タモ(ランディングネット)の臭いニオイを付きづらくする方法

シーバスを釣ってタモにいれランディングしたら感じることですが
とっても臭いニオイがタモについてしまいます

しかもそのニオイ、家に帰って洗剤でタモを洗ったと
してもなかなか落ちづらいです。

そんなタモにつくいや~な臭いニオイを付きづらくする方法
ですが、いたって簡単です。手順は以下のよう

 

  1. タモでランディングしたらすぐに一度海で洗う

  2. その後しっかりとタモの水を切り乾燥

 

 

たったこれだけです、ニオイがとことん嫌だという方は
洗剤などで洗ってもいいかと思います。
(しかし海にそのまま流さないように、自然環境にいいような
洗剤だと問題ないですが)

 

タモに入れられたシーバスヌメリがつきます。
(タモにシーバスをいれるとヌメリがついてしまいます。)

 

 

一度タモに臭いニオイがついてしまうとわかりますが
なかなか強力で落ちづらいですよ。

 

シーバスの場合、釣った後に記念撮影なんかに時間をかけたり
針なんかが取れづらくて時間がかかったりして
タモをしっかりと直ぐに洗わなかったします。

シーバスをタモに入れたときにヌメリがついて
写真撮影などで時間をかけると、タモがそのまま生乾き
になります。

 

このヌメリがついたまま生乾きになるというのが
ニオイの原因
のようです。

シーバスを釣った後は、すぐタモを洗って乾燥
これを心掛ければそれほどタモにニオイは付かなくなります。

 

 

 

タモ(ランディングネット)の臭いニオイを付きづらくする方法と同じカテゴリ

 

タモ(ランディングネット)の臭いニオイを付きづらくする方法を見ている人は他にこんなページもみています

サゴシ(サワラ) 堤防からルアーでの釣り方
サゴシ(サワラ) 堤防からルアーでの釣り方

堤防から比較的お手軽に狙える青物サゴシのルアーでの釣り方をいろいろと載せておきます。サゴシサワラの釣り方ワインド朝マズメのいわゆる爆釣りするような時はワインドがかなり釣れやすいのですが、シーズンによっては太刀魚もかなり掛かります。太刀魚が不要な方は別の方法のほうがいいでしょう。捕食スイッチが入っていない時はいまいち効果的でないような気がします。飛距離は出ませんので、近い所を回遊している時に。ワーム……

バチ抜け 釣れる時間(日)
バチ抜け 釣れる時間(日)

シーバスはなかなか釣れづらい魚なのでせっかく釣りに行くのであれば、釣れやすい日にシーバスを釣りたいというのが多くの人の考えることなのではないでしょうか。シーバスのバチ抜けと言われるシーズンで釣れる日の事と、少しの検証をしてみたことをメモした記事です。バチは満月の夜に抜けやすいと言われているシーバスの教本などでは、バチが抜けやすいのは満月の夜と書かれていることが多いです。確かにバチ抜けのシーズンに釣……