シーバス(スズキ)の種類

シーバスの種類 スズキ(マルスズキ)

シーバスの種類 スズキ(マルスズキ)の画像

特徴

  • 対高が低い
  • 第2背びれの軟条数が12~14
  • 側線から尻ビレ前までの鱗の数が18~21
  • 尾の付け根が細い
  • 尾びれ端の切れこみが深め
  • アゴの下の部分に鱗がない

 

日本各地で釣れるスズキの種類がマルスズキ
ヒラスズキやタイリクスズキと比べると大きい個体は
黒っぽいものが多い。
温暖な海域をこのむ、5℃~22℃程度までの海域に生息している。
ベイトを追って汽水域から淡水域まで入り込んでくる。

 

シーバスの種類 ヒラスズキ

シーバスの種類 ヒラスズキの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

特徴

  • 体高が高い
  • 第2背びれの軟条数が15~16
  • 側線から尻ビレ前までの鱗の数が14~16
  • 尾の付け根が太い
  • 尾びれ端の切れこみが浅い
  • アゴの下の部分に鱗がある

 

生息地は限られてくる、スズキより体高が高くかなり引きが強い。
大きい個体でも体は主に銀色。
体高があるためマルスズキと同じサイズでもかなり重量が異なる
マルスズキに比べると暖かい海域に生息する。

外洋を好むので特別な地域でしか見られないように思えるが
千葉県外房周辺から鹿児島までわりと日本各地で生息している。
台風で外洋が荒れると沿岸部にまで近寄ってくるようだ。

 

シーバスの種類 タイリクスズキ

特徴

  • 体側に黒い点がある以外は主にマルスズキと似通っている。
  • マルスズキ、ヒラスズキに比べしたアゴが小さい
  • 尾ビレが小さい

 

外来種、養殖のために国内に持ち込まれ逃げ出した個体
が繁殖して残っている。
体に黒点がついている個体はわかりやすいが、若いときはそうで
ない個体もいる
のでマルスズキに似ている。
体の黒点のため、「ホシスズキ」「ハンテンスズキ」などとも
呼ばれている。

 

 

シーバスの種類 見分け方

 

アゴのウロコの有無

シーバスの種類 見分け方 アゴのウロコ

マルスズキは写真のように下アゴにウロコがないが
ヒラスズキには一列のうろこがある。
ここを見れば比較的簡単に、マルスズキとヒラスズキを
見分けられる。

 

側線から尻ビレ前までの鱗の数

シーバスの種類 見分け方 側線から尻ビレ前までの鱗

 

魚体の中央にある黒い線のようなものが側線
マルスズキが側線から尻ビレ前までの鱗の数が18~21
に対して、ヒラスズキは鱗の数が14~16

 

尾びれの切れ込み

シーバスの種類 見分け方 尾ヒレの切れ込み

マルスズキは尾びれの切れ込みがV字型になっていて
ヒラスズキの切れ込みは平たん

 

 

シーバス(スズキ)の種類と同じカテゴリ

 

シーバス(スズキ)の種類を見ている人は他にこんなページもみています

タモ(ランディングネット)の臭いニオイを付きづらくする方法
タモ(ランディングネット)の臭いニオイを付きづらくする方法

シーバスを釣ってタモにいれランディングしたら感じることですがとっても臭いニオイがタモについてしまいます。しかもそのニオイ、家に帰って洗剤でタモを洗ったとしてもなかなか落ちづらいです。そんなタモにつくいや~な臭いニオイを付きづらくする方法ですが、いたって簡単です。手順は以下のようタモでランディングしたらすぐに一度海で洗うその後しっかりとタモの水を切り乾燥たったこれだけです、ニオイがとことん嫌だという……

アジの寄生虫と対策
アジの寄生虫と対策

アジに寄生するとされる寄生虫アニサキスウエノオ擬嚢尾虫に関してまとめてみました。漁獲量が多く、よく鮮魚コーナーでも手頃な値段で売られるアジ、あまり寄生虫がつかないと思われがちですが寄生するような種類が少しいます。アジの寄生虫ウエノオフナムシなどの仲間とされる寄生虫の一つ。主に魚の舌や、エラなどにとりつく寄生虫、見た目はシャコエビのような姿これが出てくるとかなりキモイ。前からみるとまるで小型のエーリ……