シーバス ワーム 代表的な種類

シーバスを釣るときのワームに関しての事や
釣れやすいとされている代表的なワームなどを掲載しておきます。

 

シーバス ワーム 代表的な種類

 

マーズ r32

 

マーズ r32はアクションさせることによって
スレたシーバスもバイトさせることができる。
小物のシーバスを多数上げたい場合などはアクションさせて釣るといい。
しかし、正確にアクションさせないと
見切られる可能性は高いので
初心者の方はただ巻きで利用したほうが無難かと思われる。
ダートアクションなど行うためには
専用のジグヘッドを使うとよりキレのあるアクションが
出るので専用のジグヘッドを使うことをオススメする。

 

パワーシャッド

パワーシャッドパッケージ

以下 太刀魚用の記事からの内容です。

ワインドのやり方がわからないという初心者の方にも
リールをだだ巻きするだけでも釣れるのでおすすめできるワーム
パワーシャッド。

パワーシャッドは3インチ4インチ5インチといったサイズが
売られています。

なかでも『3インチがおすすめ』です

 

理由はいろいろとあるが一番は釣れやすいということ。

大きいサイズの物よりも釣りのなかでの適応範囲が広い
ということが言えると思います。

 

太刀魚も釣れやすいですが、シーバスにも効果的です。

補足しておくとシーバスの場合は、ほぼベイトを丸のみにするので
上向きのフックのみの利用で問題ないのと、ケミカルは不要です。

このパワーシャッド、海の生命感のなく
ミノーをかなりの種類投げても反応がないような時でも
ランガンしつつパワーシャッドで探っていって
一本出るということもあります。

こういう時は割とうれしいですね。

 

 

グラスミノー

 

 

エコギア パワーワーム グラスミノー

(エコギア パワーワーム グラスミノーの写真)

これもパワーシャッドと同じエコギアがだしている
ワームで、かなり素材などがにています。
こちらもパワーシャッドと同じくパッケージにカプセルいり
などと書いています。

こちらはパワーシャッドにシーバスの反応が出ないような時に
グラスミノーを投げると来るときもあります。

パワージャッドと比較すると、ボディが細いからか
やや脆いような感じはします。

 

 

コアマン アルカリ

 

コアマンの製品は安定して釣れるものが多く
こちらのワームもかなり釣れる部類に入ります。

触ってみるとわかりますが他のワームと比べて
少し違ったような素材の感触がします
テールの動きがさそうのか、かなりシーバスを
反応させるなにかがあります。

 

欠点を上げると他のワームと比べるとかなり柔らかいので
すぐにボロくなります、一匹シーバスを上げると
それまでということも良くあること。
一本つかって一匹あげれるなら安いものですが

 

ガルプ(Gulp!)

ガルプ(Gulp!)の画像

 

ガルプ(Gulp!)がおすすめできる理由は
『匂いで魚を誘うという』特徴をもっていること。

 

特にガルプ(Gulp!)の場合それがかなり強いので

≪動きでの誘いに対して、太刀魚が反応しなくなった時≫
に強いです。

Gulp! Sinking Minnowはほとんど動きでのアピールがないので
誘うというのは『匂い』という要素が強いかと思われます。

なので太刀魚にはGulp!の匂い効果は効くと考えられそうです。

特に動きでアピールするワームしか持っていない人には
Gulp!はおすすめできるワームです。

 

シーバスでガルプ(Gulp!)を使う場合は小さいサイズのガルプ(Gulp!)に
ジグヘッドリグを埋め込んで使う
のが一番釣れやすいです。
もうこれはほぼ餌釣りに近いです。

 

シーバスにも3インチがおすすめですが、5インチなど
大きいものにも飛距離が出るというメリットがあります。
Gulp! Sinking Minnowであればワーム単体でも結構
重さがあり、ノーシンカーなどでもそれなりに飛距離が
稼げます。

ミノーや他のワームで一切反応がでない時の
最終兵器として持っておくのもあり。

 

