ダイソー自作ジグサビキ仕掛け簡単な作り方

サビキ釣りなどファミリーフィッシングで
行う方などは
まだ海釣りライトユーザーの方も多いはずです。

なのでそれほど釣り具にはお金はかけたくはない
ような方も中にはいるはず。

 

そんな方御用達、ダイソーの商品で自作した
ジグサビキ
は釣れやすいかという事を
確認してメモした記事です。

 

基本的にサビキでよく数が釣れやすいアジ、サバ、イワシだけ
を釣る事をメイン
とした記事です。

 

ダイソーでのジグサビキ仕掛けの自作について

まずはダイソーシリーズでジグサビキの仕掛けを自作する
やり方から。

 

ジグサビキに使う ジグベイト18g
ダイソー ジグベイト18gを

ダイソーサビキ ジグサビキ用にカット
ダイソーサビキに。写真のものはジグサビキ用に2針にカットしたもの。

 

完全に節約するのであれば、6分割して針を1本にすると
18円でサビキ仕掛けの部分のみは完成します。
ただこれは真ん中の部分などが結びづらくなるので、2分割でちょうど
ぐらいかと思います。
2分割の3針ぐらいは投げやすい、ジグサビキは鈴なりで釣れることもあまりないので
3針ぐらいで十分かと。
糸を結ぶのが得意でない場合そのまま使っても釣れます。

 

ジグサビキでアジ、サバを釣る場合投げずに足元に落とし込んでも釣れます。
基本的に落とし込んだ時のみに魚が反応することがほとんどなので
結ぶのが面倒な人はそのまま使っても問題ありません

大体魚がかかるのはメタルジグの、1つ上か2つ上のサビキの針です。

ダイソー自作 ジグサビキ
メタルジグとサビキを合わせた写真。
自作という言葉が必要?と思うぐらいに誰でも簡単に
できます。

 

ダイソー サビキ釣り具の詳細

 

ダイソー メタルジグ ジグロック

昔の商品はジグベイトというものでしたが、最近はジグロックと
いう名称になっているようです。

 

ジグロック 重さのラインナップ

  • 18g
  • 28g
  • 40g

 

アジ、サバ、イワシを釣る場合、18g以外はあまりおすすめしません

気候がいいシーズンになると18gは売り切れていることが多く
28gという中途半端な重さだけがよく残っているような。

 

ファミリーサビキセットなどについてくる竿の場合
18g程度のフルキャストでは折れることは少ないと思いますが。
(リールのドラグの設定では折れる事も)
28g,40gであれば、リールのベールをおこすのを忘れて
フルキャストすると折れる可能性は高いです。

実際にブリの開幕シーズンに、ダイソー ジグロック40gを
フルキャストして折れている人を何度か見ているので
安いロッドで釣り慣れていない方は高確率で終わると思っておいた
ほうがいいです。

40gのメタルジグであれば竿でいえば、MHぐらいのものが適しているので
基本的に格安の竿で投げるのは適していません。

重いメタルジグジグを投げる⇒飛距離が出る⇒釣れる

という考えにいたりがちですが

実際は

重いメタルジグジグを投げる⇒ロッドの破損⇒終了

重いメタルジグジグを投げる⇒ラインブレイク⇒終了

などが多いかと思います。

ちなみにアジ、サバ、イワシをジグサビキで釣る場合投げる
必要さえありません

 

ジグサビキでアジ、サバ、イワシを釣るのであれば
ダイソーメタルジグ ジグロックは 18g 一択で。

 

ジグロック カラー

ジグロックのカラーは以下の通りです。

  • ブルーピンク
  • シルバー
  • グリーンゴールド

 

あえてすべての状況でまんべんなく釣りやすいというものを
求めるのであれば、ブルーピンクをおすすめします。
ライトショアではメタルジグのピンク系のカラーは
いろいろな状況で釣れやすい
とよく言われているので。

しかし、あまりジグロックのはピンクっぽくないですが。
以前販売していたダイソーのジグベイトは完全にピンクカラーが
ありました、売れ残っているならこっちの方がいいかもしれません。

ダイソーのジグロックではブルーピンクが
人気のようです。

 

ダイソー サビキ仕掛け

 

そこそこ重要で、ジグサビキでは
サビキ仕掛けによって釣果が分かれることも

昔は100円2組入りで売られていたのですが
最近の商品はすべて100円1組になってしまいました。

 

ラインナップ

ダイソーのサビキにはすべて、夜に蓄光させて光るような
部分がついています。
夜釣りに使うにはおすすめ。

 

