シーバス ロッド おすすめ 低価格では?

シーバス ロッド おすすめ 低価格では?

シーバスのルアーフィッシングは餌釣りなどよりも比較的ロッドは
重要な位置を占める

いろいろな理由があるが、理由のいくつかに以下のような要因があります。

 

  • 弾くロッドではチャンスを逃す
  • キャストする回数が多い

 

弾くロッドではチャンスを逃す

弾くロッド(安いロッド)でも釣れることは釣れるが
しかし弾くロッドであれば、多くのチャンスを逃すことになる

シーバスのルアーフィッシングをやれば
感じることだと思いますが、一日に一回のみしかチャンスが無い
みたいな日もあります、そういう時に弾くロッドでやっていると
シーバスのアタリにティップが追従しないせいで
逃してしまい
かなり惜しい思いをすると思います。

こういう思いをあまりしたくない人は予算の許す限り
自分の利用にあったスペックのロッドを購入することをおすすめします。

 

 

キャストする回数が多い

ルアーフィッシングの場合キャストする回数が
多くなる、そうすると比例してロッドの消耗が著しくなるのは
あきらかです。

ランガンやキャストの多さがあるので、ロッドは比較的軽い
ほうがよく
、さらにスペックも欲しくなる。
その両方を満たしているとそれなりのお値段となってきます。

 

 

シーバス ロッド セクションの数

持ち運びのことなどを考えられて、セクションがわかれている。
持ち運びなどの不便さを考えなければ
ワンピースのロッドがスムーズに力を伝達しやすい。

現在販売されている人気のあるシーバスロッドでは
セクションの数は2本のものがほとんどです。

 

セクションの数でのロッド呼び方

1本 ワンピース
2本 ツーピース
2本 ワン&ハーフ(先端が長い)
2以上 マルチピース

 

 

シーバス ロッド テーパーの種類

 

スローテーパー

魚がフッキングしたとき全体に分散して重さを受けるロッド。
中心を軸としてロッドがしなる。

感度がいまいちなので、ライトな釣りには
向かなく大物の魚を狙う際におすすめのロッド。

ミディアムテーパー

オールマイティーなロッドでシーバス用のロッドと
して販売されているものにはこの種類が多くある。

ジギング、キャスティング、ソフトルアーなどに
万能で使いやすいロッド

初心が最初にもつロッドとしておすすめできる。

 

ファストテーパー

先端がよく曲がるロッド、ティップが繊細なタイプなので
アクションで食わせるルアーフィッシングにはおすすめ。
ライトゲーム用としてよく利用される。

シーバスのサイズが小さい時はファストテーパーを
利用したい。

 

 

シーバス ロッド おすすめ 1万円以下

 

シーバス ロッド おすすめ 1万円以下でおすすめなのは
『シマノ ルアーマチック スピニング』のシリーズ
安い価格であるが満足できるスペックとなっていて
シーバスルアーフィッシングには十分事足りる。
初心者におすすめできるシーバス ロッドです。
特におすすめはMLの、ルアーマチック スピニング S86ML

自重が135gと非常に軽く、MLなのでオールマイティにいろいろな
ルアーフィッシングに使えるのが特徴であり人気のある
シーバスロッドとなっている。

 

シーバス ロッド おすすめ ルアーマチック スピニングのスペック

シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S80L

全長 2.44m
セクションの数 2
自重 135g
適合ルアーウェイト 4~21g
適合ライン PE 0.5~1.2号
カーボン 95%

シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S86ML

全長 2.59m
セクションの数 2
自重 145g
適合ルアーウェイト 6~28g
適合ライン PE 0.6~1.2号
カーボン 95.2%

シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S90ML

全長 2.74m
セクションの数 2
自重 155g
適合ルアーウェイト 6~28g
適合ライン PE 0.6~1.5号
カーボン 95.1%

 

同じ価格帯であればダイワのリバティクラブ シーバス
シリーズがシーバスロッドで人気がある、スペックを比較すると
ややリバティクラブ シーバスが同じ全長のものでも
ルアーマチック スピニングより 10g程度、自重が重くなる

カーボン率などの違いからか、リバティクラブ シーバスは
ルアーマチック スピニングに比べるとやや硬いロッドとなっている

 

リバティクラブ シーバスのスペック

ダイワ ロッド リバティクラブ シーバス 86ML

標準全長:2.59m
継数:2本
仕舞:134cm
標準自重:155g
先径:1.7mm
元径:12.6mm
対応ルアー:7~35g
対応ライン:8~16lb
カーボン含有率:67%

