ジグサビキ タックルの選択

ジグサビキに使うタックル、ロッドとリール
数多くの製品が出ているので今一つ判りづらいと
思われる方も多くいるのではないでしょうか。

ジグサビキで実際に使ってみてのタックルに関して
いろいと感じた事をメモしておきます。

 

ジグサビキ タックルどう選ぶ

ジグサビキといっても狙うターゲット用など用途に
分かれていろいろなタイプの仕掛けが市販
されている。

ざっと通販サイトなどで「ジグサビキ」と検索して
みてもかなりの数の市販のジグサビキが出てくる。
これぐらい出てくるから、あまり海釣りをやった事がない
方はどれを買ったらいいのか判りづらいのでは。

堤防などのショアから坊主逃れ目的で市販のジグサビキを
買うのであれば「ライト系」
のものがおススメ。

メタルジグの重さが30g以上のものは、ショアであれば
飛ばして使うか、船などならジギングのようにして
使うようなほうが釣れやすい。

ライトなジグサビキではメタルジグも軽く
タックルも比較的ライトなものに合わせるほうが
使いやすいです。

どのルアーフィッシングでも基本的なことですが
ジグサビキも『仕掛けやターゲット』
によってタックルを使い分ける
というのが理想的。

 

ジグサビキ タックルを合わせる理由

ジグサビキに使うリール

リールは飛距離がそれほど拘らないというのであれば
スピニングであれば 
シマノ3000番 ダイワ2500番程度
が使いやすいです。

ロッドに比べるとやや、重要度は落ちるリールですが
使っているといろいろと思うことはあります。

番手の大きいリールは重さがある

番手の大きいリールは大は小を兼ねる的に
やはり飛距離はそれなりに出ます。

ただ重さがそれなりにあり、ロッドワークを繰り返していると
じわじわと響いくることに。

特にライトショア的にアクションを駆使して
ジグサビキを使いたい方
などはあまり大きすぎる番手は
選ばす適度にあったものを利用したほうがいいです。

アクションを使わない場合でも、ランガンを
する場合なども同じく。

リールの重さというのはタックルの中でも結構
な割合を占めるので、比較的重視していたほうが
いい要素です。

 

小型の魚を釣るのは飛距離は要らない

ジグサビキで小型の魚を釣る場合、足元へフォール
のみだけで釣れます。

ショアの場合釣り場によっては足元が浅い場合もありますので
その時はキャストする必要があり。

 

飛距離もあまり不要と思いますので、リールは
適度な番手のもののほうが疲れも出なく

いいでしょう。

 

フォールのみで釣る場合、ベイトリールが使いやすい

上に書いたように小型の魚を釣る場合、足元へフォール
するのが一番効果的に釣れる方法です。

特にそれに特化する場合はベイトリールが
かなり扱いやすくて釣りやすいです。

船などでジギングなどをする時もベイトリールが多いですが
あんな感じに落とし込んで、巻き上げ使うので
いろいろとメリットが多いです。

 

ジグサビキに使うロッド

 

重さがあっていないとロッドが破損する、飛距離が出ない

市販のジグサビキの仕掛け、メタルジグの重さなどの
表記がされているはず。

ロッドの投げれる重さの許容値をはるかに超えている場合は
破損の確立は高くなる

実際の釣りでは数割ぐらいは超えていても
簡単にはロッドは破損しないが
あからさまに倍近くの重さのジグサビキを投げていると
確率的にはかなり破損しやすい。

極端な例を挙げると
例えば、よく1000円前後で売られているようなサビキセットの
ロッドで重いジグサビキなどをフルキャストし続ければ
いずれロッドは破損するはず。

海釣り初心者の方は気を付けて欲しい所の一つ。

せっかく「ジグサビキで釣る!」
と勢いよく釣りにいっても
一キャスト目でロッド破損で終了。

などとなると、もう二度と釣りはしないなどと
いう気分にさえなると思う。

 

