トリコディナ病

トリコディナ病はクマノミがよくかかる病気の一つ。
ただ、クマノミの場合はイソギンチャクと共存させることによって
トリコディナ病にはかなりかかりづらくなる。
かかったとしても自然治癒しやすいようだ。

 

トリコディナ病はリムフォシスティス病やウーディニウム病よりも
進行が早く、直に治療しないと数日で死ぬ可能性がある。
症状の見た目は、体表に薄い半透明のまくができたような
状態になる。

原因はコンディションが悪い魚の体表に
トリコディナ原虫がつき発病する。
水槽の水質が悪化しているときに起こりやすい病気。


トリコディナ病の治療

トリコディナ病の治療は淡水浴によって治療できる。
淡水浴は海水魚にかなり負担をかける、リスクがある方法
まだコンディションが良い場合に行う。

 

淡水浴はトリコディナ病にかかった海水魚を淡水に入れる
ことによって、トリコディナ原虫を体から
離れることを期待した治療方法。

トリートメント水槽を用意して、温度差に注意して行う。
粘膜保護剤やphコントロールも必要、海水魚が元いた水槽の温度やphに合わせる
淡水浴する時間はカクレクマノミの場合は2~3分ほど、長い時間行うと海水魚に
ダメージを与える。
最後に時間をかけて、すこしづつに元いた水槽の海水を
足し比重を合わせてから水槽に戻す

 

 

トリコディナ病と同じカテゴリ

 

トリコディナ病を見ている人は他にこんなページもみています

海水の比重とは
海水の比重とは

比重とは海水の多くのミネラルが溶け込んでおりその為に、海水魚飼育用の海水は食塩で作ることができない。市販などの人口海水を使うか、近場の海で海水を汲んでくる必要がある。海水のミネラルはだいたい種類ほどあると確認されイオンの状態で海水のなかに存在する。このミネラルの分、海水は淡水に比べて重くなっている。この重さの度合いを比重という。通常の海水魚飼育に適した比重は、水温の時の正常な値は立方センチあたりの……

フィレオフィッシュに使われる魚
フィレオフィッシュに使われる魚

マクドナルドで楽天ポイントが利用できるようになり。最近身近になったような感じがするこのごろです。マクドナルドに行くとなぜかバリ島のクタレギャンあたりにあるマクドナルドの事を思い出してしまいます。英語が伝わるのでやや安心感あり、滞在時に時に利用していました。あそこで最初頼んだときにメニューに書かれている金額と違っていてぼったくられてると思っていましたが税とかが含まれているのでそうでないようでした(笑……