ピンクスキン
ダイソーサビキ ピンクスキン

見た目を見る限り、アミエビににているし
釣れやすいように思えますが。
ギラギラとした毛のようなのがついています。

 

 

ピンクサビキ
ダイソー ピンクサビキ

こちらもアミエビをイミテートしたような
ものでしょうか、ピンクスキンと比べるとギラギラとした
毛のようなものが付いていません。
よく市販で売られているサビキはこれに似ているものが
多いですが、ダイソーサビキの蓄光の部分が黒い点になっています。

 

 

ダイソーサビキ ハゲ皮

ハゲ皮

いかにも安そうで、アミエビに似ていなくて
釣れなさそうな感じではありますが
こちらのほうが方が基本的に日中では釣れやすい。

 

 

日中のサビキに使うのであれば、「ハゲ皮」だけで
いいかと思います、こちらのほうがピンクスキンやピンクサビキに比べると
釣れやすいのでおすすめできる。

 

針(号数)について

各種 針 4号~8号ぐらいまで

できれば一匹でも多く釣りたい、坊主を逃れたいと
いう人はできるだけ小さい針にするほうがおすすめ。
大きい針に比べると
魚から針がすこし外れやすい感じ。

少しでも大きいサイズの魚を掛けたい人は
針は大きいものを、使う針のサイズによって
釣れる魚のサイズが明らかに変わることも多い。
できれば小さい針のサビキも持っていくことをお勧めします。
魚が小さい場合、4号と8号ではかなり差が出ます

針が8号のものであれば、幹糸も4号なので
糸が痛んでいないという前提であれば、60cmぐらいの青物が
メタルジグの部分に釣れても、タモ網があれば釣り上げることが可能。

 

ダイソーの自作ジグサビキで釣り

 

実際にダイソーものでジグサビキを自作してみてどのような感じが
調べてみました。

使ったダイソー製品

  • メタルジグ ジグロック 18g

  • サビキ仕掛け ハゲ皮 4号

 

アジがちょうど釣れ始めたような小アジ、小サバといった
魚が釣れる時期での釣り行です。

 

結果は問題なく、たまに釣れるといった感じです。

 

ただ別の自作ジグサビキ(メタルジグをジグパラマイクロ SLIM)と
比べると、すべてダイソー製品でのジグサビキはいまいちな感じです。

(イワシなどが湾内にいて入れ食いなどの時はそれほど変わりはないです。)

 

メタルジグのジグロックは普通に投げて使うには
それほど違いはないかもしれませんが、ジグサビキで小さい魚を
釣るのであれば、違いが
あります。

ジグサビキのアシストフックに擦れ掛かりしたアジ
(アシストフックに擦れ掛かりしたアジ)

ジグパラマイクロはアシストフック(サビキっぽい)付き
なので、そこに魚が食らいついてきてかなりスレがかり
してかなり釣れます。

メタルジグの落下速度や動きの違いなのかもしれませんが
魚からの反応も違いがあり、長い時間やっていれば釣果は
かなり違いがでると思います。
ジグサビキで釣れたサバ2

 

 

ダイソー自作ジグサビキ仕掛け簡単な作り方と同じカテゴリ

 

ダイソー自作ジグサビキ仕掛け簡単な作り方を見ている人は他にこんなページもみています

太刀魚 仕掛けと初心者向け堤防釣りのコツ
太刀魚 仕掛けと初心者向け堤防釣りのコツ

太刀魚の釣り方、タナ、仕掛け、道糸、エサの種類などに関して実際の釣行のケースを交えて釣れやすい仕掛けや餌を載せています。ドラゴンが狙いたい方の為に本指サイズの太刀魚が釣れた状況なども掲載。太刀魚は海釣り初心者でも堤防から仕掛けで釣り上げることのできる魚ですのでこれから磯釣りの入門としてもおすすめできる対象魚の一つです。海釣りと言えば、太刀魚を仕掛けでの釣り以外はしないという方も多いほど、他の大きい……

釣り ラインの結び方 簡単な5つ
釣り ラインの結び方 簡単な5つ

ルアーやスナップサルカンなどへの結び方を写真を使って解説してみました。初心者の方でも簡単に結べる方法をつ載せています。これらルアーへの結び方はラインからの直結ではなくフロロカーボンなどのショックリーダーに接続してから使うと良いとされています。参考の為に太い糸で写真を載せています。完全結び漁師結び簡単でなおかつ、強い結び方です。欠点は最初二つ折りにして、接続部にいれないといけないのでルアーのアイやス……