ジグサビキの作り方 ダイソーで安くと高級なのも

ジグサビキ 作り方 用意するもの

  • 市販のサビキ仕掛け(ダイソーなど)
  • メタルジグ(ダイソーなど)

 

ダイソーサビキ仕掛け

ダイソーサビキ ハゲ皮
(写真の針の根本についている黄緑の部分)

ダイソーサビキはすべてのラインナップに蓄光用の玉(針の根本の黄緑)がついている。
昔売られていたダイソーサビキは、他の市販のサビキ仕掛けに比べると釣れづらいこともあった。

 

ダイソーサビキなら蓄光になっている部分が、市販のサビキで黒くなっている
(おそらくアミエビの目をイミテートしたものだろうか)
ものはダイソーサビキよりも釣れる。
入れ食いみたいな時はあまり違いはわからないと思うが
釣れづらい時にやればそれなりに違いは判るかと思う。

 

ダイソーサビキの中では、日中に使う場合「ハゲ皮」が一番釣れやすい
ようなのでハゲ皮を選択したほうがいいだろう。

 

サビキでやる場合どれでやっても、それなりに釣れる
訳だがジグサビキとなると、コマセが無く
サビキ仕掛けがお粗末だと、さらに釣れづらくなる

メタルジグの針を付けたまま大きい魚も
釣りたい場合は、サビキ仕掛けの幹糸が太いものを利用することをお勧め。
ダイソーサビキも、針が8号であれば幹糸が4号なのでそこそこ大きい魚を釣り上げることができる。

 

ダイソーメタルジグ ジグロック

やや重い重量のもの使って遠投したい人もいるかもしれないが
28g 40g を使うと、安いロッドなどで投げたりすると
ロッドは折れやすい。

さらにフォール(海の中に落ちていくの)が早いので、フォール中のバイトを誘いずらい
サイズ的に小さいサビキで釣れる魚が反応しずらい。
ジグロック18gを使うのがおススメ。この程度なら飛距離も問題なし。

ジギングサビキではフォール中にかなり反応が出やすいので
小さい魚を釣る場合軽いメタルジグを使うほうがいい。

 

本来ならもう少し軽い10g以下程度のメタルジグのほうが
いいがコスパを優先するのであればジグロック18gもあり。
ジグロックは塗装がかなり剥げやすいので加工して
使わないと一回の釣り行でもダメになってしまうことも多い。

他ではジグパラマイクロの軽くて安いものがおススメ。
かなり軽いサイズの物は安売りされていることが多く
結構コスパはいいかと思う、こちらにするとアシストフックに
かかって思わぬ魚が釣れやすくなることも多いかと。

 

ジグサビキ 作り方

 

これは作り方というよりも単に
サビキ仕掛けとメタルジグの接続方法といったほうが
いいのかもしれない。

 

サビキ仕掛け(ダイソーなど)

メタルジグ(ダイソーなど)

 

とサビキ仕掛けの一番下のサルカンの部分に
メタルジグ接続部分を繋げる
だけと
いういたってシンプルで簡単なもの。

これをやるだけですべてダイソーであれば一つ200円程度で
ジグサビキの完成。
(100円2組入りのサビキを使ったほうが安いですが)
巷で売られている、市販のジグサビキは500円 ,600円で
あるので、たったこれだけで4~500円ほどの節約。

市販の専用のジグサビキは500円 ,600円と
お値段が高めだが、幹糸が太いものが多し
サビキの部分も大型の魚も釣れやすくなっている。
どちらかというと船で使う用の物も多い。

 

似たような物を安くで作って何度か使ってみているが
ほどほどに釣れる事は釣れる

ジグサビキ 作り方 安く

ダイソーサビキ ピンクスキン

 

これもいたって簡単で
上記したジギングサビキ 作り方

サビキ仕掛け(ダイソーなど)

メタルジグ(ダイソーなど)

 

節約するにはサビキ仕掛けの部分を途中でカットしてやればいい。

 

通常のサビキ仕掛けはハリが6本ついているが、実際のジグサビキで
6匹まとめて釣れることはかなり稀。

ジグサビキはせいぜい釣れて1匹、2匹(もしくは全く釣れない……)
ことがほとんどなのでサビキ仕掛けの途中で、カットして
2分割、3分割
すればいい、ただカットした部分にサルカンを結ばないと
いけないのでその程度の作業はしないといけない。

サビキ仕掛けを分割するのは節約するだけでなく他のメリットもある。
実際に6本針のサビキ仕掛けにメタルジグをつけて投げるとわかるが
すごい投げづらい。
なのでどの道、2分割ぐらいして使うほうがかなり使いやすい。

 

すべてダイソー製品で作り2分割すれば、約150円程度で1セットできる。

 

 

ジグサビキ 作り方 釣れやすい物

 

ちょっと出してコスパや釣れ具合がいい
ジグサビキを作るのであれば

サビキ仕掛け

少し値段が張るものを使い2分割か3分割にする。

ハヤブサの「小アジ専科」シリーズ リアルアミエビ
特におすすめできる。
かなりサビキの部分がアミエビに似ていて
少しでもアミエビのコマセを食べていると反応しやすくなる。

実売350円と、少々他のサビキ仕掛けに比べて値は張るが
3分割すると約116円と悪くはない値段になる。

実際には2分割して使うことが多いと思う。

 

メタルジグ

ダイソー ジグロック18gのコーティングしたものを使う。

この2つでジグサビキを作ると約216円で
実際に釣れやすいジグサビキができる。
ただでさえ普通のサビキに比べてやや釣れづらいジグサビキ
これぐらいの物を使わないとアミエビなどのコマセが近くでただよっていない
場所では釣れづらい。

 

 

面倒なことが嫌な人は

安いものであばれ、タックルベリーに300円ぐらい
ジグサビキのセットで売っているので
なにをやるのもめんどくさいという人は
それでもいいかもしれない。

送料などを加味すると、タックルベリーに直接行って
ジグサビキを買うと市販のものの中では安い。

 

ジグサビキの作り方 ダイソーで安くと高級なのもと同じカテゴリ

 

ジグサビキの作り方 ダイソーで安くと高級なのもを見ている人は他にこんなページもみています

アジ釣り その場で捌くといい理由
アジ釣り その場で捌くといい理由

堤防からのサビキ釣りなどをして、アジなどの魚をもって帰っても味がいまいち美味しくないと感じている方も多いのではないでしょうか。そういう場合はアジ釣りの後でその場で捌くことをオススメします。なぜアジ釣りの後でその場で捌くべきかといいますともともと豆アジ、小アジなどは身がそれほどない上に身の多くの所に、内臓やエラのアラの部分が触れています。アラが時間がたつごとに鮮度が悪くなり、触れている身の部分までも……

サビキ 堤防から夜釣り
サビキ 堤防から夜釣り

サビキで魚を釣るといったら日の出ている時間帯に行うのが一般的ですが、夜でも釣れるなどと思う方も多いはずです。サビキで釣れる魚の大半はアジ、サバ、イワシとなりアジ、サバは夜でも多く釣れることができます。その中でアジは一般的に日中行動性の魚で夜は活発さは昼に比べると劣りますがそれなりに釣れます。アジングという、ルアーでアジを釣るゲームは基本的に夜に行うことが多いです。過去にアジの行動の記事を書いたので……