サメの種類 危険な人食いサメなど

人を襲う危険な人喰いザメの種類や、小さいサメの種類、人に危害を与えないサメなど。
サメの種類、をわかりやすい写真画像とともに、解説しているページです。

サメの種類一覧

  • ネコザメ(猫鮫)
  • イヌザメ(犬鮫)
  • ネムリブカ
  • シロワニ(白鰐)
  • オグロメジロザメ
  • ノコギリザメ(鋸鮫)
  • ツマジロザメ(爪白鮫)
  • ジンベエザメ(甚平鮫)
  • ウバザメ
  • メガマウスザメ
  • ガラパゴスザメ
  • ドタブカ
  • アオザメ (青鮫)
  • ヒラシュモクザメ
  • ホホジロザメ(頬白鮫)
  • イタチザメ(鼬鮫)
  • オオメジロザメ(大目白鮫)
  • ヨゴレ(汚鮫)
  • ヨシキリザメ(葦切鮫)

小さいサメの種類

 

ネコザメ(猫鮫)

画像はイラストですが、実物もこんな感じ。
近よらなければ危険性はない。
浅海の海底付近に生息する。
観賞用として飼育されることもある、最大全長1.2mの小さいサメ。

 

イヌザメ(犬鮫)

イヌザメの幼魚 写真画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

浅いサンゴ礁の海底で生息するの小さいサメ。

幼魚のときは黒と白の縞模様ですが、大きく成長すると
グレーの体色に変化していく。

よく飼育できるサメとしても人気があり幼魚の黒と白の
縞模様の個体が販売されている。

初めてみると、幼魚と成魚は別の種類の魚かと
思えるぐらいに姿が異なる。

生命力が強く、水の外でも半日ぐらいは生きることができる。

 

ネムリブカ

表情は恐ろしくみえるが、比較的おとなしい小さいサメの種類。
ほとんどは写真のように海底で休息している。体長は1.6mを超えることは少ない。

 

シロワニ(白鰐)

サメの種類 シロワニの画像

By: adam w

獰猛そうな顔でワニという名前もつくが
性格はおとなしく、何もしなければほぼ襲ってはこない。
全長3.2mほどのやや小さいサメの種類。

オグロメジロザメ

和名のとおり尾ひれの端が黒くなっているサメ。
大きさは最大でも2m60cmとそれほど大きくありませんが、人間が接近したり
すると威嚇することもあり。

 

危険でないサメの種類

ノコギリザメ(鋸鮫)

ノコギリザメの画像
出典 – https://commons.wikimedia.org/

頭部がノゴギリの歯のようにみえる、サメとは思えない独特の姿。
この特徴的な姿ですぐに判別できる。
人に危険性はない。

 

ツマジロザメ(爪白鮫)

胸鰭と背鰭の先端が白いサメ。
何もしなければほぼ襲ってはこない。

 

巨大なサメの種類

ジンベエザメ(甚平鮫)

大阪海遊館でおなじみとなったサメ。海遊館の太平洋のコーナーに
展示されています。
英名はホエールシャークといい鯨をおもわせる姿からぴったりの名前。

プランクトンしか食べないので危険性はない。
サメの中でも最大のサイズ。

ジンベエサメとやや話はそれますが、海遊館が万博跡地に2号店ができるもよう。
水族館とは少し違った形のもののようですが。

名前はNIFREL(ニフレル)のようです。
海遊館のサイトで正式に発表されています。

ウバザメ

ウバザメの画像

最大10mにもおよぶ巨大なサメ種類。
プランクトン食のサメで、巨大な口を開けながら、泳いでいきプランクトンを捕食する。
体重の1/4にもなる肝臓をももっている。
日本では全域でみられるサメで、地震に近い時期に打ち上げられたこと
によって、その関係性が噂されていたりする。

メガマウスザメ

サメの種類メガマウスザメの画像
出典 – https://en.wikipedia.org/

大きさ最大5m40cmの巨大なサメ。
水深300mぐらいでも見つけられたことがある。
プランクトン食で、名前の通り口を開くとかなりの大口を開くことができる。

メガマウスも打ち上げられた時期と地震発生が近かったことがあるので
地震を予兆するサメなどということがネットでは噂されている。

 

危険なサメの種類

ガラパゴスザメ

ガラパゴスおよび、ハワイの近辺に生息する大型のサメ。

主に海底を泳ぎ、餌はヒラメ、カレイ、カワハギなどの
を捕食する。
歯も大きく、力も強い危険なサメの種類。

姿は他のサメの種類、オグロメジロザメやドタブカに似ている。

動物にもよく見られますが、魚でもよくガラパゴスなどど
名前がつくガラパゴス諸島に分布する魚もみられます。

ガラパゴスグラント
ガラパゴスバットフィッシュ
ガラパゴスリングテールダムセルフィッシュ
ガラパゴスガーデンイール

などの魚です。

 

