ダイワ レイジー 80s 95s 110s インプレ

ルアータイプ:ペンシルベイト

95sの仕様

全長 95mm
重さ 15g
フックサイズ ST-46#5

 

ダイワのシンペン レイジー80s 95s 110s
のラインナップがあり、唯一最近まで某通販サイトで
95sが販売されていたがそれもなくなったよう。

レイジー80s 95s 110sすべて廃盤のようだ。

 

ロッドでも最近レイジーというのを出している
それほどダイワではヒットルアーだったのかどうかは
知らないが「レイジー」を売りにシリーズ化しそうな感じが。

中古の販売はレイジー95sが多いよう、割と使い勝手がよく
釣れるシンペン
なのでこれもそのうち。

 

クリアのカラーをみてみればわかるが固定重心。

ホロプレートのタイプは中に仕込まれていて、多少傷が
ついてもホログラムがはがれていくことがない仕様。

ホログラムのタイプは、傷がつくとやたらと見た目が悪くなるのが
嫌なので、こういう仕様の物はいいですね。
あと安っぽくて釣れずらいと思う人も多いかもしれないですが
アピール度は高く使いどころによってはよく釣れます。

 

レイジーは飛ばして、広範囲にサーチするのも
繊細にスローで使うこともできる
ルアー
アクションはふり幅は小さい抑えめのナチュラルなアクション。
飛距離はそこそこ、飛ぶタックルであればオープンエリアでも
十分な飛距離。

 

アクションやサイズからベイトはサバ、イワシなどの
時に使えそうかと。
まだかなり小さめの小サバがベイトと思われるときにレイジー95sで
いい感じのショートバイトが出たので、80sぐらいだといけそうな。

レイジースリムの画像
(レイジースリムの画像)

レイジーもそこそこ細身のシンペンですが
さらにレイジースリムが出て、繊細なプレッシャーが高い
シーンなどで使うのはレイジースリムの方が得意なので
出番が少ない感じ。

 

レイジーは浮き上がりにくいルアーなのでシャローエリアで
使うのは向いていない。
深め湾港部や河口などの使用がおすすめ。

 

レイジー95sで釣ったボラ

(いい日に使わなかったので)

浮き上がりにくいといっても表層をスローで漂わせることが
できない訳でもないので、シーバスがあまり釣れない時に
やってしまうと案の定ボラが。

 

フォール中のアクションもあり、沈みが早くそこまで
浮き上がりにくいルアーで
広範囲に深い層をサーチするのが向いているかと思えます。

ダイワ レイジー 80s 95s 110s インプレと同じカテゴリ

 

ダイワ レイジー 80s 95s 110s インプレを見ている人は他にこんなページもみています

アオリイカ 締め方(ナイフ,ハサミ,チョップ)締めないとどうなる?
アオリイカ 締め方(ナイフ,ハサミ,チョップ)締めないとどうなる?

アオリイカは墨攻撃もあり、釣った後にできればすばやく締めたい所。いろいろな締め方や、締めないとどうなるのかを書いておきます。アオリイカの締め方締める前の墨対策主に陸に上げた時に締める方がほとんどだと思いますがアオリイカを直ぐに締める際には、必ずゲソ触手の下の方を自分の方に向けないということが大切。デカいアオリイカを釣って墨を吐かれるのがどうしても嫌な方は胴体の水を抜けば墨を飛ばしてこなくなるので、……