シュモクザメは人食いザメなのか?


(シュモクザメ頭部の画像、非常に特徴的な形をしている。)

 

ハンマーのような独特の姿をしたシュモクザメが、人食いザメなのか?
ということをいろいろな面から調べてみた。

シュモクザメの和名の由来は頭の部分の突き出たようすが
寺の鐘をつく撞木(しゅもく)に似ていること。
英名 hammerheadshark ハンマーヘッドシャーク。

サメの中では珍しく100匹ほどでも群れでいることもあり、その姿と
あいまって圧巻である。

シュモクザメの群れ 画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

 

ハンマー型の頭部でアカエイなどの獲物を押さえつけて捕食します。

 

シュモクザメの種類

 

シュモクザメとはシュモクザメ科の総称で実際には
細かく数種類に分かれている。

ではどのシュモクザメが日本でよく見られているのでしょうか?

 

シュモクザメは全世界に9種の種類が確認されており

日本近海では3種類のシュモクザメが確認されている。
シロシュモクザメ、アカシュモクザメ、ヒラシュモクザメの3種類。

 

シロシュモクザメ

全長 4m
北海道南部以南の日本各地に分布
外洋性のシュモクザメで人との遭遇するのは少ない。
2008年の国際サメ被害目録には大型シュモクザメによる34件の攻撃が記録されており
、その内17件が能動的な攻撃で、1件の死亡例がある。

 

アカシュモクザメ

全長 3.5m
北海道南部以南の日本各地に分布
これが一番よくみられるシュモクザメ比較的浅めの沿岸で生息する。
3m以下の固体がほとんどで、人間に対する危険性は少ない。

 

ヒラシュモクザメ

全長 5m
南日本に分布、数は少ない。
外洋性のシュモクザメで人との遭遇するのは少ない。
切断に向いた歯を持つため、人に致命的な傷を負わせることができる。

 

一番人間に遭遇率が高いのはアカシュモクザメですが、全長はほとんど3mに
満たない固体が多いらしく、人を襲うには小さいです。
一番危険性がありそうなのは大型のヒラシュモクザメで、この種類は
群れをつくらないようで、臆病な種のようです。

 

 

シュモクザメは人食いなのか?

シュモクザメの横からの画像

シュモクザメは危険性がないという資料

シュモクザメはダイバーには人気者で大人しく何もしなければほぼ襲ってはこない
いろいろな記事に記載されていることが多い。

 

ダイバーのようにウェットスーツを着て体全体が海に浸かっている場合は
シュモクザメの危険性はないのかもしれない。

『サメガイドブック』にはアカシュモクザメのページに
以下のような記載がされている。

ダイバーに対しては非常に臆病で、彼らの気圧調整バルブから
輩出される気泡のブクブクという音が嫌いなようだ。

出典 – 『サメガイドブック』 P189

シュモクザメはダイバーの気圧調整バルブから排出される気泡が嫌いなようで。
ダイバーのかたはシュモクザメに対して安全と言っている方が多いと見受けられる。
このようなことから、確りとした装備でダイビングする際には

 

シュモクザメに対する危険性はかなり低いのではないかと考えられる。

 

 

シュモクザメは危険性があるという資料

変わって、辞典などを引くと、危険、人を襲う、人食いザメなど記載されている。
以下は各辞典などのシュモクザメの項目の引用

3種とも世界の暖海に分布し,おもに浅海や沿岸域に生息するが,シロシュモクザメは外洋でも見つかる。頭部を除けばメジロザメ科にきわめて近縁である。大きさはヒラシュモクザメが全長5m,シロシュモクザメが4m,アカシュモクザメは3.5mになる。いずれも人食いザメとして恐れられる。

出典 – 世界大百科事典第二版 シュモクザメ

 

〔動物・動物学〕軟骨魚類しゅもくざめ科の魚。体長約三㍍。頭部はT字形で撞木に似ており、目はその両端にある。性質は凶暴。

出典 – 学研日本語大辞典

 

シュモクザメ
Sphyrna zygaena; smooth hammerhead shark
真正サメ目シュモクザメ科の海水魚。全長約 4m。頭部の両側が眼とともに突き出し,金槌状になっている。背面は紺青色。性質は荒く,よく人間を襲う。

出典 – ブリタニカ小項目

 

 

