トラフザメ 飼育できるサメ

トラフザメは非常に特徴的なサメで、他のサメとは容易
区別ができる。

分布は紅海、インド洋、西部および中部太平洋
サンゴ礁圏、堡礁の底層域、浅い水域から水深70mを超える
水域で生息。
アンダマン海でよくみられることができ、タイのプーケットで
ダイビングをするとよく見つけることができるサメの一つ

体長 平均2.5~3m 大きい個体は3,5m

 

姿の特徴は、ヒョウ柄のような模様が体にはいり、丸みを帯びている。
口の付近にひげが生えていて、眼はかなり小さい。
オタマジャクシのような姿で、尾びれが体の半分ほどある。
このように大きい尾びれだと、なんらかの行動に利用しそうな
ものであるが、その役割はまだ解明されていない。

幼魚はかなり成魚との模様が異なる、おもに黒っぽい体色をしていて
頭部以外に白と黒のまだら模様が入る。
幼魚は別のサメとして分類されていた時期もあったようだ。

 

トラフザメは日中にはおもに海底、海中の断崖の張り出した部分でじっとしていることが多い。
日中と変わって、トラフザメは夜間には活発に行動する。
エサとなる睡眠中の魚、軟体類、棘皮類、甲殻類、などを食する。

性格がおとなしいサメで、人間に対しての危険性はない
人間が近づいていくと、胸ビレを立ててから逃げていく。

多くのトラフザメが、漁獲によって個体数が減少している。

 

トラフという言葉を聞くとと、一般的な方からすると南海トラフと
いう言葉を思い出すのではないだろうか。

トラフとは大辞林 第三版を引くとこう書いている


海底の細長い谷。急な斜面と平らな底をもち,海溝よりは幅が広く浅い。形状による名称なので,その成因はさまざまである。舟状海盆。

トラフとは海底の崖のような形状による名称、トラフザメは日中にはおもに
海底、海中の断崖の張り出した部分でじっとしていることが多い。
このことが、和名の由来なのかとややこしく考えて思っていたが
どうやら、すこし勘違いしていたようだ。

漢字でかくと明解だがトラフザメは「虎斑鮫」という漢字。
和名は、虎もようの斑が入る鮫というのが由来なようだ。

 

トラフザメ 飼育できるサメと同じカテゴリ

 

トラフザメ 飼育できるサメを見ている人は他にこんなページもみています

チョウザメ キャビアを産み飼育出来る
チョウザメ キャビアを産み飼育出来る

チョウザメは卵巣卵がキャビアとして利用されるの有名な魚。チョウという名前はあまりサメから似つかわしく思いますが由来は、ウロコが蝶ににていることのよう。ウロコの中央に突起があり、その形が蝶に似ています。吻は長く伸びて、口の前に本の髭があるのが特徴。基本的にサメの種類は軟骨魚で骨が柔らかくなっていますがチョウザメの特徴の一つとしてサメという名前がつくが軟骨魚ではなく、硬骨魚で体は硬いです。チョウザメは……

白身魚のフライの正体
白身魚のフライの正体

白身魚のフライ、あの衣の中につつまれる魚の種類が気になったかたも多いのでしょう。いったいどのような魚が使われているのか白身魚のフライで原材料として使われる魚の種類を一覧であげてみました。白身魚のフライの正体魚一覧タラホキスケトウダラメルルーサブルーホワイティングオヒョウスズキ(シーバス)アメリカナマズ(チャネルキャットフィッシュ)ナイルパーチバサ白身魚のフライの正体海水魚タラ漢字は魚偏に雪で鱈と書……