オクトパスタップ

オクトパスタップ パッケージ表
(パッケージ表)
オクトパスタップ パッケージ裏 説明
(パッケージ裏の説明)

底を引くのでルアーロストが多い、タコ釣り。
オクトパスタップの詳細をメモしておきます。

決してよく釣れるタコ餌木ではありません、並みクラスのものです。
値段が値段なので所々に作りこみの甘さを感じます。
しかしロストしてもあまり痛くない値段なのでストレスなく新しい場所でもタコ釣りを
楽しむことができると思います。

関西の実店舗で安く買える所では消費税無しのスーパートライアル
で1個398円だったかと思います。
タコのシーズンになればよく売り切れていますが。

(2017年7月あたり)ヤフオクで5個セットで1000円以下で出品されているので
送料込みで1個200円弱といった所です。
時期によっては値段が異なるかもしれません。

ヤフオクをやっていない方はこれを機にどうでしょうか?

ダイソーで似たようなものが200円程度で売っていれば手軽なのですが
タコ釣りは知名度は高くないので需要が見込まれないのかもしれません。

 

 

オクトパスタップの詳細

オクトパスタップ 全体

 

ラインアイ

オクトパスタップ ラインアイ

ルアーなどでよくあるフックの接続部の所まで一体化に
なっているようなタイプのラインアイではありません。

長く使っているとグラグラと
ラインアイが外れそうになってきます。

よく根がかりなどで、強く引っ張ることが
多いというのも原因でしょうか。

 

アイ

オクトパスタップ アイ

使った後に水洗いしているとそれほど
外れるということはないです。

そのまま放置し使い続けるとアイは外れやすいです。

タコ釣りの場合アイがなくても問題なさそうです。

 

オモリ

オクトパスタップ オモリ

 

壁に誤って激突させると、けっこうな確率でオモリが
ぐらぐらと外れそう
になります。

引きちぎってエポキシで固めないとすぐロストします。

ものによってバラつきがあるのか、本体とオモリの間に
隙間があるものもあります。

 

オモリと餌木の先端部分の隙間にいろいろな物が
挟まって
ルアーロストとかがよくあり。

一番多くひっかけるのは、引きちぎれた釣り糸です。
これが多くの根がかりのような原因になっていることでしょう。

このオモリと餌木の隙間はまず必要はないので
エポキシで、完全に隙間を埋めておいたほうがいいです。

 

フック

オクトパスタップ フック

 

フックはタコルアー全般に言えることですが、まともな
トレブルフックに比べると鋭さがあまりありません

爪に当てると少しは引っかかりますが
新品の状態でもあまり掛かりづらそうな
感じがします。

こだわる方はフック研ぎで研いでおいたほうが
いいでしょう。
激渋の時に一杯引き出せるかに影響します。

 

タコルアー全般のフックの鋭さがほとんど無い為か
タコを引き上げた時にあとほんの少しという所で海の中に
落としている人が多くみられます。

人があれをやってるのを見るのは、ネタのようで面白いのですが
油断すると時々あり。

フックは使っているとすぐに劣化するので
ふところに余裕のある方は、毎回新しい餌木を。

 

 

オクトパスタップのカラー

 

カラーはパッケージ後ろの説明を見る限りでは7色あるようです。

オクトパスタップ パッケージ裏 カラー

Variation Chart

  • オールピンク
  • オールオレンジ
  • ホワイトグロー
  • ピンクヘッド
  • オレンジヘッド
  • ピーチボーン
  • ブルー

あまり見たことのないカラーも販売されているよう。

 

パッケージには説明に何も記載されていませんが。
蓄光させるとカラーによって暗闇で光る明るさにかなり
違いがあります

夜光で一番明るいと思うのはホワイトグロー
暗い所でオールピンクなどと比べるとかなり違いがわかります。

その為か夜釣りの場合ホワイトグローの釣果が良好。

オクトパスタップ ホワイトグローでタコを釣る

朝はオールピンクの方に反応が良いです。
オクトパスタップ オールピンクでタコを釣る

オクトパスタップと同じカテゴリ

 

オクトパスタップを見ている人は他にこんなページもみています

タコ釣り用 ルアーメンテナンス
タコ釣り用 ルアーメンテナンス

タコ釣り用のルアーはロストも多いし、それほど高いものではないので無くなったら買えばいいと思ってあまりメンテナンスをしない人は多いのでは無いでしょうかしかし、ロストしなかったタコ釣り用のルアーでもメンテナンスをしなければ、すぐに使えないものになってしまいます、その事例をいろいろと紹介しておきます。例はよくある写真のようなタイプの物です。タコ釣り用ルアーメンテナンスせず使い続けた場合フックが錆びる表面……

アオリイカ 締め方(ナイフ,ハサミ,チョップ)締めないとどうなる?
アオリイカ 締め方(ナイフ,ハサミ,チョップ)締めないとどうなる?

アオリイカは墨攻撃もあり、釣った後にできればすばやく締めたい所。いろいろな締め方や、締めないとどうなるのかを書いておきます。アオリイカの締め方締める前の墨対策主に陸に上げた時に締める方がほとんどだと思いますがアオリイカを直ぐに締める際には、必ずゲソ触手の下の方を自分の方に向けないということが大切。デカいアオリイカを釣って墨を吐かれるのがどうしても嫌な方は胴体の水を抜けば墨を飛ばしてこなくなるので、……