チンアナゴの種類 11月11日で有名に

水族館などで人気の海水魚チンアナゴと似ている
生態をもつ
アナゴやガーデンイールの種類を紹介。

チンアナゴは英語(英名)では、spotted garden eel
海外に分布するチンアナゴの種類はgarden eel(ガーデンイール)

という名前のものです。

すみだ水族館では11月11日はチンアナゴの日と
していて、話題になったりもしていました。


チンアナゴ

チンアナゴの写真画像

 

水族館にいるように、チンアナゴは自然下でもおなじような
生態をしている。
砂底に群生し巣穴から体の一部を出して
流れてくる餌となるプランクトンを食べている。
警戒心はつよいので、巣穴にすぐに引っ込む。
なかなかダイビングなどでは撮影しづらい。

バリ島の北西部 西部国立公園内にあるムンジャガン島の
Pos1と呼ばれるスポットに
チンアナゴの群れが砂地からにょろにょろと顔を出している。
この場所は、潮の変わり目のようなので餌が豊富なのだろう。


ニシキアナゴ

ニシキアナゴの写真画像

日本では、琉球列島などでみられるチンアナゴの種類。

やや判りにくいが写真右の黄色と白の固体がニシキアナゴ
写真中央チンアナゴ。

ニシキアナゴもほとんど、チンアナゴと同じような生態をしている
ので水族館でも写真のように同じ水槽で飼育されている
ところをよくみる。


ブラックガーデンイール

写真右の魚がブラックガーデンイール。
こちらもチンアナゴと同じように、砂から少し体を出している。

体色は茶色か灰色で、白い斑点がある。
細かい斑点がある固体とない固体があるようだ。

ゼブラアナゴ

名前の通りゼブラ模様をしている。

アキアナゴ

チンアナゴよりかなり体が長い。

シンジュアナゴ

 

ホワイトスポッテッドガーデンイール

動画の泳いでいる固体。
ゆっくり巣穴にピットインされる姿がナイス

 

ガラパゴスガーデンイール

ガラパゴス諸島にいるチンアナゴの種類。


 


その他チンアナゴの種類

テイラーズ・ガーデンイール

メニートゥースド・ガーデンイール

ダスキーガーデンイール

ハワイアンガーデンイール

コルテスガーデンイール