ダイワのリールABSとは? シマノのリールとの違い

初めてリールを買う方はダイワかシマノのリールかで
悩むこともあるかもしれません。

 

ダイワとシマノのリールの方向性を表したような
機能、ABSとAR-Cについて載せています。

買う前にどのようなゲームに使うかなど
で考え、その特徴を知っておいて買うほうがいいでしょう。

 

ダイワ リール ABSの特徴

最大の特徴は逆テーパーというリールへの巻き方で
それにより実際の釣りではかなり嫌になるバックラッシュを
かなり軽減
している。

 

 

テーパーとは

テーパーとは、スピニングリールの巻き方のことで、普通のリールでは
上の部分が細く巻かれていて、この巻き方のほうが抵抗がなくなり
飛距離がよくでる。

 

ダイワのリールABSの巻き方は逆の逆テーパーを採用している
逆テーパーはライントラブルになりずらい巻き方であり、
細いラインを利用するゲームなどでは有効な巻き方。

最初から角度を付けて大径逆テーパーになっており
ライントラブルが少ない。

アジング・メバリングなどの細いラインでなりたつゲームに
おいてはかなり有効で、効果はかなりある。
とくに強風吹き荒れるなかの釣りでは非常に有効。

 

シマノのリールとの違いは

 

シマノのAR-Cスプールを使われているリールは主に
正テーパーに巻かれる、これにより飛距離はかなり出る

そしてスプールエッジの構造などから
ライントラブルが少ない。
(AR-Cスプール以前のものから比べるとかなり改善している)

良いとこどりのような気もしないこともないが
構造上、スプールエッジにラインが当たるようになっている
のでエッジに傷がつくと、すくなからずpeラインなどに
ダメージを与えるようになると思う。

かなり細いラインを使った場合、ダイワのリールABSと
比較するとライントラブルレスとまではいかない。
それでも気を付けておけばほとんどトラブルは出ないが。

シマノのリールは標準では正テーパーでまっすぐ巻かれる
感じだが、ワッシャーなどを加えカスタムすることによって
逆テーパー気味に変更することも出来る。

大きさの違い

 

シマノのリールとダイワのリールは番手の
巻き数などが異なる。
ライトショアなどでよく使われるのは

 

  • シマノ4000番
  • ダイワ3000番

 

となっていて、型番からするとダイワがシマノよりも
一回り大きい

店などで実物を見てみれば、ダイワのリールは大きいというのが
よくわかると思う。

 

どのようなゲームにおすすめ?

 

シマノ リール(AR-C)

飛距離重視のゲームにおすすめで

  • ライトショアジギング

  • エギング

  • シーバス

 

などの釣り使うのにおすすめできるリール。

 

ダイワのリール(ABS)

ライントラブルレスに特化されたリールで

  • アジング

  • メバリング

 

ような釣りに使用するにはおすすめ。

 

 


ダイワのリールABSとは? シマノのリールとの違いと同じカテゴリ