チョウザメ キャビアを産み飼育出来る

チョウザメの画像3

チョウザメは卵巣卵がキャビアとして利用されるの有名な魚。
チョウという名前はあまりサメから似つかわしく思いますが
由来は、ウロコが蝶ににていることのよう。
ウロコの中央に突起があり、その形が蝶に似ています。
吻は長く伸びて、口の前に4本の髭があるのが特徴。

 

基本的にサメの種類は軟骨魚で骨が柔らかくなっていますが
チョウザメの特徴の一つとしてサメという名前がつくが
軟骨魚ではなく、硬骨魚で体は硬いです。

チョウザメは淡水魚に棲む魚類としてはもっとも古い種類
いるなかなか奥深い魚。

 

チョウザメの種類

チョウザメの画像1

 

チョウザメの種類はそれほど多くはなく、世界で24種が知られている。
日本のチョウザメの種類はそれほど大きくはなりませんが
ロシアチョウザメは全長8mを超します。

チョウザメは種類によって海水、淡水と住む場所がわかれていて
比較的小型のチョウザメは淡水にすみ、産卵時期に細流に遡上します。
かわって海水に住むチョウザメは産卵期になると河川を遡上する
ものが多いようです。

 

日本にいるチョウザメとして知られているのは

  • ミカドチョウザメ
  • カラチョウザメ
  • アムールチョウザメ
  • ダウリチョウザメ

などの種類です。

 

キャビアを産むチョウザメ

キャビアの画像

一般的な方からすると、なんといってもキャビアを産む魚という事
が一番気になる所なのではないでしょうか。

キャビアといってもひとくくりで同じものではなく
いろいろな場所でとれ、値段もことなります
そのなかでも、カスピ海産のキャビアが最高級品とされているようです。

チョウザメのキャビアとなる卵の産み方は、水底の水草などに産みつけるのが
一般的な産卵方法。

卵から孵化した稚魚は水に流されないように吻先の吸盤で
水底にはりついて生活します。

 

飼育出来るチョウザメ

チョウザメの画像2

 

前述したとおり、チョウザメは硬骨魚であり体が硬く
水槽などの狭い環境で飼育する際は方向転換するのが
あまり得意ではないので
チョウザメを飼育する際には広く、奥行きのある水槽が必要となる。

 

おもに観賞用として販売されているチョウザメは

  • コチョウザメ
  • ヘラチョウザメ
  • アルビノコチョウザメ
  • オオチョウザメ
  • ロシアチョウザメ
  • シベリアチョウザメ
  • ベステル

などの種類。

一番よく飼育されているのは、コチョウザメでいろいろな
場所でよく見られる。

    チョウザメ キャビアを産み飼育出来ると同じカテゴリ

     

    チョウザメ キャビアを産み飼育出来るを見ている人は他にこんなページもみています

    トラフザメ 飼育できるサメ
    トラフザメ 飼育できるサメ

    トラフザメは非常に特徴的なサメで、他のサメとは容易区別ができる。分布は紅海、インド洋、西部および中部太平洋サンゴ礁圏、堡礁の底層域、浅い水域から水深を超える水域で生息。アンダマン海でよくみられることができ、タイのプーケットでダイビングをするとよく見つけることができるサメの一つ体長平均~大きい個体は姿の特徴は、ヒョウ柄のような模様が体にはいり、丸みを帯びている。口の付近にひげが生えていて、眼はかなり……

    ペレスメジロザメ
    ペレスメジロザメ

    ペレスメジロザメの体長は平均~大きい個体であれば付近にまで成長する。サメの種類のなかではそれほど大きい種類ではない。分布はフロリダからブラジルまでの西大西洋海域カリブ海では暗礁の海底付近を泳いでいるのがよく見られる。バハマではペレスメジロでエコツーリズムにおいて収益性があり保護されている。このあたりは、賛否両論あるが絶滅するサメが多い中でこのように地域に収益をもたらしつつもサメを保護するのはなかな……