  • 世界大百科事典第二版は 「人食いザメ」。
  • 学研日本語大辞典は 「性質は凶暴。」
  • ブリタニカ小項目は 「性質は荒く,よく人間を襲う。」

 

とどちらかというとシュモクザメが危険なサメという、表現。
ただ詳しく人を襲った時などの事例などは記載されていない。

世界大百科事典第二版に関しては「メジロザメ科にきわめて近縁」と記載されている。
メジロザメ科には人食いサメとして知られる、イタチザメ、オオメジロザメ、ヨシキリザメ
などのサメが属している。
どれも結構危険なサメで、人を襲ってくるサメも属している。

 

以下はwikiのシュモクザメ人との関わりの項目の一部

サメに襲われ死傷した事例がいくつか報告されている[3][4]が、より大型のホホジロザメまたはイタチザメによる被害であり、はっきりとシュモクザメによる人的被害と断定された事例はほとんどない。

出典 – シュモクザメ wikipedia

 

wikiの文面はどちらかというと、シュモクザメが人食いというよりも別のサメが襲ったとのこと。
この部分の出典はまだ記載されていない。(2016/7月)

 

過去にはシュモクザメが人を襲ったと思われる
事件「天草遊泳中女子中学生サメ襲撃事件」もあるようだ。

 

「天草遊泳中女子中学生サメ襲撃事件」の事件が起きた近辺の、熊本県上天草市では
シュモクザメなどがよく生息する場所のようで
伝統漁「フカ狩り」でシュモクザメが捕られている。

 

シュモクザメの特徴などを考えると、動きに
よっては肉食魚の食性を刺激すると思われるので
餌などと誤認識したら、「天草遊泳中女子中学生サメ襲撃事件」はシュモクザメでも
 十分起こりえる事件なのかもしれません。
ヨットで出ているということで、大型のヒラシュモクザメと遭遇していた可能性もある。

 

他のおとなしい性格のサメでも人間の足だけがみえている場合に襲ったとされる事件がありました。
シュモクザメも、自然界の生物であり空腹具合では、獲物と認識したものを
容赦なく捕食対象とするでしょう。

 

そしてこちらのyoutubeのシュモクザメの映像、嘘か誠か真相はわかりませんが
まるで怪談のような話です。

ちょっとぞっとするような感じですね。

 

どちらかというと信憑性の高い事典などもシュモクザメを警告しているような文面である
もし海岸などで出会ったら危険でもあるサメという認識をもっておいたほうが良いでしょう。
餌が近辺にいて捕食していて、シュモクザメが興奮状態に陥っていたり。
人の体の一部が海につかっていたりする状況がつづいたりする場合は危険性あると考えられます

人の死亡例は少ないようですが、シュモクザメが『人食いザメ』かというのは
状況によっては人を襲う可能性もあるということが伺えます。

 

シュモクザメの危険性だけをピックアップしたような感じになりましたが
ダイビングの際は危険性はきわめて低そうなので
それほど不安にならなくても良いのではないかと思われます。

 


シュモクザメは人食いザメなのか?と同じカテゴリ

 

シュモクザメは人食いザメなのか?を見ている人は他にこんなページもみています

冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは10℃
冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは10℃

冬の釣り場は寒いので、クーラーボックスに氷は不要という疑問が浮かんだので少し調べてみました。魚の鮮度に重要なのは魚の鮮度を維持するためには、絞めたり血抜きした後で以上の~を保ったほうが良いようです。長崎水産試験場のマアジ鮮度保持試験によれば時間以内であればで保存された魚(マアジ、イサキ)の死後硬直に達する時間が長くなり活けしめの状態が長くなるとされています。鮮度を保つ適温はに近いほうがいいというこ……

アカエイがよく現れる(釣れる)場所や状況
アカエイがよく現れる(釣れる)場所や状況

最大になるアカエイ、アングラーのロッド破壊したりルアーをもぎ取って、ゆうゆうと泳ぎ去っていくにくい奴。ウェーディングで挑む方はかなり被害にあわれているようです。近くのアカエイをヒットさせましたが、寄せて水上に上げようとするとかなり凄い音、ブシューブシューと何かブタの鳴き声みたなのを発します。小さいサイズのものは出ないですね。もしかするとアカエイじゃないかもしれませんが。大きいサイズだと、の字にクル……