ロッドの破損以外でも、やはりロッドとメタルジグの重さの
ズレにより飛距離は出なくなります

例えばHなどの硬いロッドで軽いジグサビキを投げるよりも
軟やらかいロッドで投げるほうが跳躍力を使うことが出来るので
飛ばしやすく、飛距離も出ます。

 

自作でサビキをそのまま使う場合、長めのロッドのほうが使いやすい

自作してジグサビキを作る場合
は比較的長いロッドの方が使いやすいです。

市販サビキの売られているものを
そのまま自作サビキにして使うと。

ガイドの先端から出る仕掛けの部分がかなり
長くなり、この為短いロッドであるとかなりキャスト
しづらくなります

実際にキャストしてみれば判るがこの面戸くささは
かなりのもの。

しかし、これは単にサビキを半分程度にカットしたりして
使えば問題は解決するので、そこまでメリットがあると
いう訳ではありません。

 

小型の魚は感度のいいロッドのほうが釣れやすい

 

ジグサビキは主にライトショアジギングの
坊主逃れの為、使われることも多いかと思う、特に
小型の魚ばかりを狙う訳ではなければ
そのままライトショアジギング用のタックルでも使える。

ただヘビーなロッドであれば、針に乗せるのに感度が
必要な魚種を釣る場合、ややロッドを弾かれやすい
感じることも多い。

なので主にライトなジグサビキをメインで使う場合は
ロッドもメバリング用程度なかなりライトなロッドの
方が弾かれづらい。

カマスは釣れるような場所ではよく
ジグサビキでも何匹も釣れるが、硬いロッドであると
弾かれやすくて、針に乗せるのがめんどくさいです。

 

ジグサビキ タックルは対象魚に合ったものを

 

タックルが合っていると、キャストしやすい。
ルアーフィッシングなのでロッドワークがかなり多く
タックルの総重量が重いとひとつひとつの動作が重しとなってきて
疲労が蓄積されてくる
ので、やはりできるだけ軽く合っているいる
タックルを使いたい所。

特にジグサビキで小型の魚だけをターゲットにする場合
飛ばさずに、足元などにフォールさせてのみで釣れるので
ライトロッドだけで十分で、弾かれずに
比較的簡単にフッキングまで持ち込みやすいと
いうメリットもあります。

 

実際に釣りを行って合っているタックルを使うと
「釣れやすい」とは別に「扱いやすい」
感じると思う。

動作を変に制御しなくていいのでストレスが溜りにくく
釣りに集中しやすいと言える。

 

ジグサビキはかなり幅広いターゲットが釣れるので
釣る魚によってのタックルの使い分けをするべき。
といっても個別の魚でタックルを使い分ける必要はなく

  • 小型の魚
  • 中型~大型の魚

 

など対象魚の大きさなどでタックルを使い分ける
ぐらいでいいのではないかと思う。

小型の魚だけを狙う場合は
メタルジグの重さが15g程度のジグサビキで
実際のタックルの性能などを挙げてみれば

ロッドはM程度 シーバスロッド等

リール スピニングであれば シマノ3000番 ダイワ2500番

ぐらいの性能で、狙うターゲットによっては
ロッドはもう少し柔らかいものでも良いかと思う。

 

ジグサビキ タックルの選択と同じカテゴリ

 

ジグサビキ タックルの選択を見ている人は他にこんなページもみています

ダイソー自作ジグサビキの作り方
ダイソー自作ジグサビキの作り方

サビキ釣りなどファミリーフィッシングで行う方などはまだ海釣りライトユーザーの方も多いはずです。なのでそれほど釣り具にはお金はかけたくはないような方も中にはいるはず。そんな方御用達、ダイソーの商品で自作したジグサビキは釣れやすいかという事を確認してメモした記事です。基本的にサビキでよく数が釣れやすいアジ、サバ、イワシだけを釣る事をメインとした記事です。ダイソーでのジグサビキ自作についてまずはダイソー……