タナゴの種類

コイ科なので、口ひげがついている種が多い。
産卵期、雄には婚姻色がでるのが特徴でからだ綺麗な色合いになる種も多い。
二枚貝に産卵する。

日本のタナゴ類は岡山県に多く生息する。
他にも多くの日本淡水魚が生息している。

タイリクバラタナゴの画像


タイリクバラタナゴの画像
By: kamujp


  • タナゴ
  • タイリクバラタナゴ
  • アカヒレタビレ
  • シロヒレタビラ
  • ニッポンバラタナゴ
  • ヤリタナゴ
  • アブラボテ
  • ヤリボテ
  • カゼトゲタナゴ
  • ゼニタナゴ
  • イチモンジタナゴ
  • ミヤコタナゴ
  • イタセンパラ
  • カネヒラ

各共通項目を次のように記載してある

  1. 名前
  2. 全長
  3. 生息地

  1. タナゴ
  2. 10cm
  3. 本州

最も体高が低い。1対のひげはごく短い。
雄の婚姻色は黒ずみ、腹部が桃色になる。
カラスガイ、ドブガイなどに産卵。


  1. タイリクバラタナゴ
  2. cm
  3. 中国

日本へは1940年代に輸入された。腹ビレの前ふちに白く細い線が入るのが
特徴、幼魚だとはっきりしないものもある。
雄の婚姻色は赤みが強い。


  1. アカヒレタビレ
  2. 8cm
  3. 本州(利根側以北)

雄の婚姻色は尻ビレの縁が赤紅色になる。
イシガイなどに産卵。


  1. シロヒレタビラ
  2. 8cm
  3. 本州

尾筒に青緑色の線がはいる。
雄の婚姻色は、魚体に強い青味を発して、尻ビレ腹ビレの外線が白く縁取られる
婚姻色がでると、魚体の下の部分(腹ビレ、尻ビレを含む)が黒くなることもある。
岡山県の水路に生息する。


  1. ニッポンバラタナゴ
  2. 5cm
  3. 本州、四国、九州

タイリクバラタナゴに似るが、腹ビレの前線がない
イシガイ類の二枚貝に産卵。


  1. ヤリタナゴ
  2. 10cm
  3. 本州、四国、九州

タナゴの中ではもっとも広く日本に分布する。
他のタナゴに比べ体長が大きくなり、比較的細長い感じに見える。
一対のひげがある。
雄の婚姻色は頭部付近と尻ビレの縁が赤くなり、腹が黒くなる。
岡山県の水路に生息する。


  1. アブラボテ
  2. 7cm
  3. 本州、四国、九州

気性が荒いので、混泳すると他の魚を追いかけまわすことがある。
1対の口ひげがあり、体は黒いオリーブグリーンなので他のタナゴと判別しやすい。
繁殖期には吻端に追い星がつく
雄の婚姻色は赤みがかかりわかりやすい。
ドブガイやマツカサガイに産卵。
岡山県の水路に生息する。


  1. ヤリボテ
  2. 7cm
  3. 本州

ヤリタナゴとアブラボテが交雑したタナゴ。
分布域が重なるため、良く見られる。
岡山県の水路に生息する。


  1. カゼトゲタナゴ
  2. 5cm
  3. 九州北部

筑後川系に多く生息する。尾の付け根からからだ中央にかけて暗青色の線があるのが
特徴。体側は淡紅色、腹の下縁は黒い。
マツカサガイなどに産卵。


  1. ゼニタナゴ
  2. 8cm
  3. 神奈川以北

タナゴのなかでは一番鱗が細かいので判別しやすい。
雄の婚姻色は腹付近が淡紅色になる。
カラスガイ、ドブガイなどに産卵。


  1. イチモンジタナゴ
  2. 8cm
  3. 本州

タナゴに似る体型、ひげがつくが、非常に短い。

雄の婚姻色は中央の青い線の上に紅色の線が平行に入る


  1. ミヤコタナゴ
  2. 6cm
  3. 茨城除く関東

湧き水を水源にした渓流やため池に生息する。
雄の尻ビレの黒い帯が太く、腹ビレの先も黒い
マツカサガイに産卵。
天然記念物に指定されている。


  1. イタセンパラ
  2. 10cm
  3. 本州

比較的大きくなるタナゴ。尻ビレの分岐軟条数が多い
雄の婚姻色は体側が紫紅色で光沢がある。
小型の以外に産卵。


  1. カネヒラ
  2. 12cm
  3. 本州

タナゴ類でもっとも大きくなる種、イタセンパラに似るが
魚体がやや細長い。1対の口ひげがある。
雄の婚姻色は背側が青緑色、腹、背ビレ、尻ビレに桃色が現れる
二枚貝に産卵。
岡山県の水路に生息する。

タナゴの種類と同じカテゴリ

 

タナゴの種類を見ている人は他にこんなページもみています

危険 顎口虫が寄生する魚の種類
危険 顎口虫が寄生する魚の種類

顎口虫は主に、淡水に生息する魚の種類へと寄生する。あまり淡水魚を生で食べることはしないと思われるが、特別な状況などで食べる可能性も考えられるので、その際は顎口虫に注意する必要性がある。症状は極めて危険で人体に入った顎口虫は胃壁や腸壁を破り体内に移行。幼虫は人の臓器、脊椎、脳、眼球などに入り込んでいき、その機能を損傷させる恐れがある。主に顎口虫はドジョウの踊り食いなどをして食するのが危険視されている……

ドリーのモデルとなった モントレーベイ水族館
ドリーのモデルとなった モントレーベイ水族館

モントレーベイ水族館の入り口モントレーベイ水族館は、アメリカカリフォルニアのモントレーで一番人気のある観光地。イワシを使った缶詰工場の建物を、改装して作られた水族館です。モントレーベイ水族館は展示されるのが珍しいホホジロザメの飼育を試みられ、半年程飼育することに成功した例もあるようです。あまり知られていませんが、ホホジロザメは飼育がかなり難しく、沖縄の美ら海水族館でも年月日から飼育が始まりましたが……