ジグサビキ堤防からの釣り方 5つのコツ

ジグサビキの釣る場合、ナブラがかなりの数いないと
結構渋い釣果で終わることも多いです。

 

しかし、魚の数なども関係しますが群れが多ければジグサビキはかなり釣れます。
下手をすれば、アミエビのコマセを使っている人ぐらいに釣れるかも
しれません。

実はジグサビキの釣り方の検証を行っている時に
やや離れた場所でコマセを使いサビキをしている多数がいたのですが
おそらくその人達よりも、多く釣れていました。

このジグサビキのキーポイントはフォール(落下させる時)です。

 

その次に重要なのは、使用するメタルジグ

 

それと、水深のやや深いような釣り場でないと、何度も仕掛けを落とし込まないと
いけないので面倒になってきます。

おそらくですが、あまりよくない重いメタルジグを使っていると
フォール中に魚がサビキに追いつけないのと見切られて
でそれほど数は釣れないようになります。

 

イワシの画像
(ジグサビキで釣ったイワシ)
イワシだけはいつもかなりの群れでいることが多いので、イワシがいれば
ジグサビキはおすすめできる釣り方です。

釣れる魚はサビキで釣れる魚がほとんどで、たまにですが
ツバスなどもメタルジグの方に掛かる時もあります。

めったにない状況ですので、あまり期待しないように。
しかし、掛かるかどうかは別ですがツバスがいればかなり高確率で
ジグサビキに反応してくれます。

 

ジグサビキ堤防からの釣り方 仕掛け

市販の専用ものがありますからそれを使うのも
良いです。

 

簡単な仕掛けなので、自分でサビキと
メタルジグを用意して、仕掛けを組んでも
いいでしょう。

サビキのアミカゴをつける所に、メタルジグをセット
すれば仕掛けは完了です。

 

根がかりが嫌な方はメタルジグのフックを外す事
おすすめします。

それほど大物もかかるということもないですし、慣れてないと
ラインと絡むトラブルも多いかと思うのでメタルジグのフックは基本的に
外しておいた方がいいかと思います。
釣れてもタモがなければサビキが引きちぎれてほぼ終了です。

 

ジグサビキのアシストフックに擦れ掛かりしたアジ
(写真のようにかなりスレ掛かりして釣れることもあり)

フックを外すのはトレブルフックのものだけで、アシストフック
はつけたままにしておいたほうがいい
です。
何故なら、このアシストフックの部分にも魚が高確率で擦れ掛かりして
くれて釣れます。1/5ぐらいはこのアシストフックの部分に擦れがかりして釣れます。
(ジグパラマイクロを使った場合ですが)

メタルジグでおすすめなのはジグパラマイクロです
これを使うことによってかなり釣果が変わると思います。
昔別のメタルジグを使って試したのですが、明らかに魚の反応が違います。
15gを使って確認してみましたが、フォールの速度は遅い方が有利かと思うので
5gとかの方がいいかもしれません。

ダイソーのメタルジグ ジグロックを使う場合でも18gのものを利用して
アシストフックに付け替えた方がいいです。

 

 

ジグサビキ堤防からの釣り方 コツ

 

基本は足元にフォール

足元に魚がいる時はジグサビキをフォールさせるのが基本です。
このフォール時にいかに食わせるかがポイント
この釣り方でアミエビを使うのと同じように釣れ続けました。

検証するため20分ぐらいで、50匹ぐらいは釣りました。
ジグサビキの場合、コマセをつける必要がなく回転がかなり速いです。

 

  1. リールのベールを開けて、ジグサビキを足元に落とし込みます
  2. 少し沈み込んだら、指で糸を抑えて、落下を止めて、竿を小さくしゃくらせます
  3. すぐに指を糸から離し、再度落下させる
  4. 2,3を底に着くまで繰り返す

 

ジグサビキの場合、ほとんどフォール中だけに魚が反応するようですので
水深が深い釣り場が有利で、メタルジグも軽い物のほうが良いと思えます。
スピニングよりもベイトリールのほうが簡単にできます。

群れがいれば延々と釣れ続けます、基本これだけでいいです。

後の項目はこの方法でも釣れない場合です。

 

ランガンしながら群れが流れてくる前に落とす

群れがいても、数回キャストすると見切られて群れが流れて
いくような感じですので、群れに遭遇したらせいぜい1~2回ぐらい
釣れる
といった感じです。(見切られない時もあります)

サビキをやっている人がほとんどいない所でしか
できませんが、ランガンしながら群れを探し群れが
流れてくる直前に落とし込むとよく釣れます。

 

群れがやや沖の方にいる場合キャストする

群れが沖の方にいる場合、その方向にキャストして
竿を細かくしゃくりながら引っ張ってくるだけで、釣れます。

しかしこちらはやや釣れづらいですね。

 

ボトムにメタルジグだけをつける

釣れる魚が表層だけでなく、中層や底にいる場合
底にメタルジグだけを落とし込み。

メタルジグだけを底に落とし込み⇒竿をしゃくる

を繰り返していてもよく釣れます。
メタルジグが一瞬だけしか見えないようにするのがコツです。

これはあまり見切られないのか、割と何度も釣れるときが
あります。

根がかりする場合があるので、これをやる時は
メタルジグのフックは不要です。

 

セコ技 人のアミエビが流れてくる場所でやる

エサでサビキ釣りをしている人の近くなどで、潮の流れに
のってアミエビが流れてくる所
などがあります、そういう所でやれば
ほぼエサ釣りしてるのと同じになりますので簡単に釣れます。

アミエビが流れる場所が沖の場合もそこに投げても同じく釣れます。

これはエサ釣りをしている人のおこぼれを貰っているので
わかっている人には嫌がられるかもしれません、ほどほどに
マナーを守って釣りをしましょう。

 

 


  • マルシン ジギング堤防サビキ ジグサビキ 【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】【あす楽_年中無休】

    150円

  • 【10点までメール便対応商品】ジギングサビキ ジグサビキ さびき 仕掛け 10号(M) 14号(L) キャスティング 仕掛け 船釣り

    198円

  • 【メール便OK】【アシスト】オーナーばり:ウルトラライトジグサビキ 【S-3457】 Lサイズ 【フック(ルアー用)】

    300円

ジグサビキ堤防からの釣り方 5つのコツと同じカテゴリ

 

ジグサビキ堤防からの釣り方 5つのコツを見ている人は他にこんなページもみています

チューブ サビキ餌のメリットとデメリット
チューブ サビキ餌のメリットとデメリット

あまり釣りをしない人でも手軽サビキ釣りをできるチューブタイプのサビキ餌についてのメリットとデメリットを掲載しています。販売されているチューブ式のサビキ餌商品の種類は以下のようなものがあります。値段や容量もかなりばらつきがあり、それほど多くの商品が出ていない感じがありますね。チューブ式のサビキ餌商品の種類アミ姫(常温可)ハイパワーアミエビ(常温可)にぎっていれるだけ(常温可)カンタンサビキブルーベリ……

太刀魚に似た魚の種類 ナガユメタチモドキなど
太刀魚に似た魚の種類 ナガユメタチモドキなど

ここで紹介する太刀魚に似ている魚はすべてスズキ目タチウオ科に属する魚、深海魚もいたりして近海ではそれほど釣れないように思えたりするが、船で太刀魚やキンメダイを狙った時などは時釣れることもある。かなり似ている魚が多いので、いままで船で釣った人もそのまま太刀魚と自分の中で確定して、釣れた釣れたなどとの扱いをしてしまっている人もいるかもしれない。知っていれば、かなりレアものなのだから写真の一つぐらいはと……