、採取したものでも
簡単に人口飼料に餌付いてくれる。
ただ時おり餌付きにくい固体もいるようだ。
採取された大きめの固体などはやや餌付きづらいかもしれない。

性格はタフで他の海水魚と混泳させても適応させやすい。
同じサイズのサザナミヤッコ同士は争いがおきやすいようで
サイズがある程度ことなると争いづらい。

サザナミヤッコの病気 白点病

サザナミヤッコは他の海水魚と比べて白点病にかかりやすい
部類ではない、どちらかというとタフな性格で環境にもなれやすいので
白点病にかかる原因は濾過能力不足などの要因が多いのではないだろうか。

白点病の治療方法はこちらのページ

 

サザナミヤッコと同じカテゴリ

 

サザナミヤッコを見ている人は他にこんなページもみています

イナズマヤッコ
イナズマヤッコ

なお(イナズマヤッコ成魚の写真)イナズマヤッコは通販でもよく売られて、少し成長した幼魚の固体でも成魚と同じような姿になる。いかにも南国の海水魚のような独特のカラフルな体色で人気の高いヤッコの種類。イナズマヤッコの幼魚はサザナミヤッコの種類特有の色彩パターンで成魚への体色変化がかなり早い時期から変化してくる。ほどの幼魚でもすでに背ビレの付近が黄色に変化してくる。~程ですでに幼魚の姿からいれかわり成魚……

危険 顎口虫が寄生する魚の種類
危険 顎口虫が寄生する魚の種類

顎口虫は主に、淡水に生息する魚の種類へと寄生する。あまり淡水魚を生で食べることはしないと思われるが、特別な状況などで食べる可能性も考えられるので、その際は顎口虫に注意する必要性がある。症状は極めて危険で人体に入った顎口虫は胃壁や腸壁を破り体内に移行。幼虫は人の臓器、脊椎、脳、眼球などに入り込んでいき、その機能を損傷させる恐れがある。主に顎口虫はドジョウの踊り食いなどをして食するのが危険視されている……