タコ釣り用 餌木メンテナンス

タコ釣り用 餌木

タコ釣り用のルアーはロストも多いし、それほど高いものでは
ないので無くなったら買えばいいと思ってあまり
メンテナンスをしない人は多いのでは
無いでしょうか?

 

しかし、ロストしなかったタコ釣り用のルアーでも
メンテナンスをしなければ、すぐに使えないものに
なってしまいます
、その事例をいろいろと紹介しておきます。
例はよくある写真のようなタイプの物です。

 

タコ釣り用 餌木 メンテナンスせず使い続けた場合

  • フックが錆びる
  • 表面の素材がボロボロになる
  • アイが取れる
  • フックが抜ける
  • ラインアイが抜ける
  • 錘が取れる

 

フックが錆びる

タコ釣り用 餌木 フックが錆びる

一番起きやすいですね、さすがに塩水につけこんだまま
おいておくと削れた所からすぐに錆びてきます。
そのまま使い続けると折れます。

タコ釣り用ルアーは簡単にフックが交換できない
し、交換するぐらいなら買いなおしたほうが早いので
フックは割と重要な部分ですね。

軽傷であればスチールウールで磨いて
防錆び剤を軽くふればある程度回復できます。

 

 

表面の素材がボロボロになる

タコ釣り用 餌木 表面の素材がボロボロになる

メンテするのとしないので、違いがでてきます。
表面の糸のような部分が所々引きちぎれてきます。

 

 

アイが取れる

タコ釣り用 餌木 アイが取れる

これも洗っていないと結構取れますね
洗わないと接着部もすぐにもろくなってくる
のかもしれません。

フックが抜ける

タコ釣り用 餌木 フックが抜ける

使用不可に、メンテしているとかなり
起きづらいです。
かなり使っていないと起きませんが。

 

ラインアイが抜ける

タコ釣り用 餌木 ラインアイが抜ける
ラインアイはスナップとの接続部のことです。

だんだんとグラついてきます、根がかりなどでよく
引っ張るので起きやすいです、メンテしているとこれも
起きづらいです。

 

錘が取れる

タコ釣り用 餌木 錘が取れる

ボトムにぶつかる回数が多いからか、結構取れやすいです。
メンテしているとこれも起きづらいです。
グラついてきた時点でいったん抜いて修復しておけば
錘だけロストして使えなくなるということを避けられます。

 

タコ釣り用 餌木 メンテナンス

基本

メンテナンスといっても基本的には簡単で、使ったあとに水洗いした
後に水気をふき取り乾燥するだけといったものです。
これを行うだけでもかなりの劣化のスピード違います。

タコ釣り用 餌木を長持ちさせたければとりあえず
これだけを行っておけばいいでしょう。

 

鉄の部分

ほんの軽く防錆び剤を振って、ふき取るだけで長持ちします。
防錆び剤あまり接合部のところまでつけないようにしたほうがいいでしょう。
錆びが少したところはスチールウールで軽く磨くとすぐに取れます。

 

フック

フックの先端をツメに当ててみて、ひっかかりがなければ
鋭さがなくなっているので、磨く必要があり。
フック研ぎで磨きましょう。

 

接合部

どれもすべてエポキシ2液混合で補強します。
ダイソーなどの100均でも売っています。

フックとラインアイの接合部がグラついたりしたら
補強します。

錘はグラついてきたら抜き取ってエポキシ2液混合で
接着するほうがいいでしょう。

 

 

どうでしょうか、メンテするのも釣りの楽しみの一つに
してしまえばタコ釣り用の餌木も
それなりに長持ちするかと思います。

 

 

 


タコ釣り用 餌木メンテナンスと同じカテゴリ

 

タコ釣り用 餌木メンテナンスを見ている人は他にこんなページもみています

ルアーや釣り具を直す接着剤 エポキシ2液混合
ルアーや釣り具を直す接着剤  エポキシ2液混合

ルアーや釣り具を直す接着剤についてコスパがよく強力に接着できるものはエポキシ液混合タイプの接着剤であると思います。一度使用してみればいかに強力かということがわかるかと思います。写真のものはダイソーで売っているので円ということで手軽に使うことができますので直したいものがあれば是日おすすめです。容量はので接着させるだけなら何度も使えるかと思います。パテも入っていてかなり使えます。分で硬化するのでその間……

冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは何度?
冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは何度?

冬の釣り場は寒いので、クーラーボックスに氷は不要という疑問が浮かんだので少し調べてみました。魚の鮮度に重要なのは魚の鮮度を維持するためには、絞めたり血抜きした後で以上の~を保ったほうが良いようです。長崎水産試験場のマアジ鮮度保持試験によれば時間以内であればで保存された魚(マアジ、イサキ)の死後硬直に達する時間が長くなり活けしめの状態が長くなるとされています。鮮度を保つ適温はに近いほうがいいというこ……