ドタブカ

ドタブカの写真画像
出典 – https://commons.wikimedia.org/

沿岸に生息する大きくなるサメの種類。
体調4,2mとメジロザメ属では最大になる。

人間と接触する機会も少なくはなく、人間が襲われた報告例もあり。

餌は、遊泳性の魚よりも、海底に生息する魚類を好んで食べる
ことが知られている。

イタチザメやオオメジロザメのように大型の哺乳類は捕食
しないとされている。

 

アオザメ (青鮫)




サメのなかではもっとも早く泳ぐサメ(時速40キロメートル)。
気性は荒いので、危険なサメの種類だが、人食いサメとまではいわれていない。
生息域が主に外洋なのであまり接触する機会はないと思われる。

 

ヒラシュモクザメ

こちらも独特の姿をしたサメ、英名グレートハンマーヘッド。
英名のほうが姿とあってわかりやすい。
ハンマー型の頭部でアカエイなどの獲物を押さえつけて捕食する。


 

 

人食いサメの種類

ホホジロザメ(頬白鮫)

ジョーズのモデルになったとされる人喰いザメとして有名。。
さすがに映画ジョーズに使われるだけあり、サメの種類の中でも一番危ないやつ。
体長は大型になる。

世界中の海の沿岸域に生息しており、日本にも生息する。
沿岸沿いの浅い所で生息し、昼行性であるため、人との
接触機会が多く人間がターゲットにされやすい。

 

イタチザメ(鼬鮫)

イタチザメの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

人を襲う、体長は大型になり超危険なサメ。
マイナーだが、イタチザメも映画ジョーズに出ていたよう。

海洋生物や死骸、産業廃棄物、なんでもかんでも飲み込んでいき
波打ち際の浅い場所にまでも出てくる性質がある。
この性質から人と遭遇して襲うことが多く、何もしなくても攻撃されることがある。

人喰いザメの種類のひとつとして知られている。

日本では沖縄、八丈島、相模湾、青森、秋田でも確認されている。
海水浴の際、遭遇する可能性が高いサメ。

オオメジロザメ(大目白鮫)

オオメジロザメの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org

人を襲うサメでかなり危険。、体長4m。
淡水域にもはいりこんでくるサメで、日本では沖縄周辺で確認された。

淡水まではいってくることや、狭い場所や浅い場所まで
入ってくるので遭遇したとき襲われる可能性は高い。
人喰いザメとして有名。

 

ヨゴレ(汚鮫)

このサメはいまいち画像がわかりやすいものがありませんでした。

ブリモドキ、コバンザメ、シイラや
コビレゴンドウの群れに混じって行動することがあるサメ。

小さい魚と共に行動するので
おとなしいように思えるが人を襲うかなり危険なサメ。

人喰いザメとして有名で、外洋性の種類としては一番危険なサメの種類。
海岸にはあまりよってこないよう。

 

ヨシキリザメ(葦切鮫)

日本沿岸でもよくみられるサメの種類、玉数が多いので危険。
人喰いザメとして有名。

この港でもたっぷりと捕獲されている。

捕食パターンはゆっくりとターゲットに近づいていき、ターゲットの周りを
ぐるぐると旋回してから捕食する。

 

 


サメの種類 危険な人食いサメなどと同じカテゴリ

 

サメの種類 危険な人食いサメなどを見ている人は他にこんなページもみています

フィレオフィッシュに使われる魚
フィレオフィッシュに使われる魚

マクドナルドで楽天ポイントが利用できるようになり。最近身近になったような感じがするこのごろです。マクドナルドに行くとなぜかバリ島のクタレギャンあたりにあるマクドナルドの事を思い出してしまいます。英語が伝わるのでやや安心感あり、滞在時に時に利用していました。あそこで最初頼んだときにメニューに書かれている金額と違っていてぼったくられてると思っていましたが税とかが含まれているのでそうでないようでした(笑……

なぜボラという魚は嫌われているのか?
なぜボラという魚は嫌われているのか?

という疑問に関してを実際にいろいろな釣りとボラの関係などで嫌われている理由を載せておきます。一度も釣っていなくて知らない人もボラの嫌われる理由を知るとほしくないと思うはずです。江戸時代などの昔は縁起の良い魚として、善として出されることも多かったような魚のようですが。時代は流れ、いまは釣り人には嫌われることがほとんど。それでは実際になぜ釣り人にボラが嫌われているかと思われる理由を書いていきます。嫌わ……