サビキ釣り 釣れる時間帯

マアジ(真鯵)の画像

サビキで釣れる、アジ、サバ、イワシなどがよく釣れる時間
項目によってはほんの数分であったり長かっかったりしますが
サビキで魚が釣れやすい時間などを記載しておきます。

 

 

朝マズメ・夕マズメ

 

サビキでよく釣れる魚、アジ、サバ、イワシは
『朝マズメ・夕マズメが一番活発に餌をとる時間』です。

 

なので朝マズメ・夕マズメはサビキで釣れる時間としての
要素では一番重要な項目です。

なぜサビキで釣れる魚はマズメに活発に餌を
とるか?といいますと、『餌となるプランクトンが活発』
行動し始めるからです、これを狙って魚も効率よく捕食を
始めます。

 

マズメの正確な時間を知りたい場合は潮見表などで
日の入り(朝マズメ)、日の出(夕マズメ)
を調べればすぐにわかります。
どちらも日の入り、日の出の前後の時間帯です。

 

朝マズメ・夕マズメどちらかが釣れやすいか?

 

これはサビキ釣りでは朝マズメのほうが確立としては
釣れやすいといえます。

 

理由はサビキで釣れる魚は、日中行動性なので
夜間はやや摂食を控える傾向になります。

 

夜間に摂食を控えていた空腹の魚が溜まっていて
朝から爆食いすることもあるので
どちらかというと朝マズメのほうが、サビキの
釣れる時間帯と言えます。

 

 

クラゲが多い時

多量のクラゲ

これは時間でも長くなりますが、クラゲが多い時などは
アジが多く、ややサビキで釣れやすい要素になります。

理由としては、アジの幼魚とクラゲは食べるものが
かなり似通っています。
そして生活パターンが似通っているため同じような所に
いることが多いようです。

 

クラゲが多く海面でみられたら、アジの幼魚も
回遊してきている可能性が高いとされています。

 

船が通った後

ジグサビキ ワームでアジを釣る

 

時間としてはほんの数分程度の時間ですが
船の通った後の大きく波が出る時なども
よく釣れる時間です。

理由はいろいろとあると思いますが
サビキで釣れる魚の場合は、エサが拡散されたり
底で停滞していた魚が泳ぎだしたりすることで
よく釣れたりするのかもしれません。

 

船が通る時、いったん海からサビキ仕掛けを引き上げて
アミエビをカゴに入れて、船が通った後の波に
合わせて落とし込むと、簡単にキャッチできることも
多いです。

 

釣り場によっては大型船が通った後などは
試合開始となって、フィッシュイーターの捕食スイッチが
入り爆釣れとなることもしばしば。

 

 

サビキ釣りの人が集まる日=土日祝

 

サビキといえば、ファミリーフィッシングの代表となるような
釣りで、土日になれば釣り場がサビキ釣りで混雑したりする
のもよく知られていると思います。

このような時は魚とエサの関係を考えると相対的に
釣れづらくなるように思えるかもしれませんが
サビキはそうはなりづらいことが多いです。

多くの釣り人のアミエビなどが釣り場に流れ続けている
湾内などにサビキで釣れる魚が停滞しやすく
なり
、そのため日が出ている半日程度の時間は
サビキで釣れ続けることも多くあります。

 

大潮の時

大荒れの波

アジなどは潮が流れるほど活性が高くなるので
潮の動きの大きい大潮の時は、サビキで爆釣れに
なることが多いです。

 

過去の釣果を振り返ってみても、波のある日などは
サビキで爆釣れした事があるという人も多いはずです。

 

大潮の時のデメリットを数点あげると

1つ目に、潮の流れが速いので、アミエビなどの
コマセが落とし込んだ周りに停滞せずに、すぐに
流されていく
ので、何度もアミエビを投入する必要があります。

次に、他のフィッシュイーターも活発になるので
サビキで釣れる魚が追いかけられて逃げ惑うような
状態になるとかなり釣れづらくなります

多量に群れがいるのにアミエビに反応せずに
すごい勢いで泳いでいくのはこのような時です。

それから、ベントスbenthos(近底層プランクトン)が大きく動くので
釣り場によっては、釣れるか釣れないかがかなり
激しくなり
ます。

そして、大潮の時は風が強いことが多いので
釣り人にとっては、あまり好条件ではないということが
多いです。
釣り場によっては波が強すぎて釣りにならないと
いうこともあったりします。

 

潮止まりから動き出した時

サビキで釣れる、アジ、サバ、イワシなどの
小魚は潮が止まっている時は、鳥やフィッシュイーターの
敵に攻撃される可能性が高い
時間帯です。

そんな時にはさすがに、食べることよりも身の危険を回避することが
優先されるのか食いが止まることが多いです。

そういう事が理由の一つでサビキ釣りでは
潮止まりには釣れづらくなるようです。

潮止まりは、仕掛けを放置するだけでアミエビの消費
をせずに、他の人が釣れだしてから釣るというのも一つの手です。
どうせなら釣れる時間帯にアミエビを多量消費したほうが効率的。

潮止まりから動き始めると、再びサビキで釣れる時間帯
になることも多いです。

 

 

 


サビキ釣り 釣れる時間帯と同じカテゴリ

 

サビキ釣り 釣れる時間帯を見ている人は他にこんなページもみています

アジ釣り その場で捌くといい理由
アジ釣り その場で捌くといい理由

堤防からのサビキ釣りなどをして、アジなどの魚をもって帰っても味がいまいち美味しくないと感じている方も多いのではないでしょうか。そういう場合はアジ釣りの後でその場で捌くことをオススメします。なぜアジ釣りの後でその場で捌くべきかといいますともともと豆アジ、小アジなどは身がそれほどない上に身の多くの所に、内臓やエラのアラの部分が触れています。アラが時間がたつごとに鮮度が悪くなり、触れている身の部分までも……

アジサビキまとめ 大阪湾の釣り場
アジサビキまとめ 大阪湾の釣り場

アジサビキ釣り、アジの下処理、調理法、大阪湾の釣り場に関してサイトでいろいろと書いたアジに関しての記事などをまとめて紹介しているページです。アジの釣り方初心者の方のために一様仕掛けを載せておきます。市販サビキのパッケージの裏にこのようにサビキの釣り方がよく載っていますサビキの説明仕掛けの一番下にカゴをセットし、その中にマキエを入れます。そのまま海へ落とせばマキエが散り、つられて魚がかかります。時、……