ニュウドウカジカ

ニュウドウカジカのアイキャッチ画像

姿のインパクトのある深海魚のニュウドウカジカ、英名ブロブフィッシュ
かわいいやら、おっさんなどとの評判が多い魚。
新江ノ島水族館にはニュウドウカジカの標本が展示されている。

ニュウドウカジカという名前は無精ひげを生やした入道(坊主頭)に
見えたことが由来している。
その姿から醜い動物保存協会に「世界で最も醜い生物」
認定されているようだ。

 

ニュウドウカジカの生息域はオホーツク海
北日本太平洋岸、東部北太平洋など。
水深800m~2800mに生息する深海魚で
生態は深海魚らしく、普段は海底でじっとしていて
動き回ることは少ない。

 

ニュウドウカジカの画像

上の画像のようにニュウドウカジカのどろっとしたおっさんのような姿を
している画像は地上に引き上げられた時
の画像で
深海ではわずかな筋力でも体の形状を保っていられるが
地上にあげられるとつぶれたようになってしまう。
深海に生息しているときはやや魚らしく無精ひげを生やしたような
オタマジャクシのような体型をしている。
全身の表面には鱗はなく、分厚い皮でおおわれている。

 

ニュウドウカジカの画像では白が多いが、白、灰色、黒と
さまざまな体色の個体がある。
体色はいろいろだが、主に頭部が淡い色をしていて
体の部分が薄暗くなる個体が多い。
地上に引き上げられている個体はかなり白く見えるが、深海で
生きている時は灰色のような色をしている個体が多い。

 

ニュウドウカジカは食用にも利用されており
食べることもできる深海魚。
見た目のおっさんらしいインパクトがあり
とくに見た目が似ているおっさんならば共食いのようで食べると
忘れられなくなりそうな。
味はそれなりにおいしいとの評判があります。
たしかに、深海魚のアンコウににていて
見た目はあれですが、美味そうに見えますので想像どうりの
味といったところなのでしょうか。

ニュウドウカジカと同じカテゴリ

 

ニュウドウカジカを見ている人は他にこんなページもみています

モンガラカワハギの混泳
モンガラカワハギの混泳

モンガラカワハギは比較的攻撃的な種類なので、環境条件が悪いと機嫌がわるくなったりして、激しく他の魚を攻撃することがある。縄張り争いがつよいため、同種を複数混泳していると激しく争って死んでいくので、モンガラカワハギ類は水槽で匹のみの飼育すると良い。大型の海水魚と混泳させると割とうまくいきやすい。モンガラカワハギと無脊椎動物を混泳させると、ほとんどの場合モンガラカワハギの餌食になる。混泳している魚を攻……