タモ(ランディングネット)の臭いニオイを付きづらくする方法

シーバスを釣ってタモにいれランディングしたら感じることですが
とっても臭いニオイがタモについてしまいます

しかもそのニオイ、家に帰って洗剤でタモを洗ったと
してもなかなか落ちづらいです。

そんなタモにつくいや~な臭いニオイを付きづらくする方法
ですが、いたって簡単です。手順は以下のよう

 

  1. タモでランディングしたらすぐに一度海で洗う

  2. その後しっかりとタモの水を切り乾燥

 

 

たったこれだけです、ニオイがとことん嫌だという方は
洗剤などで洗ってもいいかと思います。
(しかし海にそのまま流さないように、自然環境にいいような
洗剤だと問題ないですが)

 

タモに入れられたシーバスヌメリがつきます。
(タモにシーバスをいれるとヌメリがついてしまいます。)

 

 

一度タモに臭いニオイがついてしまうとわかりますが
なかなか強力で落ちづらいですよ。

 

シーバスの場合、釣った後に記念撮影なんかに時間をかけたり
針なんかが取れづらくて時間がかかったりして
タモをしっかりと直ぐに洗わなかったします。

シーバスをタモに入れたときにヌメリがついて
写真撮影などで時間をかけると、タモがそのまま生乾き
になります。

 

このヌメリがついたまま生乾きになるというのが
ニオイの原因
のようです。

シーバスを釣った後は、すぐタモを洗って乾燥
これを心掛ければそれほどタモにニオイは付かなくなります。

 

 

 

タモ(ランディングネット)の臭いニオイを付きづらくする方法と同じカテゴリ

 

タモ(ランディングネット)の臭いニオイを付きづらくする方法を見ている人は他にこんなページもみています

カマス 最強ルアーでもりもり釣り上げる
カマス 最強ルアーでもりもり釣り上げる

白身魚でなかなか美味しい魚カマスをお手軽に釣る方法や使うルアーを載せておきます。群れがいればすぐに釣れるので、夜釣りする前に事前にオカズを釣っておくのもどうしょうか。カマス釣り時間帯カマス釣りの時間は明るい時間が良く釣れます、カマスは基本的に明るい時間帯に活発に行動する魚です。簡単に釣る為には明るい時間に絞って釣るほうが楽です。実際に、おなじ場所で同じ方法で釣れていても夕まずめが終わったようなかな……

サゴシ臭い原因、締め方に問題あり
サゴシ臭い原因、締め方に問題あり

サゴシを初めてライトショアジギングで釣りクーラーボックスにそのまま放り込んで持ち帰る方なども多いのではないでしょうか。はじめての釣り魚を持ち帰った場合処理などで失敗すると、かなりまずくなる原因となります。せっかく釣ったサゴシを臭い、まずいなどとしないようにそれらが起こる原因などをメモしておきます。サゴシが臭い、まずいの原因サゴシはサバと同じグループスズキ目サバ科に属する魚の種類。正式な和名はサワラ……