アオザメ

アオザメの画像
出典 – https://swfsc.noaa.gov/

アオザメの生息地は世界の温帯から熱帯にかけての外洋域
日本には太平洋側や東シナ海にいる。
名前の由来は体色が濃青色をしていることによる。
全長4mを超える。

 

サメの種類の中では最速で泳ぐ、最高は時速40km程度。

表層から水深500mまでも潜ることが確認されている。

出現水温は8度~26度、活動的になるのは15度~22度で
多くは17度以上を好む。

奇細が発達し、体温を海水より1~10度高くたもつことができる。

 

同じ属にはバケアオザメという、深海サメの種類もいる。
よく似ているので混同されていた。

下はバケアオザメの写真。

バケアオザメの画像
出典 – https://commons.wikimedia.org/

 

アオザメは表層性のサメであり、同じような層にいるカツオやシイラなどを
よく捕食する。

外洋域に生息することから、人間との接触が少なく
アオザメによる人間への危険性は少ない。

ゲームフィッシングの対象になるが、釣り針にかかると抵抗してジャンプし
船の中に飛び込むことがあり、事故につながることもあり危険がある。

アオザメの肉は美味で、刺身や煮物として食べられる。
イタリアではステーキにされるようだ。


アオザメと同じカテゴリ

 

アオザメを見ている人は他にこんなページもみています

メジロザメ(ヤジブカ)
メジロザメ(ヤジブカ)

メジロザメの体長は平均的な個体で~大きい個体は、サメの種類のなかではそれほどの大きさではない。メジロザメの分布は広く、世界各地に広がっている。マサチューセッツからブラジル南部大西洋。ポルトガルからザイールまでの東大西洋。南アフリカからベトナム。インド洋、紅海、地中海、など。遊泳層は表層からあたりで、主に沿岸域の海底に生息している。メジロザメ属のサメの種類は世界に種ほど分布している。日本近海に生息し……

シュモクザメは人食いザメなのか?
シュモクザメは人食いザメなのか?

(シュモクザメ頭部の画像、非常に特徴的な形をしている。)ハンマーのような独特の姿をしたシュモクザメが、人食いザメなのかということをいろいろな面から調べてみた。シュモクザメの和名の由来は頭の部分の突き出たようすが寺の鐘をつく撞木(しゅもく)に似ていること。英名ハンマーヘッドシャーク。サメの中では珍しく匹ほどでも群れでいることもあり、その姿とあいまって圧巻である。出典ハンマー型の頭部でアカエイなどの獲……

サメ販売、価格


  • (海水魚 サメ 卵)イヌザメのたまご(1匹) 北海道航空便要保温 沖縄別途送料

    8480円

  • (海水魚 貝殻)シェルコレクション シャークマウス(サメの顎) Sサイズ(1個)(形状おまかせ)

    1280円

  • (海水魚 貝殻)シェルコレクション シャークマウス(サメの顎) Lサイズ(1個)(形状おまかせ)

    2650円

  • ホホジロザメ はんこ かわいい イラスト ネーム印 10mm ブラザー サメ

    2160円