ワームからの派生 バイブレーションなど

コアマン vj-16

やや反則的なルアーのひとつ、対シーバス戦では
使いどころでは最強ルアーなのではと思いますが、まあ
感想は人それぞれ。

初心者が第一ステップとして使うのは
いいかもしれないですけど、これを使って釣り上げて
しまうと考えることを止めてしまう事も多そうなので
最初の一発目からはあまり使わないほうがいいかも。

 

上で紹介したコアマン アルカリを刺して使うバイブレーション
ハクパターン、マイクロベイトパターンだろうが御構い無しに
釣れるルアー

とりあえず何のワームを買ったらいいのか判らない場合は
だまされたと思ってこれだけを買っておけば幸せになれるかも。

 

 

マーズ ブランチ110(branch)

マーズ branch ブランチ110

これは釣れるというわけではないですが、おまけで。

マーズ R32で有名な マーズが出していたバチに
特化したようなルアーbranch110

現ヒルクライムのマーズが出していた ブランチ110(branch)
HPをみても今はこのルアーは販売されていないもよう。

ルアーのジャンルでいうとソフトシンキングペンシルという
ような所。

ワームとシンキングをミックスしたような感じのもので
バチシーズンの使用を主としたような内容になっている。

販売されていたカラーの半分ぐらいはバチSelectionと
なっている。

ワームのつけ方

 

以下はワームジグヘッドのつけ方のコツ。
マーズ r32だけでなく他のワームもこのようにして針につける。

ワームとジグヘッドを重ねて、針を出す部分を決める。

針を出す部分にジグヘッドの針先でキズをつける

ワームの中央に針を刺し、針を通していくときは片目をつぶる。
(針を通すときは目の真正面で作業する。)

 

 

このやり方でワームに針を通した後に、キャストして
普通にリールを巻いてみて
まっすぐに泳ぐようであれば、正確にワームが刺さっている

まっすぐに泳がずにやや斜めの方向などに泳いでしまう場合は
さし方が甘いので再度やり直し。
これをシビアに行うことによってよりナチュラルな泳ぎになる。

メインで狙うような場所から離れたあまりシーバスがいないような
場所で明るい時期にテストする。

 

 

ワームのカラー

ワームのカラーは数多くどれを買ったらいいのかわかりづらいと
思います。

 

濁りが強いような釣り場であれば、そこまでカラーの選択に
こただわる必要はないと思いますが(どちらかというとアピール度に着目)
水の色がクリアになればなるほど、カラーの選択をしっかりと選んで
おかないとシーバスからの反応がなくなる。

 

水の透明度が高い、明るい時間

ナチュラル
クリア

 

夜間、周囲がかなり暗い

チャート
ホワイト
ブラック

 

水の透明度が低い(濁り)、夜間 常夜灯あり

チャート
ピンク(オレンジ)
グロー


シーバス ワーム 代表的な種類と同じカテゴリ

 

シーバス ワーム 代表的な種類を見ている人は他にこんなページもみています

邪道 ヨレヨレ インプレと使い方 たまに爆釣れる
邪道 ヨレヨレ インプレと使い方 たまに爆釣れる

数年使い込みましたがルアーの中でもナイトゲームであれば数あるルアーの中でも上位の釣れやすさを誇るルアー。アジ、サバ、イワシなどのベイトがいない時期のナイトゲームではかなり優秀です。とにかくオールシーズン使えそうな感じのルアーの一つ。バチ抜けなどのチーバスのシーズンにも使ってみましたが、ヨレヨレにもかかわらず結構出ます。ヨレヨレミニであれば、かなりタフコンで神経質なシーバスにも効果的です。なぜか評価……

太刀魚におすすめワーム ガルプ(Gulp!)
太刀魚におすすめワーム  ガルプ(Gulp!)

は動きでの誘いはないようなワームなので匂い以外のアピール力はなさそうである。動きでのアピールが欲しい場合は他のを。ガルプを太刀魚釣りにおすすめする理由ガルプがおすすめできる理由は匂いで魚を誘うという特徴をもっていること。特にガルプの場合それがかなり強いので動きでの誘いに対して、太刀魚が反応しなくなった時に強いです。実際に匂いで魚を誘うという効果がどのように実釣りで強みがあるのかという理由を載せてい……