Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スズキ 出世魚 名前や大きさの順番

出世魚 スズキの画像

スズキはよく知られる出世魚の種類の一つ。

名前の由来の一つとしても、出世魚として
出世がススムということでスズキという名前がついたと
いう説もあります。

 

値段はそれなりにする高級魚なので、スーパーなど
ではそれほど見かけることは少ないです。

 

売られている場合に、スズキの個体の大きさによって
名前の順番の一つ
のどれかだけが表記されて
売られている場合もあります。

例えば小さいものであれば

  • セイゴ
  • セイゴ(スズキ)

 

などと商品名などに記載されている
ことを見かけるかもしれません。

 

スズキに関しては、多く呼び名がありますが
どれも同じ魚

学名は Lateolabrax japonicus

正式な和名は「マルスズキ」という魚。

 

マルスズキの画像
(マルスズキの画像)

一般的に「スズキ」 = 「マルスズキ」とされていていますが
他の種類のスズキもいます。
写真と見た目の姿が異なっていたら
チェックしてみるのもいいかもしれません。

 

ヒラスズキの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/


(上 ヒラスズキ 下 タイリクスズキ)

 

出世魚というものは呼び名が多く
関東や関西または地方などでも呼び名が
ことなる事もあります。
以下にそれらスズキの各地域の名前や大きさの順番を
掲載しておきます。

 

 

スズキ 出世魚 名前(呼び名)の順番 関東

コッパ⇒セイゴ⇒フッコ⇒スズキ⇒オオタロウ

 

大きさの順番

60数センチ 出世魚としてスズキと呼ばれる個体
(60数センチ 出世魚としてスズキと呼ばれる個体)

コッパ(全長約10cm)→セイゴ(20~30cm)→フッコ(40~60cm)→スズキ(60cm以上)→オオタロウ(老成魚)

 

成長具合にもよりますが

1,2年もので「セイゴ」

2,3年目以降の魚「フッコ」

4,5年ものの魚「スズキ」

 

と呼ぶようです。

 

スズキ 出世魚 名前(呼び名)の順番 関西

セイゴ⇒ハネ⇒スズキ

大きさの順番

スズキ 40数センチ 出世魚でハネと呼ばれる大きさ
(スズキ 40数センチ 出世魚でハネと呼ばれる大きさ)

セイゴ(全長20~30cm)⇒ハネ(40~60cm)⇒スズキ (60cm以上)

 

 

スズキ 出世魚 名前(呼び名)の順番 その他地方

スズキ 小型サイズ
(スズキ 小型サイズ 地方でもいろいろな呼び名があります)

 

  • 浜名湖付近 セイゴ⇒マタカア⇒オオマタ⇒コチウ⇒チウイオ⇒オオチュウ⇒オオモノ

  • 東海地方 60cmまでをすべてセイゴ それ以上をマダカ

  • 霞ヶ浦 ヒカリコ(幼魚)

  • 宮城県周辺 小型のサイズをセッパ

  • 有明海産 アカンバクラ(幼魚)、ハクラ(サイズは不明)

  • 新潟県 大きいものをユウド

 

参考文献

世界大百科事典第二版
wikipedia スズキ

 

スズキ シーバス 釣りでの呼び名

 

出世魚の話とは異なりますが、スズキは
ルアーの対象魚などとしてはシーバス
などと呼ばれている。

ルアーフィッシングではどちらかというとシーバスが定着しています。
80cm以上のシーバスがランカーシーバス
と呼ばれることも多いです。

 

マルスズキの英名が「Japanese sea bass」
なので名前の由来はここから来たと
されています。

 

ちなみに餌釣りの方はどちらかというとスズキ
上で書いた
出世魚の名称を使い呼ぶことのほうが多いです。

 

スズキ 出世魚 名前や大きさの順番と同じカテゴリ