ジョーフィッシュの混泳

ジョーフィッシュは、わりと臆病なので
他の海水魚と混泳させていると、巣穴にはいったままあまりでてこない場合がある
そのまま餌をたべずに巣穴にはいったままの状態で衰弱して餓死する場合もあり。
なのでジョーフィッシュをメインで飼育しようとする場合は、他の
海水魚の混泳はせず単独飼育するのがベスト。

巣穴を床砂につくるので、床を掃除するようなタイプの海水魚だと、ジョーフィッシュの巣穴を
破壊するので混泳はしないほうがいい。
ジョーフィッシュの種類は穴を掘らないとストレスがたまり病気になるので
穴を掘れるように水槽に砂底を用意しなければならない。

混泳する場合もジョーフィッシュを環境になれさせてからいれるべきで、ハタタテハゼなどの
ハゼの種類や、カエルウオなどが相性がいい。
イソギンチャクの種類は捕獲されるので×

ジョーフィッシュは性別が外観からわかりにくいので同種をペアで混泳させる場合は注意が必要。
オス同士だと激しく争い、殺し合いをする。
メス同士だと問題ない。もとからペアになっている固体を購入するのが安全なので
よくペアで売られている。

無脊椎動物とは混泳が可能だが、穴を掘るのがすきなので
せっかく作った巣穴が埋められたり、イソギンチャクなどが移動して底に敷かれた砂
で覆われたりすることがあるので、あまりオススメはできない。

 

 

ジョーフィッシュの混泳表