 

ダイワ ロッド リバティクラブ シーバス 90ML

標準全長:2.74m
継数:2本
仕舞:142cm
標準自重:165g
先径:1.7mm
元径:13.5mm
対応ルアー:7~35g
対応ライン:8~16lb
カーボン含有率:67%

 

ダイワ ロッド リバティクラブ シーバス 96ML

標準全長:2.90m
継数:2本
仕舞:150cm
標準自重:180g
先径:1.8mm
元径:14.5mm
対応ルアー:7~35g
対応ライン:8~16lb
カーボン含有率:65%

 

 

シーバス ロッド おすすめ 1万円以上

シーバス ロッド 1万円以上であればダイワのシーバスロッド
『ラテオ』のシリーズがおすすめできます。

ダイワのロッドの中でもコストパフォーマンスに優れているロッドです。
初心者の方でも長くシーバスを続けようと考えている方は
ダイワのラテオシリーズをおすすめします。
他の同じ価格帯のロッドと比較してもラテオのシリーズは
コストパフォーマンスに優れています。

非常に人気がありシーバスを釣るためのロッドです。
13年にモデルチェンジをして新しくなりました。

13ラテオからメガトップという技術が搭載されています。
これは従来のロッドのカーボン構造とことなり、カーボン繊維とレンジが
均一に分散されます。
このために、強度が増したりアタリを弾くことが従来のロッドよりも少なく
なりました。

ダイワのラテオは非常に軽い作りのロッドとなっています。
シーバスのルアーフィッシングはランガンやキャストの多さ
さらにはアクションを入れたりすることもあり軽さは重要な要素です。
軽いロッドであれば、アタリに反応しやすくなりシーバスを
キャッチできる機会も増えます。

 

シーバス ロッド おすすめ ラテオのスペック表

 

ダイワ ロッド ラテオ 86ML・Q

標準全長:2.59m
継数:2本
仕舞寸法:134cm
標準自重:128g
先径:1.6mm
元径:11.9mm
対応ルアー:7~35g
対応ナイロンライン:8~16lb
対応PEライン:0.6~1.5号
カーボン含有率:97%

 

ダイワ ロッド ラテオ 90L・Q

標準全長:2.74m
継数:2本
仕舞寸法:142cm
標準自重:130g
先径:1.5mm
元径:12.4mm
対応ルアー:5~28g
対応ナイロンライン:6~12lb
対応PEライン:0.5~1.2号
カーボン含有率:97%

 

ダイワ ロッド ラテオ 100ML・Q

標準全長:3.05m
継数:2本
仕舞寸法:157cm
標準自重:152g
先径:1.6mm
元径:13.9mm
対応ルアー:7~40g
対応ナイロンライン:8~16lb
対応PEライン:0.6~1.5号

 

ダイワ ロッド ラテオ 100TM・Q

全長(m):3.05
継数(本):3
仕舞(cm):113
自重(g):195
先径/元径(mm):2.0/18.3
ルアー重量(g):10-50
ライン(ナイロン lb):10-20
ライン(PE 号):0.8-2.0
カーボン含有率(%):97

 

 

 


シーバス ロッド おすすめ 低価格では?と同じカテゴリ

 

シーバス ロッド おすすめ 低価格では?を見ている人は他にこんなページもみています

超絶ヤバイ!毒のある危険な生物
超絶ヤバイ!毒のある危険な生物

海にいる毒のある魚や生物を写真画像をつけてまとめて紹介しているページ。毒のある魚の種類一覧アカエイ(画像は同じアカエイ属でかなり似ている)こげ茶色の体色で、縁が橙色。尾の部分に毒を注入するトゲが突き出している。死んだ個体でも注意する必要がある。砂の中に体を埋めて、目だけをだしていることが多い。このことから海水浴の際、被害に合う事がおおいようで踏みつけられそうになった所を毒針で刺されるというパターン……

フィッシュグリップ 安い ノーブランド品
フィッシュグリップ 安い ノーブランド品

安いフィッシュグリップノーブランド品フィッシュグリップコード付きステン製グリップという商品に関しての詳細です。安いフィッシュグリップノーブランド品おすすめの人以下のような方にはおすすめできるフィッシュグリップです。あまりランガンしない足場のいい場所でしか釣らないフックを外す時しか使わないとにかく安いフィッシュグリップが欲しい安いフィッシュグリップノーブランド品各部全体約程度とそれほど長さはありませ……