太刀魚の餌釣り 釣れない場合のオススメ

タチウオの餌釣りでどうしても釣れない!と
いった場合で試してみて欲しい事を掲載しておきました。

渋いときは一晩粘ってもダメ。

で、もう本当に嫌になる時なんかの暇つぶし
試しみることをお勧めします。

 

 

飲ませ用の餌をジグサビキで釣る

 

エサ不要のジグサビキで飲ませ用の餌を
釣るという方法。

竿を何本もある方はジグサビキの仕掛けを
持っていくことで、タチウオ釣りの飲ませ用の餌
を釣る
事が出来たりもします。

ジグサビキは昼だけでなくて、夜もつれたりしますが常夜灯など
明かりがある場所
でないと、なかなか渋かったりも
します。
しかし、暗い場所でも稀につれたりすることも
あります。

 

ジグサビキはタチウオの飲ませ用の餌を手に入れるのに
ちょうどいい感じの釣れ具合なので、わりとおすすめできます。

 

おすすめなのは

ボトムにメタルジグだけをつける方法

釣れる魚が表層だけでなく、中層や底にいる場合は
底にメタルジグだけを落とし込み。

メタルジグだけを底に落とし込み⇒竿をしゃくる

を繰り返していてもよく釣れます。
メタルジグが一瞬だけしか見えないようにするのがコツです。

これはあまり見切られないのか、割と何度も釣れるときが
あります。

根がかりする場合があるので、これをやる時は
メタルジグのフックは不要です。

 

これをやると夜にもそれなりに釣れたことがあります。

 

後、タチウオ釣りの飲ませに関して

タチウオ釣りの飲ませをやっている方をかなりの数
見てきましたが、ほとんど釣れているのは防波堤など
の際を魚を泳がせている
方が多かったです。

投げてもそれなりに釣れるとは思いますが。
どちらかというと防波堤などの際を泳がせている方
のほうがかなり釣れている方も多いし
自分でやった場合もその方が釣れる事も多かったです。

遠くに投げると飲ませの魚事態がすぐに
弱ってくるというのも一つの原因かもしれません。

 

ルアー パワーシャッドを使う

 

ルアーということで、竿をしゃくったりしないといけないので
面倒そうと思われるかもしれませんが、それはワインドの方で

パワーシャッドの方は投げて巻くだけで釣れるような
ソフトルアー
です。

非常に簡単で、夜に暗い場所でやってもそれなりに釣れたりします。

36mmぐらいのケミカルを数十センチほどパワーシャッドから離してつけると太刀魚に
かなり見えやすいので、いい反応がでます。

タチウオでパワーシャッドを使うジグヘッドは、フックが下向き
のものにしたほうがいいです。
あまり食いがいいような時でないと、端の部分を噛まれること
ばかりで終わります。
使うジグヘッドはオーナー カルティバ AXアックスとかは安くておすすめです。
太刀魚に使うときはトレブルフックは外したほうが良いですね。

 

一晩中投げるのは面倒とおもいますので、定期的に投げて
タチウオの反応を試すみたいな感じで使うと
いいかもしれません。

パワージャッドで入れ食いになれば、結構ヤバいぐらいに
釣れたりすることもあるので、餌釣りでも忍ばせて行くことを
おススメします。

 

メタルジグ、メタルバイブなどを使う(常夜灯あり)

常夜灯の真下や全体的に照らされているの明るい場所に限りますが
鉄板系のメタルジグ、メタルバイブなどを使うという方法。

割と釣れます、あまり活性がよくないときは一回釣ると
同じ場所で同じ鉄板もののルアーを何度なげても反応がなくなるので。
移動していろいろな場所で投げるか、ある程度時間をおいて投げる必要があります。
一度釣れる度にいろいろな鉄板系の物でローテーションしていけば、反応が出るかも。

 

 

アイアンプレートで釣った太刀魚
(コアマン アイアンプレートで釣った太刀魚)

 

 

 

メタルジグの場合、朝マズメも終わりほとんど太刀魚からの反応が
なくなった時でも、沖のほうに大遠投して探ると釣れるときもあり。
朝の8時ぐらいになってもまだ釣れます。

キビナゴが餌の場合他の魚を釣る

自分も周りの釣り人にもタチウオのアタリも無く
一切ダメというときに日にオススメ。

タチウオをあきらめて、別の魚を釣るという方法

主にタチウオ釣りではキビナゴが餌の事が多いと思いますので
以下の記事に掲載しているような魚が釣れたりします。

 

キビナゴで釣れる魚の種類を挙げてみればこれだけも釣れます

サバ
ヒラアジ
マダイ
シロギス
カマス
スズキ
カサゴ(ガシラ)
ソイ
アイナメ
メバル
キジハタ(アコウ)
ヒラメ
マゴチ
アナゴ
ウナギ

 

おすすめなのは、根魚系。
特にアナゴはいろいろな場所にいて一番おすすめできます。

仕掛けも電気ウキを外して、ワイヤーなどを
アナゴ用のハリスに交換して投げ込む
だけで
釣れます。
(ワイヤーのままやっても釣れそうですが)

また周りがタチウオが釣れだしたら直ぐに戻せるので
かなりお手軽にチャレンジできます。

 

べた凪の時がおすすめです。
アナゴの画像
イカの切り身で釣ったアナゴの画像

アナゴは11月ごろの寒くなってきて、タチウオも渋い日が
多くなってきた時なんかに、アナゴを釣っていると
入れ食い状態になったりするので、タチウオが釣れなくても
満足みたいな日があったりします。


太刀魚の餌釣り 釣れない場合のオススメと同じカテゴリ

 

太刀魚の餌釣り 釣れない場合のオススメを見ている人は他にこんなページもみています

アニサキス対策 魚の安全な食べ方
アニサキス対策 魚の安全な食べ方

アニサキスは最近かかる芸能人なども多く比較的ニュースなどの話題になることも多く知名度が上がってきた。あまり寄生虫などが嫌いな人は知らないほうがいいことかもしれないが実はこのアニサキスという寄生生物はかなりの確率でスーパーなどで売られる魚の内臓に寄生しているようだその寄生率といったらすごいものでアニサキスの感染陽性率はマサバ匹、ゴマサバ匹にそれぞれ、であったことも調査結果である。これは大阪の大阪府立……

ジグサビキ堤防からの釣り方 5つのコツ
ジグサビキ堤防からの釣り方 5つのコツ

ジグサビキの釣る場合、ナブラがかなりの数いないと結構渋い釣果で終わることも多いです。基本的にアミエビを使う同じ時間やっても、アミエビを使った時のぐらいの数しか釣れないような感じです。魚を釣ってもすべてリリースするような方にはおすすめできる釣りかと思います。(ジグサビキで釣ったイワシ)イワシだけはいつもかなりの群れでいることが多いので、イワシがいればジグサビキはおすすめできる釣り方です。釣れる魚はサ……